SQLの窓

2017年07月25日


VBA : 挿入した『テキストボックス』にアクセスする



テキストボックスを挿入して、『オブジェクトと選択の表示』で一番下へ持って行って、コレクションの先頭に来るようにします( コレクションを For Each してもいいですが、ストレートに )

処理
Sub ボタン3_Click()


    MsgBox ActiveSheet.Shapes(1).TextFrame2.TextRange.Text
    
    Dim json As String
    
    json = "{" & vbCrLf
    json = json & vbTab & """link"": ""https://www.google.co.jp/""," & vbCrLf
    json = json & vbTab & """name"": ""Google""" & vbCrLf
    json = json & "}"
 
    ActiveSheet.Shapes(1).TextFrame2.TextRange.Text = json
  
  
End Sub

Form を使うのは面倒ですし、今時 Form でも無いだろうし、セルとこの方法でたいていの入力はまかなえると思います。

Shape オブジェクト (Excel)

関連する記事

VBA : 一ヶ月の予定リストの作成

VBA : FileSystemObject でテキストファイル(CSV) を読み込んでセルにセットする

VBA : InternetExplorer.Application 経由で JSON.parse を使用する方法




タグ:VB VBA EXCEL
【Microsoft Officeの最新記事】
posted by lightbox at 2017-07-25 02:08 | Comment(0) | Microsoft Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日


VBA : InternetExplorer.Application 経由で JSON.parse を使用する方法

InternetExplorer.Application は終了処理が面倒で、Visible を True にすると解りますが、処理がエラーで途中で終わってしまうとメモリ上に残ってしまって後の InternetExplorer.Application の処理に悪い影響が出ます。なので、毎回作成して解放するという処理方法で利用します。

InternetExplorer.Application から直接は JSON オブジェクトにアクセスできなかったので、以下のような形でアクセスしています。( Window オブジェクトは、Document.parentWindow で取得できます )

Json オブジェクトのプロパティに予約語(たとえばこの場合、text というプロパティ)を使用したら、VB のエディタが .Text と強制変換して実行時にエラーとなりました。なので、textdata というプロパティに変更してテストしました。

Sub ボタン1_Click()

    Dim doc As Object, result As Object

    Set Ie = CreateObject("InternetExplorer.Application")
    'Ie.Visible = True
    Ie.Navigate ("about:blank")
    
    Do While Ie.Busy
        ' 100 ミリ秒
        Wscript.Sleep 100
    Loop
    
    Set doc = Ie.document
    
    doc.write "<script>document.JSON_Parse=function(s) {return JSON.parse(s);}</script>"
    
    Dim str As String
    
    str = Cells(1, 1).Value
    
    Set result = doc.JSON_Parse(str)
    
    MsgBox (str)
    
    MsgBox (result.option.textdata)
    
    Ie.Quit
    
    Set Ie = Nothing

End Sub


関連する記事

VBA : 一ヶ月の予定リストの作成

VBA : FileSystemObject でテキストファイル(CSV) を読み込んでセルにセットする



タグ:VBA VB EXCEL
posted by lightbox at 2017-07-24 17:56 | Comment(0) | Microsoft Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日


VBA : FileSystemObject でテキストファイル(CSV) を読み込んでセルにセットする

この記事は、『VBA : 一ヶ月の予定リストの作成』の続きです。
テンプレートシートをコピーして作業シートを作成する関数 "対象" という名前のシートがあればそれを使い、無ければ "テンプレート" シートをコピーして、"対象" と言う名前に変更します。
Function LoadSheet()
    
    ' ********************
    ' データ処理をする Sheet
    ' ********************
    Dim sheet As Worksheet
    
    ' ********************
    ' "対象" Sheet の取得
    ' ********************
    On Error Resume Next
    Set sheet = Worksheets("対象")
    On Error GoTo 0
    
    ' "対象" Sheet が無い場合は テンプレート をコピーして作成
    If sheet Is Nothing Then
        Call Worksheets("テンプレート").Copy(, Worksheets("年月入力"))
        ' コピーした Sheet の名前を変更
        Application.ActiveSheet.Name = "対象"
        ' 変数にコピーした Sheet をセット
        Set sheet = Application.ActiveSheet
    End If
    
    Set LoadSheet = sheet

End Function


※ 戻り値は、Worksheet オブジェクトです。

FileSystemObject は、ThisWorkbook に定義

Workbook_Open イベントで一度だけ実行して作成し、ブックを閉じるまでずっとそれを使います。

Public Fs As Object

Private Sub Workbook_Open()

    Set Fs = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")

End Sub


※ Open から Line Input を使わないのは、FileSystemObject ならば 他の VB 系でも使用可能で汎用性が高いからです。

処理

※ Fs は、ThisWorkbook に定義されているので、ThisWorkbook.Fs と参照します
Sub ボタン2_Click()

    ' ********************
    ' データ処理をする Sheet
    ' ********************
    Dim sheet As Worksheet
    
    ' ********************
    ' 戻り値を取得
    ' ********************
    Set sheet = LoadSheet

    ' ********************
    ' ファイルを開く
    ' ********************
    Dim Path As String
    Path = Application.GetOpenFilename("CSV,*.csv,全て,*.*", , "CSVファイルを選択して下さい")
    If Path = "False" Then
        Exit Sub
    End If
    
    ' ********************
    ' オープン
    ' ********************
    On Error Resume Next
    Set InObj = ThisWorkbook.Fs.OpenTextFile(Path, 1)
    If Err.Number <> 0 Then
        MsgBox (Err.Description)
        Exit Sub
    End If
    On Error GoTo 0
    
    Dim Buffer As String
    Dim row As Integer: row = 0
    Dim Data() As String
    ' ********************
    ' CSV ファイルより
    ' データを読み込み
    ' ********************
    Do While Not InObj.AtEndOfStream
        Buffer = InObj.ReadLine
        
        row = row + 1
        
        Data = Split(Buffer, ",")
        
        sheet.Cells(row, 3).Value = Data(0)
        sheet.Cells(row, 4).Value = Data(1)
    Loop

    ' ********************
    ' ファイルクローズ
    ' ********************
    InObj.Close

End Sub


Application.GetOpenFilename の第二引数(FilterIndex)は省略しています。その代わり、第三引数を指定しています( タイトル文字列の指定 )

Split 関数
OpenTextFile メソッド
ReadLine メソッド


タグ:EXCEL VB VBA
posted by lightbox at 2017-07-23 20:57 | Comment(0) | Microsoft Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日


VBA : 一ヶ月の予定リストの作成

概要

"対象" という名前のシートがあればそれを使い、無ければ "テンプレート" シートをコピーして、"対象" と言う名前に変更します。

そのシートに対して、指定した年月の 1日から 末日までの年月表示を縦に作成し、その横に曜日を表示します

▼ ここからボタンをクリックすると


▼ こうなります


ソース
Sub ボタン1_Click()

    ' データ処理をする Sheet
    Dim sheet As Worksheet
    
    ' "対象" Sheet の取得
    On Error Resume Next
    Set sheet = Worksheets("対象")
    On Error GoTo 0
    
    ' "対象" Sheet が無い場合は テンプレート をコピーして作成
    If sheet Is Nothing Then
        Call Worksheets("テンプレート").Copy(, Worksheets("年月入力"))
        ' コピーした Sheet の名前を変更
        Application.ActiveSheet.Name = "対象"
        ' 変数にコピーした Sheet をセット
        Set sheet = Application.ActiveSheet
    End If
    
    ' 曜日文字列の用意
    Dim Youbi(8) As String
    Youbi(1) = "日曜"
    Youbi(2) = "月曜"
    Youbi(3) = "火曜"
    Youbi(4) = "水曜"
    Youbi(5) = "木曜"
    Youbi(6) = "金曜"
    Youbi(7) = "土曜"

    Dim dtValue As Date
    Dim startDate As Date
    Dim endDate As Date
    
    ' 入力値から日付データの作成
    Dim s1 As String
    Dim s2 As String
    s1 = CStr(Worksheets("年月入力").Cells(2, 1).Value)
    s2 = CStr(Worksheets("年月入力").Cells(2, 2).Value)
    dtValue = CDate(s1 & "/" & s2 & "/1")
    
    ' 月のはじめ
    startDate = DateSerial(year(dtValue), month(dtValue), 1)
    ' 月末
    endDate = DateSerial(year(dtValue), month(dtValue) + 1, 0)
    
    ' ひと月ぶんの初期化
    For I = 1 To 31
        
        sheet.Cells(I, 1).Value = ""
        sheet.Cells(I, 2).Value = ""
        
    Next
    
    ' ひと月ぶんのデータの作成
    Dim row As Integer: row = 0
    For dtValue = startDate To endDate

        row = row + 1
        sheet.Cells(row, 1).Value = CStr(dtValue)
        sheet.Cells(row, 2).Value = Youbi(Weekday(dtValue))

    Next

End Sub

On Error Resume Next

VB と名の付く処理では伝統的なエラーの対処方法です。指定した名前のシートを取得する方法としては、シートのコレクションのループ内で一致する名前を探すのが VBA 界隈では一般的なようですが、VB アプリケーションとしてはこのほうが汎用性があります。

Call でシートのコピー

VBA のマクロが作成するコードは、これとは違うものだと思いますが、VB アプリケーションでメソッドの実行は Call で呼び出します。戻り値のある場合は Call を使わずに左辺に変数を置きます。

引数が一つの場合は、Call を使わずに実行でき、その際引数をかっこでは囲いません。しかし、引数が二つ以上の場合は Call を使って引数をかっこで囲います。ここでは、expression.Copy(Before, After) の文法にのっとって、第一引数を省略して、第二引数を指定してコピーしています。

関連する記事

『VBA : FileSystemObject でテキストファイル(CSV) を読み込んでセルにセットする』 に続きます




タグ:VBA VB EXCEL
posted by lightbox at 2017-07-21 23:51 | Comment(0) | Microsoft Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日


Okhttp を使用した、GET、POST、ファイルアップロードを楽に実装できる HttpAccess クラス

OkHttp
okio

厳密に言うと、GET 時に渡す URL の QueryString 部分はクラス外部で作成するようになっていますので、一般的な使用なら問題ありませんが、QueryString に日本語が使用されるような FORM の GET では使用するのは少し面倒です。

コンストラクタで渡す URL は、GET では必ず使用されますが、POST では実行時に指定した url KEY を使う事ができます(省略すると、コンストラクタ作成時の url を使用します)

url に関しては、Getter と Setter があります。

ファイルアップロードは1件のみの処理を想定しています。入力データとして InputStream を使い、内部で ByteArray に変換しています。Okhttp のメソッドが InputStream には対応していないので、複数ファイルアップロードは、一度にひとつのファイルになるよう外部でコントロールが必要になるでしょう。
import android.os.AsyncTask;

import java.io.ByteArrayOutputStream;
import java.io.IOException;
import java.io.InputStream;
import java.util.HashMap;
import java.util.Map;

import okhttp3.Call;
import okhttp3.FormBody;
import okhttp3.MediaType;
import okhttp3.MultipartBody;
import okhttp3.OkHttpClient;
import okhttp3.Request;
import okhttp3.RequestBody;
import okhttp3.Response;
import okio.BufferedSink;
import okio.Okio;
import okio.Source;

public class HttpAccess {

	private OkHttpClient okHttpClient;
	private String url;

	public interface OnAsyncTaskListener {
		abstract public void onAsyncTaskListener(String s);
	}

	// url の Getter と Setter
	public String getUrl() {
		return url;
	}
	public void setUrl(String url) {
		this.url = url;
	}

	// *******************************
	// コンストラクタ
	// *******************************
	public HttpAccess(String url) {
		this.okHttpClient = new OkHttpClient();
		this.url = url;
	}

	// *******************************
	// GET
	// *******************************
	public void sendGet(final OnAsyncTaskListener listener ) {

		new AsyncTask<Void,Void,String>(){
			@Override
			protected String doInBackground(Void... params) {
				String result = "[\"error\"]";

				Request.Builder builder = new Request.Builder();
				builder.url(HttpAccess.this.url);
				Request request = builder.build();

				Response response = null;
				try {
					response = HttpAccess.this.okHttpClient.newCall(request).execute();
					result = response.body().string();
				}
				catch (IOException e) {
					e.printStackTrace();
				}

				return result;
			}

			// UI スレッド処理
			@Override
			protected void onPostExecute(String s) {
				super.onPostExecute(s);

				listener.onAsyncTaskListener(s);

			}
		}.execute();

	}

	// *******************************
	// POST
	// *******************************
	public void sendPost(HashMap<String,String> postData, final OnAsyncTaskListener listener ) {

		new AsyncTask<HashMap,Void,String>(){
			@Override
			protected String doInBackground(HashMap... params) {
				String result = "[\"error\"]";

				HashMap<String,String> postData = (HashMap<String,String>)params[0];

				// POST 用 FormBody の内容の作成
				FormBody.Builder formbodyBuilder = new FormBody.Builder();
				for(Map.Entry<String, String> e : postData.entrySet()) {
					if (  !(e.getKey()).equals("url") ) {
						formbodyBuilder.add(e.getKey(), e.getValue());
					}
				}

				// 送信用ユニットの作成
				FormBody formbody = formbodyBuilder.build();
				Request.Builder builder = new Request.Builder();

				// 引数の Map に url が無い場合は、コンストラクタの url を使用する
				if ( postData.get("url") == null ) {
					builder.url(HttpAccess.this.url) ;
				}
				else {
					builder.url( postData.get("url") );
				}

				builder.post(formbody);
				Request request = builder.build();

				Response response = null;
				try {
					response = HttpAccess.this.okHttpClient.newCall(request).execute();
					result = response.body().string();
				}
				catch (IOException e) {
					e.printStackTrace();
				}

				return result;
			}

			// UI スレッド処理
			@Override
			protected void onPostExecute(String s) {

				listener.onAsyncTaskListener(s);

			}
		}.execute(postData);

	}

	// *******************************
	// 1ファイルのアップロード(  Byte 配列使うので一つ )
	// *******************************
	public void sendUpload(String url, String field, String name, InputStream inputStream, String mime, final OnAsyncTaskListener listener ) {

		// 引数は、専用クラス
		UploadParam uploadParam = new UploadParam(url,field,name,inputStream,mime);
		new AsyncTask<UploadParam,Void,String>(){
			@Override
			protected String doInBackground(UploadParam... params) {
				String result = "[\"error\"]";

				UploadParam uploadParam = params[0];
				InputStream inputStream = uploadParam.getInputStream();
				Source source = Okio.source(inputStream);
				ByteArrayOutputStream byteArrayOutputStream = new ByteArrayOutputStream();
				BufferedSink bufferedSink = Okio.buffer(Okio.sink(byteArrayOutputStream));
				try {
					bufferedSink.writeAll(source);
					bufferedSink.close();
					source.close();
				} catch (IOException e) {
					e.printStackTrace();
				}

				MultipartBody.Builder multipartBodyBuilder = new MultipartBody.Builder();
				multipartBodyBuilder.setType(MultipartBody.FORM);
				multipartBodyBuilder.addFormDataPart(
						uploadParam.getField(),
						uploadParam.getName(),
						RequestBody.create(MediaType.parse(uploadParam.getMime()),byteArrayOutputStream.toByteArray())
				);
				RequestBody requestBody = multipartBodyBuilder.build();

				// 送信用のデータを作成
				Request.Builder requestBuilder = new Request.Builder();
				requestBuilder.url(uploadParam.getUrl());
				requestBuilder.post(requestBody);
				Request request = requestBuilder.build();

				// 受信用のオブジェクトの準備
				Call call = HttpAccess.this.okHttpClient.newCall(request);

				// 送信と受信
				try {

					Response response = call.execute();
					result = response.body().string();

				} catch (Exception ex) {
					ex.printStackTrace();
				}

				return result;

			}

			@Override
			protected void onPostExecute(String s) {

				listener.onAsyncTaskListener(s);

			}

		}.execute(uploadParam);


	}

	private class UploadParam {
		private String url;
		private String mime;
		private String field;
		private String name;
		private InputStream inputStream;

		public UploadParam(String url, String field, String name, InputStream inputStream, String mime) {
			this.url = url;
			this.mime = mime;
			this.field = field;
			this.name = name;
			this.inputStream = inputStream;
		}

		public String getUrl() {
			return url;
		}

		public String getMime() {
			return mime;
		}

		public String getField() {
			return field;
		}

		public String getName() {
			return name;
		}

		public InputStream getInputStream() {
			return inputStream;
		}
	}

}


ファイルアップロード呼び出しサンプル
				try {
					InputStream inputStream = assetManager.open("sample.jpg");
					httpAccess.sendUpload(
						"http://10.0.2.2/r101/php_upload/file_upload.php",
						"target",
						"sample.jpg",
						inputStream,
						"image/jpeg",
						new HttpAccess.OnAsyncTaskListener() {
							@Override
							public void onAsyncTaskListener(String s) {

								Log.i("lightbox", s);

							}
						}
					);
				} catch (IOException e) {
					e.printStackTrace();
				}

Post 呼び出しサンプル
					HashMap<String,String> postData = new HashMap<String,String>();
					// localhost の 環境
					postData.put("url", "http://10.0.2.2/r101/login-action/syain/syain_update.php");
					postData.put("fld_code", syain_base.code );
					postData.put("fld_simei", syain_base.name );

					httpAccess.sendPost(postData,new HttpAccess.OnAsyncTaskListener() {
						@Override
						public void onAsyncTaskListener(String s) {

							Log.i("lightbox",s);

							if ( !s.equals("[\"error\"]") ) {
								// 再表示
								listView.setAdapter(arrayAdapter);
							}
							else {
								Toast.makeText(MainActivity.this,"インターネットアクセスに失敗しました",Toast.LENGTH_LONG).show();
							}

						}
					});



posted by lightbox at 2017-07-10 12:04 | Comment(0) | Android Studio 2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
PHP正規表現チェッカー
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり