SQLの窓

2018年07月16日


Ruby + MySQL + IFRAME + Bootstrap : 問い合せ WEB アプリテンプレート





JavaScript は jQuery を使用します。

テンプレート構造

IFRAME 内の処理( req フォルダ内 )が実際の問い合わせ処理になります。メインページの下部に CSS の calc 関数を使用してフィットさせています。



メインの control.rb( エントリポイント )

更新等を行う場合は、ここに入力値のコントロールが入ります。ここでは画面を表示するだけなので、Ruby を実行する為の基本的な設定と、画面の読み込みを行っています。
Encoding.default_internal='utf-8'
# カレントフォルダを require 参照パスに追加
$:.unshift File.dirname(__FILE__)
require 'cgi'
require 'mysql'
require 'pp'
require 'json'
require 'settings'
require 'model'

txlog( "Script Encoding : " << __ENCODING__.to_s )
txlog( "Default external Encoding : " << Encoding.default_external.to_s )
txlog( "Default internal Encoding : " << Encoding.default_internal.to_s )

# **************************************
# グローバル変数
# **************************************
$error_flg = 0
$error_msg = ""
$base_path = __FILE__

# **************************************
# フィールド参照の定義
# **************************************
$fld_names = {
	"条件" => "nm",
	"送信" => "send"
}

require 'view'

冒頭の Encoding.default_internal='utf-8' は、Ruby にかかわるエンコーディングを utf-8 に揃える為に行っています。( Encoding.default_external はインストール時に設定しています )



▼ デバッグログ
開始
Script Encoding : UTF-8
Default external Encoding : UTF-8
Default internal Encoding : UTF-8
# **************************************
# フィールド参照の定義
# **************************************
$fld_names = {
	"条件" => "nm",
	"送信" => "send"
}
$fld_names は、settings.rb で定義されている forms メソッドと fields メソッドで使用する為のハッシュです。

ソースコード上の呼び名を日本語で定義して、画面(ヒアドキュメント)の INPUT 要素に埋め込んだり、値を参照する為に用意しています。
<input
	data-pass="2i"
	type="text"
	name="#{fields("氏名")}" 
	value="#{forms("氏名")}">
settings.rb ( 共通処理 ) Ruby の cgi としての設定( メソッド定義を含む )と、アプリとしての初期設定と、デバッグ用のログ関数の定義を行っています。この処理は、問い合わせ処理側( req フォルダ内 )からも読み込まれて使用されます。
# ***************************
# 共通処理
# ***************************
$cgi = CGI.new
 
puts "Content-Type: text/html; charset=utf-8"
puts  "Expires: Thu, 19 Nov 1981 08:52:00 GMT"
puts "Cache-Control: no-store, no-cache, must-revalidate, post-check=0, pre-check=0"
puts "Pragma: no-cache"
puts
 
$params = $cgi.params


# ここで $params 内の文字列のセキュリティ上の処理


# デバッグログの初期化
File.open("debug.log", "w"){ |f| f.puts "開始" }

# デバッグ用メッセージ
$check_message = "";

# クライアントコントロール
$pass = "1";


# **************************************
# FORM 用変数の参照と設定
# **************************************
def forms( target, setter=nil )

	result = ""

	key = $fld_names[target]

	if not setter.nil? then
		$params[key][0] = setter
		return
	end

	if not $params[key].empty? then
		result = $params[key][0]
	end

	return result

end

# **************************************
# フィールド用文字列の参照
# **************************************
def fields( target )

	return $fld_names[target]

end

# ***************************
# デバッグログ関数(テキスト)
# ***************************
def txlog(message)

	File.open("debug.log", "a"){ |f| f.puts message + "\n" }

end

# ***************************
# デバッグログ関数
# (オブジェクト等)
# ***************************
def pplog(data)

	File.open("debug.log", "a"){ |f| f.puts data.pretty_inspect }

end



以下は、pplog の pretty_inspect で、$cgi.params の結果を表示したものです。
{"nm"=>["川"], "send"=>["問合せ"]}
view.rb ( メイン画面定義 ) 画面定義はヒアドキュメントで行っています。変数のパースは #{メソッドまたは変数} です。 JavaScript の外部ファイルの読み込み時のキャッシュ制御を行う為、ページが表示された時間を URL に付加しています。
# **************************************
# js 選択
# **************************************
$js = "entry.js";
#$js = "entry-json.js";

# **************************************
# js キャッシュ用
# **************************************
$tm = Time.now.to_f.to_s.gsub(/[.]/,"")

# **************************************
# 画面定義
# **************************************
$out_client = <<HTML
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />

<script src="#{$js}?#{$tm}"></script>

<style>
/* ブロックを左右に表示  */
.ttl {
	display: inline-block;
	width: 150px;
}
.entry {
	display: inline-block;
}
.line {
	margin-bottom: 0;
}

/* IFRAMEコントロール用  */
html,body {
	height: 100%;
}

body {
	margin: 0;
}

/* IFRAMEコントロール用  */
#head {
	padding: 16px;
	width: 100%;
	height: 100px;
	background-color: #e0e0e0;
}
#extend {
	display: block;
	margin-left: auto;
	margin-right: auto;
	width: calc( 100% - 3px );
	height: calc( 100% - 100px - 2px );
	border: solid 2px #c0c0c0;
}
</style>
</head>
<body>

<div id="head">
	<input type="hidden" value="#{$pass}" id="pass">

	<form method="post" action="req/control.rb" target="extend">
		<p class="ttl">
			氏名検索
		</p>
		<p class="entry">

			<input
				class="ml-4"
				name="#{fields("条件")}"
				id="cond"
				type="text">
			<input
				class="ml-4 iframe-option btn btn-success"
				id="btn"
				name="#{fields("送信")}"
				type="submit"
				value="問合せ">

			<a
				class="ml-4 btn btn-info btn-sm"
				href="#{File.basename($base_path)}"
				title="1:#{ENV["SCRIPT_NAME"]}, 2:#{$cgi.script_name}">GET 再読み込み</a>


		</p>
		<p class="line"></p>

	</form>

	<h4 class="text-danger">#{$check_message}</h4>

</div>

<iframe id="extend" name="extend" src="req/control.rb"></iframe>

</body>
</html>
HTML

print $out_client


※ 画面上のスペーシングに Bootsrtap のクラスである ml-4( margin-left: 1.5rem !important; ) を使用しています。
※ btn btn-success、btn btn-info btn-sm は、ボタン用の Bootsrtap のクラス

entry.js

Bootstrap のボタンの表示位置の調整を行っています。
$(function(){

	// ***************************
	// ボタン表示位置微調整
	// ***************************
	$( ".btn" ).css({
		"margin-top": "-4px"
	});

});


control.rb ( 問い合わせのエントリポイント )

単独で動作する問い合わせアプリケーションです。GET メソッドで QueryString を受け取って内部の SQL 処理に引き渡します。セキュリティ上の文字列の処理は省略しています。

MySQL の処理を行う為に最も容易な Ruby/MySQL を使用しています。


Encoding.default_internal='utf-8'
# カレントフォルダを require 参照パスに追加
$:.unshift File.dirname(__FILE__)
require 'cgi'
require 'mysql'
require 'pp'
require 'json'
require '../settings'
require '../model'

txlog( "Script Encoding : " << __ENCODING__.to_s )
txlog( "Default external Encoding : " << Encoding.default_external.to_s )
txlog( "Default internal Encoding : " << Encoding.default_internal.to_s )

# **************************************
# グローバル変数
# **************************************
$error_flg = 0
$error_msg = ""
$base_path = __FILE__

# **************************************
# フィールド参照の定義
# **************************************
$fld_names = {
	"条件" => "nm"
}

# ***************************
# MySQL 接続
# http://www.tmtm.org/ruby/mysql/
# ***************************
begin
	$con = Mysql.connect("127.0.0.1", "root", "", "lightbox")
rescue => ex
	print "<pre>"
	print format("%d エラーが発生しました\n%s\n",ex.errno,ex.error)
	# 接続エラーの場合は終了
	exit
end

build_table()

# **************************************
# 接続解除
# **************************************
$con.close

require 'view'

view.rb ( 問い合わせ用画面 )

テーブル表示時のカーソルを常にデフォルトに固定して、テーブルのデータが折り返さないように以下の CSS が追加定義されています

table 部分の行データの埋め込み部分に tbody を明示しているのは、行を jQuery で動的に作成した時に tbody が無いと Bootstrap の css が動作しないからです( 他のテンプレートと差異を少なくする為 )。
# **************************************
# js 選択
# **************************************
$js = "entry.js";
#$js = "entry-json.js";

# **************************************
# js キャッシュ用
# **************************************
$tm = Time.now.to_f.to_s.gsub(/[.]/,"")

# **************************************
# 画面定義
# **************************************
$out_client = <<HTML
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />

<script src="#{$js}?#{$tm}"></script>

<style>
td {
	cursor: default!important;
	white-space: pre;
}

body {
	margin: 0;
	padding: 16px;
}
</style>
</head>
<body>

	<table class="table table-hover">
		<tbody id="tbl">
			#{$lines}
		</tbody>
	</table>

</body>
</html>
HTML

print $out_client

print pplog( $params )


model.rb ( テーブル作成部分 )

1) 列データの文字列をまずループで作成しています( SQLを変更するだけで違った問い合わせを表現できます )
2) 列データが完成する毎に、行データを作成して全体の文字列に追加していきます。

※ Ruby/MySQL ではデータを取得時に日本語の列名を扱えなかったので、SQL で別名として英字を使用しています
# ***************************
# テーブル表示
# ***************************
def build_table()

	$lines = "";

	sql = <<-SQL
		select
			社員コード as scode,
			氏名 as shimei,
			フリガナ as furi,
			所属 as syozoku,
			性別 as seibetu,
			作成日 as create_date,
			更新日 as update_date,
			給与 as kyuyo,
			手当 as teate,
			管理者 as kanri,
			DATE_FORMAT(生年月日,'%Y/%m/%d') as birthday
		from 社員マスタ
		where 
			氏名 like '%#{forms("条件")}%'
	SQL

	txlog( sql )

	begin
		result = $con.query(sql)

		# 列の名前でタイトル作成
		fields = result.fetch_fields()
		fields.each do |field|
			$lines << "<th>#{field.name}</th>\n"
		end

		result.each do |fld|
			len = fld.length
			cells  = ""
			for data in fld do
				# 文字列追加
				cells << "<td>#{data}</td>"
			end
			# 次の行の為改行( 文字列追加 )
			$lines << "<tr>#{cells}</tr>\n"
		end
	# エラー処理
	rescue => ex
		pplog( ex )
		$check_message = "SQL に問題があります"
	end

end


関連する記事

PHP + MySQL + IFRAME + Bootstrap : 問い合せ WEB アプリテンプレート

CSS の calc 関数を使って、IFRAME を画面下半分にフィットさせる




【Rubyの最新記事】
posted by lightbox at 2018-07-16 13:09 | Ruby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日


PHP + MySQL + IFRAME + Bootstrap : 問い合せ WEB アプリテンプレート



デモページ


JavaScript は jQuery を使用します。

テンプレート構造

IFRAME 内の処理( req フォルダ内 )が実際の問い合わせ処理になります。メインページの下部に CSS の calc 関数を使用してフィットさせています。



メインの control.php( エントリポイント )

更新等を行う場合は、ここに入力値のコントロールが入ります。ここでは画面を表示するだけなので、共通処理と画面のみを require_once しています。

※ コメントに # を使用しているのは、Ruby と Python に合わすためです( テンプレート )
<?php
# ***************************
# ソースベースの取り込み
# ***************************
require_once('settings.php');

# ***************************
# 画面定義
# ***************************
require_once('view.php');
?>


settings.php ( 共通処理 )

PHP としての設定と、アプリとしての初期設定と、デバッグ用のログ関数の定義を行っています。この処理は、問い合わせ処理側( req フォルダ内 )からも読み込まれて使用されます。
<?php
# ***************************
# 共通処理( UTF8N で保存 )
# ***************************
error_reporting( E_ALL & ~E_NOTICE & ~E_STRICT );
ini_set('display_errors', '1');
ini_set('date.timezone', 'Asia/Tokyo');
ini_set('default_charset', 'utf-8');
session_cache_limiter('nocache');
session_start();
header( "Content-Type: text/html; charset=utf-8" );


foreach( $_REQUEST as $key => $value ) {

	# ここで $_REQUEST 内の(入力された)文字列の処理

}

# ***************************
# デバッグログの初期化
# ***************************
file_put_contents("debug.log", "開始\n" );

# ***************************
# メッセージ
# ***************************
$check_message = "";

# ***************************
# クライアント会話コントロール
# 1 は第一会話
# ***************************
$gpass = "1";

# ***************************
# デバッグログ関数(テキスト)
# ***************************
function txlog($message) {

	file_put_contents("debug.log", "{$message}\n" , FILE_APPEND );

}

# ***************************
# デバッグログ関数
# (オブジェクト等)
# ***************************
function pplog($data) {

	file_put_contents("debug.log", print_r($data, true) , FILE_APPEND );

}
?>


view.php ( メイン画面定義 )

画面定義は、PHP の HTML モードでは無くヒアドキュメントで行っています( これも、Ruby と Python に合わす為です )。変数のパースも {} を必ず使用するようにして、Ruby と Python との差異をできるだけ小さくしようとしています。

JavaScript の外部ファイルの読み込み時のキャッシュ制御を行う為、ページが表示された時間を URL に付加しています。
<?php
require_once('view_config.php');

# **************************************
# js キャッシュ用
# **************************************
$tm = mktime();

# **************************************
# 画面定義
# ( Ruby や Python に合わせた画面形式 )
# **************************************
$out_client = <<<HTML
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />

<script src="{$view_js}?{$tm}"></script>

<style>
/* ブロックを左右に表示  */
.ttl {
	display: inline-block;
	width: 150px;
}
.entry {
	display: inline-block;
}
.line {
	margin-bottom: 0;
}


/* IFRAMEコントロール用  */
html,body {
	height: 100%;
}

body {
	margin: 0;
}

/* IFRAMEコントロール用  */
#head {
	padding: 16px;
	width: 100%;
	height: {$view_head_height}px;
	background-color: #e0e0e0;
}
#extend {
	display: block;
	margin-left: auto;
	margin-right: auto;
	width: calc( 100% - 3px );
	height: calc( 100% - {$view_head_height}px - 2px );
	border: solid 2px #c0c0c0;
}
</style>
</head>
<body>

<div id="head">
	<p class="ttl">
		氏名で検索
	</p>
	<p class="entry">
		<input
			id="cond"
			type="text">
		<input
			class="ml-4 btn btn-success"
			id="btn"
			type="button"
			value="問合せ">

		<a
			class="ml-4 btn btn-info btn-sm"
			href="{$_SERVER["PHP_SELF"]}">GET 再読み込み</a>
	</p>
	<p class="line"></p>

	<h4 class="text-danger">{$check_message}</h4>

</div>

<iframe id="extend" name="extend" class="iframe-option" src="req/control.php"></iframe>

</body>
</html>
HTML;

print $out_client;


?>

※ 画面上のスペーシングに Bootsrtap のクラスである ml-4( margin-left: 1.5rem !important; ) を使用しています。
※ btn btn-success、btn btn-info btn-sm は、ボタン用の Bootsrtap のクラス

view_config.php ( 画面用定数の定義 )

PHP の変数を使用して、画面に必要な文字列や数値を定義しています。
<?php
# ***************************
# 画面に埋め込む定数用変数
# ***************************
$view_js = "entry.js";

$view_head_height = "100";


?>


entry.js

1) Bootstrap のボタンの表示位置の調整を行っています。
2) 問い合わせの条件を JavaScript 側で作成して IFRAME の src にセットしています。
// ロードイベント
$(function(){

	// ***************************
	// ボタン表示位置微調整
	// ***************************
	$( ".btn" ).css({
		"margin-top": "-4px"
	});

	// ***************************
	// IFRAME に問合せを表示
	// ***************************
	$( "#btn" ).click(function() {
		$("#extend").prop("src","req/control.php?nm=" + encodeURIComponent($("#cond").val()));
	});

});


control.php ( 問い合わせのエントリポイント )

単独で動作する問い合わせアプリケーションです。GET メソッドで QueryString を受け取って内部の SQL 処理に引き渡すので、real_escape_string でエスケープして専用の連想配列を作成しています。( オリジナルはそのままです )

データベースの接続に必要な値は、include_path に設定されたディレクトリに config.php を作成してセットします
<?php
$host = "MySQLサーバ";
$user = "ユーザ";
$pass = "パスワード";
$db = "データベース";
?>
<?php
# ***************************
# ソースベースの取り込み
# ***************************
require_once('../settings.php');
require_once('../model.php');
require_once('config.php');

# ***************************
# MySQL 接続
# ***************************
$con = @new mysqli($host, $user, $pass, $db);
$con->set_charset("utf8");

# ***************************
# MySQL 用特殊文字エスケープ
# ***************************
foreach( $_REQUEST as $key => $value ) {
	$_REQUEST["db"][$key] = $con->real_escape_string($value);
}

# ***************************
# テーブル表示
# ***************************
build_table($con);

# ***************************
# MySQL 接続解除
# ***************************
$con->close();

# ***************************
# 画面定義
# ***************************
require_once('view.php');
?>


view.php ( 問い合わせ用画面 )

テーブル表示時のカーソルを常にデフォルトに固定して、テーブルのデータが折り返さないように以下の CSS が追加定義されています

table 部分の行データの埋め込み部分に tbody を明示しているのは、行を jQuery で動的に作成した時に tbody が無いと Bootstrap の css が動作しないからです( 他のテンプレートと差異を少なくする為 )。
td,th {
	cursor: default!important;
	white-space: pre;
}
<?php
require_once('view_config.php');

# **************************************
# js キャッシュ用
# **************************************
$tm = mktime();

# **************************************
# 画面定義
# ( Ruby や Python に合わせた画面形式 )
# **************************************
$out_client = <<<HTML
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />

<script src="{$view_js}?{$tm}"></script>

<style>
td,th {
	cursor: default!important;
	white-space: pre;
}

body {
	margin: 0;
	padding: 16px;
}

</style>
</head>
<body>

	<table class="table table-hover">
		<tbody id="tbl">
			{$GLOBALS['table']}
		<tbody id="tbl">
	</table>

</body>
</html>
HTML;

print $out_client;

?>


model.php ( テーブル作成部分 )

1) 列データの文字列をまずループで作成しています( SQLを変更するだけで違った問い合わせを表現できます )
2) 列データが完成する毎に、行データを作成して全体の文字列に追加していきます。
<?php
# ***************************
# モデル用関数を定義する
# ***************************

# ***************************
# テーブル表示
# ***************************
function build_table($con) {

	// デバッグ用
	txlog( "build_table:開始" );
	pplog( $con );

	// TR 内の HTML 文字列
	$lines = "";
	$sql= <<<SQL
		select 
			社員コード,
			氏名,
			フリガナ,
			所属,
			性別,
			作成日,
			更新日,
			給与,
			手当,
			管理者,
			DATE_FORMAT(生年月日,'%Y/%m/%d') as 生年月日
		from 社員マスタ
		where 氏名 like '%{$_REQUEST["db"]["nm"]}%'
SQL;

	$rs = $con->query($sql);	// エラー処理省略(本当は必要)
	//  デバッグ用
	pplog( $rs );

	// 列情報を取得( タイトル用 )
	$fields_data = $rs->fetch_fields();
	foreach( $fields_data as $field ){
		$lines .= "<th>{$field->name}</th>";
	}

	// 列データを取得
	while( $row = $rs->fetch_array(MYSQLI_BOTH) ) {
	
		$cells  = "";
		for( $i = 0; $i < $rs->field_count; $i++ ) {
			$cells .= "<td>{$row[$i]}</td>";
		}
	
		$lines .= "<tr>{$cells}</tr>" . "\n";
	}

	// 埋め込み用グローバル変数へセット	
	$GLOBALS['table'] = $lines;

	//  デバッグ用
	txlog( "build_table:終了" );

}

?>


関連する記事

Ruby + MySQL + IFRAME + Bootstrap : 問い合せ WEB アプリテンプレート

CSS の calc 関数を使って、IFRAME を画面下半分にフィットさせる




posted by lightbox at 2018-07-15 12:27 | PHP + WEBアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CSS の calc 関数を使って、IFRAME を画面下半分にフィットさせる



デモページ



以前は、JavaScript で実装してたのですが、知らない間に calc 関数というものがあったのを知り、IE11 ですらうまく動作する結果になっていました。

以下は php を使って、高さの部分を PHP の側の変数を使用して埋め込んでいます。IE11 以外のブラウザならば、var 関数を使用できるのですが、IE11 が実装する見通しも無いのでこのような形にするか、固定値を2度設定する必要があります。
<?php
require_once('view_config.php');

# **************************************
# js キャッシュ用
# **************************************
$tm = mktime();

# **************************************
# 画面定義
# ( Ruby や Python に合わせた画面形式 )
# **************************************
$out_client = <<<HTML
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />

<script src="{$view_js}?{$tm}"></script>

<style>
/* ブロックを左右に表示  */
.ttl {
	display: inline-block;
	width: 150px;
}
.entry {
	display: inline-block;
}
.line {
	margin-bottom: 0;
}


/* IFRAMEコントロール用  */
html,body {
	height: 100%;
}

body {
	margin: 0;
}
#head {
	padding: 16px;
	width: 100%;
	height: {$view_head_height}px;
	background-color: #e0e0e0;
}
#extend {
	display: block;
	margin-left: auto;
	margin-right: auto;
	width: calc( 100% - 3px );
	height: calc( 100% - {$view_head_height}px - 2px );
	border: solid 2px #c0c0c0;
}
</style>
</head>
<body>

<div id="head">
	<p class="ttl">
		氏名で検索
	</p>
	<p class="entry">
		<input
			id="cond"
			type="text">
		<input
			class="ml-4 btn btn-success"
			id="btn"
			type="button"
			value="問合せ">

		<a
			class="ml-4 btn btn-info btn-sm"
			href="{$_SERVER["PHP_SELF"]}">GET 再読み込み</a>
	</p>
	<p class="line"></p>

	<h4 class="text-danger">{$check_message}</h4>

</div>

<iframe id="extend" name="extend" class="iframe-option" src="req/control.php"></iframe>

</body>
</html>
HTML;

print $out_client;


?>


まず、高さを正しく計算させる為に html と body 要素の高さを 100% として明示します。次に基本部分の body 要素の margin を 0 として余白は #head 側で作成します。

そして、calc 関数で IFRAME の高さブラウザに計算させます。(他の小さな数値は縦と横の小さな余白用に使用しています)

view_config.php
<?php
$view_js = "entry.js";

$view_head_height = "100";


?>





posted by lightbox at 2018-07-15 01:11 | IFRAME パッケージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日


HTA + Basp21 + jQuery + twitter-bootstrap(4.1.1) でメール受信ツール

Basp21 は SSL に対応していない(POP3:110番ポートでのアクセスです)ので、運用の範囲内でうまく利用する事が必要です。アプリケーションのテスト用のツールとして使うなどして、実際の重要な文書のやりとりに使うのはおすすめではありません。

このサンプルの趣旨は、HTA でも最新 jQuery + twitter-bootstrap が動作する事の確認です
( ここでは実装していませんが、jQuery UI の Resizable のテストは行いました )

関連する記事

HTA + Basp21 + jQuery + twitter-bootstrap(4.1.1) でメール送信ツール

HTA(HTMLアプリケーション) のコードを html として IE11 でデバッグする方法


▼ 初期画面

画面下部はIFRAME で、ウインドウの大きさを変えてもフィットするようになっています。この実装には CSS の calc 関数を使用しています。

IFRAME 部分には、iframe_in.html を使用していますが、IFRAME に APPLICATION="yes" を指定する事によって、HTA として動作します。
▼ 受信済メールデータ一覧の実行結果
『メール一覧』と同じ結果ですが、『メール一覧』ではパスワードの入力が必要で、実際にインターネットからデータを取得します。

『受信済メールデータ一覧』では、『メール本体を全て受信』でいったんデータを可能な限り(256件)受信し、ディレクトリに保存します。そして、『受信済メールデータ一覧』の実行でディレクトリよりデータを取得して表示します(その際、添付ファイルがあれば分離して保存します)

さらに、データ行をクリックすると、本文のテキストエリアに受信データの本文を表示します
メールサーバーは 『さくらインターネット』を使用しています main.hta( メール送信部分 )
<html>
<head>
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge" />
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />
<link rel="stylesheet" href="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/themes/smoothness/jquery-ui.css">
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/jquery-ui.min.js"></script>
<script>

	// ウインドウの位置とサイズ
	top.moveTo( 30, 30 );
	top.resizeTo( 800, 800 );

	// エラーメッセージ
	var ErrMessage;

	// 
	var WshShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
	var Basp21 = new ActiveXObject("Basp21");

	$(function(){

		$("#send").on("click", function(){

			pass = $("#pass").val();
			if ( pass.trim() == "" ) {
				alert("パスワードを入力して下さい");
				$("#pass").focus();
				return;
			}
			if ( $("#to").val() == "" ) {
				alert("宛先を入力してください");
				$("#to").focus()
				return;
			}

			ErrMessage = Basp21.SendMail( 
				"user.sakura.ne.jp:587", 
				$("#to").val(), 
				"username@user.sakura.ne.jp" + "\t" + "account" + ":" + pass, 
				$("#subject").val(), 
				$("#body").val(), 
				"" 
			);

			// 成功すると空文字列が返り、失敗するとエラメッセージ			
			if ( ErrMessage != "" ) {
				alert(ErrMessage);
			}
			else {
				alert("メール送信が終了しました。");
			}
		});
		
		$("#taskmgr").on("click", function(){

			WshShell.Run("ms-settings:windowsupdate");

		});

	});

</script>
<style>
html,body {
	height: 100%;
}

body {
	margin: 0;
}

/* ブロックを左右に表示  */
.ttl {
	display: inline-block;
	width: 150px;
	vertical-align: top;
}
.entry {
	display: inline-block;
}
.line {
	margin-bottom: 0;
}

#head {
	padding: 16px;
}

/* IFRAMEコントロール用  */
#head {
	padding: 16px;
	width: 100%;
	height: 360px;
	background-color: #e0e0e0;
}
#extend {
	display: block;
	margin-left: auto;
	margin-right: auto;
	width: calc( 100% - 3px );
	height: calc( 100% - 360px - 2px );
	border: solid 2px #c0c0c0;
}

</style>
</head>
<body>
<div id="head">

	<p class="ttl">
		宛先
	</p>
	<p class="entry">
		<input
			id="to"
			type="text">

		<span
			class="ml-5">パスワード</span>
		<input
			class="ml-3"
			style="width:120px;"
			id="pass"
			type="password">
	</p>
	<p class="line"></p>

	<p class="ttl">
		件名
	</p>
	<p class="entry">
		<input
			style='width:500px;'
			type="text"
			id="subject">
	</p>
	<p class="line"></p>

	<p class="ttl">
		本文 
	</p>
	<p class="entry">
		<textarea
			style='width:500px;height:150px;'
			id="body"></textarea>
	</p>
	<p class="line"></p>

	<p>
		<input
			id="send"
			class="btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="メール送信">

		<input
			id="taskmgr"
			class="btn btn-info ml-5"
			type="button"
			value="Windows Update">
	</p>

	<h4 class="text-danger"></h4>

</div>

<iframe id="extend" name="extend" APPLICATION="yes" src="iframe_in.html"></iframe>


</body>
</html>


iframe_in.html

Basp21 の RcvMail メソッドが返す配列は、VBArray なので、toArray() メソッドで JavaScript の配列に変換しています。
<html>
<head>
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge" />
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />
<link rel="stylesheet" href="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/themes/smoothness/jquery-ui.css">
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/jquery-ui.min.js"></script>
<script>

	// 親ウインドウのオブジェクトを使用
	var Basp21 = parent.Basp21;
	var rcv_data;

	// テーブルの行作成用
	var row_data;


	$(function(){

		// *********************************
		// Subject,From,Date の一覧のみ
		// *********************************
		$("#list").on("click", function(){

			// テーブル表示リセット
			$("#tbl .row_data").remove();

			// 親ウインドウの入力チェック
			pass = parent.$("#pass").val();
			if ( pass.trim() == "" ) {
				alert("パスワードを入力して下さい")
				parent.$("#pass").focus();
			return;
			}
			
			// 実行中カーソル
			$("*").css({"cursor": "wait"});
			
			result = Basp21.RcvMail("user.sakura.ne.jp", 
				"username@user.sakura.ne.jp",
				pass,
				"LIST",
				">C:\\temp\\rcvmail")

			// 失敗した場合はエラーメッセージが文字列として戻されます
			if ( typeof result !== "string" ) {
			
				// *********************************
				// result は、VBArray なので、
				// JScript の標準配列に変換
				// *********************************
				rcv_data = result.toArray();

				for( i = rcv_data.length-1; i >= 0; i-- ) {
					headers = rcv_data[i].split("\t")
					
					// IFRAME 内で行を作成して IFRAME 内のテーブルに追加
					row_data = $("<tr></tr>")
						.addClass("row_data")
						.appendTo( "#tbl" );

					// Subject
					$("<td></td>")
						.text(headers[0].substring(9))
						.appendTo( row_data );

					// From
					$("<td></td>")
						.text(headers[1].substring(6))
						.appendTo( row_data );

					// Date
					$("<td></td>")
						.text(headers[2].substring(6))
						.appendTo( row_data );

				}

			}
			else {
				// エラーメッセージ
				alert( result );
			}
			
			// 通常カーソル
			$("*").css({"cursor": "auto"});

		});

		// *********************************
		// メールデータを最大256受信して保存
		// *********************************
		$("#recieve").on("click", function(){

			// 親ウインドウの入力チェック
			pass = parent.$("#pass").val();
			if ( pass.trim() == "" ) {
				alert("パスワードを入力して下さい")
				parent.$("#pass").focus();
				return;
			}

			// 実行中カーソル
			$("*").css({"cursor": "wait"});

			result = Basp21.RcvMail("user.sakura.ne.jp", 
				"username@user.sakura.ne.jp",
				pass,
				"SAVEALL",
				">C:\\temp\\rcvmail")
				
			// 通常カーソル
			$("*").css({"cursor": "auto"});

			// 失敗した場合はエラーメッセージが文字列として戻されます
			// 成功した場合はファイル名の VBArray になります
			if ( typeof result == "string" ) {
				alert( result );
			}
			else {
				alert( "正しくデータを取得しました" )
			}

		});

		// *********************************
		// 受信したデータより一覧を表示
		// *********************************
		$("#datalist").on("click", function(){

			// テーブル表示リセット
			$("#tbl .row_data").remove();

			// 実行中カーソル
			$("*").css({"cursor": "wait"});
			
			// 最新日付順
			result = Basp21.SortMail("C:\\temp\\rcvmail","date:",1)

			if ( typeof result == "string" ) {
				alert( result )
				$("*").css({"cursor": "auto"});
				return;
			}

			// *********************************
			// result は、VBArray なので、
			// JScript の標準配列に変換
			// *********************************
			rcv_data = result.toArray();

			for( i = 0; i < rcv_data.length; i++ ) {
			
				filename = rcv_data[i];
				
				// メールデータ取得
				result = Basp21.ReadMail("C:\\temp\\rcvmail\\" + filename,"subject:from:date:","C:\\temp\\rcvdata")
				if ( typeof result == "string" ) {
					alert( result )
					$("*").css({"cursor": "auto"});
					return;
				}
				
				row_cols = result.toArray();


				// IFRAME 内で行を作成して IFRAME 内のテーブルに追加
				row_data = $("<tr></tr>")
					.addClass("row_data")
					.appendTo( "#tbl" )
					.on("click", function(){
					
						filename = $(this).find("td").eq(0).text();
						// メールデータの本文取得
						result = Basp21.ReadMail("C:\\temp\\rcvmail\\" + filename,"body:","C:\\temp\\rcvdata");
						if ( typeof result == "string" ) {
							alert( result )
							$("*").css({"cursor": "auto"});
							return;
						}
						
						body_data = result.toArray();
						parent.$("#body").val( body_data[0].substring(6));

					})
					;

				// ファイル名(非表示)
				$("<td></td>")
					.text(filename)
					.css({ "display": "none" })
					.appendTo( row_data );

				// Subject
				$("<td></td>")
					.text(row_cols[0].substring(9))
					.appendTo( row_data );

				// From
				$("<td></td>")
					.text(row_cols[1].substring(6))
					.appendTo( row_data );

				// Date
				$("<td></td>")
					.text(row_cols[2].substring(6))
					.appendTo( row_data );

			}

			// 通常カーソル
			$("*").css({"cursor": "auto"});
		});



	});

</script>
<style>
.row_data td {
	cursor: pointer!important;
}

html,body {
	height: 100%;
}

body {
	margin: 0;
}

/* ブロックを左右に表示  */
.ttl {
	display: inline-block;
	width: 150px;
	vertical-align: top;
}
.entry {
	display: inline-block;
}
.line {
	margin-bottom: 0;
}

#head {
	padding: 16px;
}

/* IFRAMEコントロール用  */
#head {
	padding: 16px;
	width: 100%;
	height: 70px;
	background-color: #e0e0e0;
}
#extend {
	display: block;
	margin-left: auto;
	margin-right: auto;
	width: calc( 100% - 3px );
	height: calc( 100% - 70px - 2px );
	border: solid 2px #c0c0c0;
}

</style>
</head>
<body>
<div id="head">

	<p>
		<input
			id="list"
			class="btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="メール一覧">

		<input
			id="recieve"
			class="btn btn-outline-primary ml-5"
			type="button"
			value="メール本体を全て受信">

		<input
			id="datalist"
			class="btn btn-outline-primary ml-5"
			type="button"
			value="受信済メールデータ一覧">

	</p>

	<h4 class="text-danger"></h4>

</div>

<table class="table table-hover">
	<tbody id="tbl">
	</tbody>
</table>


</body>
</html>


関連する記事

HTA(HTMLアプリケーション) のコードを html として IE11 でデバッグする方法





posted by lightbox at 2018-07-12 16:18 | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日


HTA + Basp21 + jQuery + twitter-bootstrap(4.1.1) でメール送信ツール

Basp21 は SSL に対応していないので、運用の範囲内でうまく利用する事が必要です。バッチ処理のログ代わり使うなど、レンタルサーバのメールアカウント等(すぐに変更削除可能なもの)を使って、外部に出ても問題の無いデータに利用しましょう。

また、このサンプルの趣旨は、HTA を使った小回りの効く運用ツールとしての使い方の紹介です。



Basp21 は、32ビットですが、HTA はそもそも 32ビットで動作します。
Basp21 は、Down Load! BASP21-2003-0211.exe (1.44MB) 2003/02/11 Update!  推奨です。


<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge" /> で、bootstrap(4.1.1) が動作したので、たぶん jQuery も最新版が動作するとは思いますが、IE系で JavaScript の動作確認はいろいろ大変なので古い jQuery を使用しています

※ メールアカウントは、さくらインターネットを使用しています

▼ ソースコード
<html>
<head>
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge" />
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.9.1/jquery.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/twitter-bootstrap/4.1.1/css/bootstrap.css" />
<script>

	top.moveTo( 300, 150 );
	top.resizeTo( 800, 600 );

	var ErrMessage

	var WshShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
	var Basp21 = new ActiveXObject("Basp21");

	$(function(){

		$("#send").on("click", function(){
			ErrMessage = Basp21.SendMail( 
				"サーバーアドレス:587", 
				$("#to").val(), 
				"差出人メールアドレス" + "\t" + "アカウント" + ":" + $("#pass").val(), 
				$("#subject").val(), 
				$("#body").val(), 
				"" 
			);
			
			if ( ErrMessage != "" ) {
				alert(ErrMessage);
			}
			else {
				alert("メール送信が終了しました。");
			}
		});

	});

</script>
<style>
html,body {
	height: 100%;
}

body {
	margin: 0;
}

/* ブロックを左右に表示  */
.ttl {
	display: inline-block;
	width: 150px;
	vertical-align: top;
}
.entry {
	display: inline-block;
}
.line {
	margin-bottom: 0;
}

#head {
	padding: 16px;
}

</style>
</head>
<body>
<div id="head">

	<p class="ttl">
		宛先
	</p>
	<p class="entry">
		<input
			id="to"
			type="text">

		<span
			class="ml-5">パスワード</span>
		<input
			class="ml-3"
			style="width:120px;"
			id="pass"
			type="password">
	</p>
	<p class="line"></p>

	<p class="ttl">
		件名
	</p>
	<p class="entry">
		<input
			style='width:500px;'
			type="text"
			id="subject">
	</p>
	<p class="line"></p>

	<p class="ttl">
		本文 
	</p>
	<p class="entry">
		<textarea
			style='width:500px;height:300px;'
			id="body"></textarea>
	</p>
	<p class="line"></p>

	<p>
		<input
			id="send"
			class="btn btn-outline-primary"
			type="button"
			value="メール送信">
	</p>

	<h4 class="text-danger"></h4>

</div>
</body>
</html>


Bootstrap Buttons

Bootstrap Spacing




posted by lightbox at 2018-07-11 16:26 | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MySQL Connector/Python の使用方法概要のまとめ

接続
import mysql.connector

# **************************************
# 接続 / 更新兼用
# **************************************
cnn = mysql.connector.connect(
	host='localhost',
	port=3306,
	db='lightbox',
	user='root',
	passwd='',
	charset="utf8",
	autocommit='True')

# データベース処理

# **************************************
# 接続解除
# **************************************
cnn.close()


MySQLCursor.fetchone() Method
このメソッドはクエリ結果セットの次の行を取得し、単一のシーケンスを返し、使用可能な行がない場合はNoneを返します。 

デフォルトでは返されたタプルはMySQLサーバから返されたデータで構成され、Pythonオブジェクトに変換されます。(カーソルが生のカーソルの場合そのような変換は行われません : 「cursor.MySQLCursorRawクラス」 )

fetchone メソッドは fetchall および fetchmany によって使用されます。 また、カーソルがイテレータとして使用さる場合にも使用されます。

次の例はカーソルをイテレータとして使用し、内部では fetchone  が使用されます。
cursor.execute("SELECT * FROM employees")
for row in cursor:
	print(row)
関数で処理
# ***************************
# 参照
# ***************************
def get_data( cnn ):

	log("get_data")

	cursor = cnn.cursor(dictionary=True)

	sql = f"""select
			社員コード,
			氏名,
			フリガナ,
			所属,
			性別,
			作成日,
			更新日,
			給与,
			手当,
			管理者,
			DATE_FORMAT(生年月日,'%Y/%m/%d') as 生年月日
		from 社員マスタ
		where 社員コード = '{forms("社員コード")}'"""

	log(sql)

	cursor.execute(sql)

	row = cursor.fetchone()

	if row is None:
		set("check_message", "データが存在しません")
		return False

	pplog(row)

	forms("氏名", row["氏名"])
	forms("フリガナ", row["フリガナ"])
	forms("給与", row["給与"])
	forms("生年月日", row["生年月日"])

	cursor.close()

	return True

pplog の結果
{'フリガナ': 'ウラオカ トモヤ',
 '作成日': datetime.datetime(2005, 9, 12, 0, 0),
 '性別': 0,
 '所属': '0003',
 '手当': 9000,
 '更新日': datetime.datetime(2005, 11, 28, 0, 0),
 '氏名': '浦岡 友也',
 '生年月日': '2001/01/10',
 '社員コード': '0001',
 '管理者': None,
 '給与': 80000}
MySQLCursor.execute() Method
このメソッドは指定されたデータベース操作(クエリまたはコマンド)を実行します。

タプルまたはディクショナリ(PHP:連想配列/Ruby:ハッシュ)の値は、SQL文字列内の変数にバインドされます。 

変数を%sまたは%(name)s として埋め込んで使用します。 
▼ 例
select_stmt = "SELECT * FROM employees WHERE emp_no = %(emp_no)s"
cursor.execute(select_stmt, { 'emp_no': 2 })

▼ 非推奨
execute は、multiがTrueの場合はイテレータを返します。
Pythonでは、単一の値を含むタプルにカンマを含める必要があります。
たとえば ('abc') はスカラとして評価され、('abc',)はタプルとして評価されます。
print( type(('abc')) )
print( type(('abc',)) )

▼ 処理結果
<class 'str'>
<class 'tuple'>
関数で処理
# ***************************
# 更新
# ***************************
def update_data( cnn ):
	log("update_data")

	cursor = cnn.cursor()

	# 文字列複数行連結
	sql = f"""update 社員マスタ set 
		氏名 = %s,
		フリガナ=%s,
		給与 = %s,
		生年月日 = %s
	where 社員コード = '{forms("社員コード")}'"""

	log( sql )

	try:
		data = (forms("氏名"), forms("フリガナ"), int(forms("給与")) , forms("生年月日") )
	
		log( data )
	
		cursor.execute(sql, data)
	except:
		error_info = str(sys.exc_info()[1])
		set("check_message", "更新に失敗しました : " + error_info)
		log(str(sys.exc_info()[0]))
		log(error_info)
		return False

	cursor.close()

	return True


sys.exc_info()
現在処理中の例外を示す 3 個のタプルを返します。

例外が発生している場合、(type, value, traceback) を返します。type は処理中の例外のクラス(BaseException のサブクラス)を示します。value は例外インスタンス (例外の型のインスタンス) を返します(エラーメッセージはここに格納されています)
▼ エラーメッセージ例(MySQL)
1064 (42000): You have an error in your SQL syntax; check the manual that corresponds to your MariaDB server version for the right syntax to use near 'aaa' at line 1
ログ関数
import pprint

# **************************************
# ログ出力
# **************************************
def log( message ):
	with open('debug.log', 'a') as f:
		print(message,end='\n',file=f)
	
# **************************************
# ログ出力( pprint )
# **************************************
def pplog( obj ):

	with open("debug.log", "a") as f:
		pprint.pprint(obj, stream=f)






posted by lightbox at 2018-07-11 13:39 | Python | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり