SQLの窓

2016年12月05日


Android Studio で Twitter4J で ListView に検索結果を表示する



Twitter4J

非同期処理は、常に TwitterListener を作成して、AsyncTwitter からの実行を リスナー側で受けるという形になります。( 今回の場合、searched(QueryResult queryResult) で受けて、search(Query query) で呼び出す )

関連する記事

Android Studio で Twitter4J で画像付きツイート

注意する事
1) トークンの保存場所が、app\src\main\resources の twitter4j.properties

2) TwitterListener で受けたところから画面にアクセスするには、UI スレッドに対する考慮が必要
   ( runOnUiThread メソッドが簡単 )

3) ライブラリは twitter4j-core-4.0.4.jar と twitter4j-async-4.0.4.jar をコピーして core のみ Gradle に登録
MainActivity
public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    // リストビュー
    private MyArrayAdapter adapter;
    private ListView listview;

    // 日付データ用
    private Calendar cal;
    private SimpleDateFormat sf;

    // Twitter 用
    private TwitterListener listener;
    private AsyncTwitter asyncTwitter;
    private ArrayList<TwitterData> twitterData;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);


        // アダプタを作成
        adapter = new MyArrayAdapter(MainActivity.this,R.layout.list_item);

        // リストビューの取得
        listview = (ListView) MainActivity.this.findViewById(R.id.listView);
        // リストビューにデータを表示
        listview.setAdapter(adapter);

        Button buttonSearch = (Button) MainActivity.this.findViewById(R.id.buttonSearch);
        buttonSearch.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
            @Override
            public void onClick(View v) {
                adapter.clear();
                loadDataList();
            }
        });

        cal = Calendar.getInstance();
        sf = new SimpleDateFormat("yyyy/MM/dd HH:mm:ss");
        // リスナーを作成する
        listener = new TwitterAdapter() {
            @Override
            public void searched(QueryResult queryResult) {

                twitterData = new ArrayList<TwitterData>();
                List<Status> list = queryResult.getTweets();

                Iterator<Status> it = list.iterator();
                while( it.hasNext() ) {

                    Status statudData = it.next();

                    twitterData.add(new TwitterData(
                        // ScreenName と Name
                        String.format("%s : %s", statudData.getUser().getScreenName(), statudData.getUser().getName()),
                        sf.format(statudData.getCreatedAt()),
                        statudData.getText()));

                }

                // UI スレッドで アダプタにデータをセット
                MainActivity.this.runOnUiThread(new Runnable() {
                    @Override
                    public void run() {
                        adapter.addAll(twitterData);
                    }
                });


            }

            @Override
            public void onException(TwitterException te, TwitterMethod method) {

                Log.i("lightbox", "onException");
                te.printStackTrace();

            }

        };

        // リスナーを登録する
        AsyncTwitterFactory factory = new AsyncTwitterFactory();
        asyncTwitter = factory.getInstance();
        asyncTwitter.addListener(listener);

    }

    // *****************************************
    // Twitter から リストビューにデータを表示
    // *****************************************
    public void loadDataList() {

        EditText editSearch = (EditText) MainActivity.this.findViewById(R.id.editSearch);
        String searchString = editSearch.getText().toString();

        Query query = new Query(searchString);
        asyncTwitter.search(query);


    }
}


MyArrayAdapter
public class MyArrayAdapter extends ArrayAdapter<TwitterData> {

	// コンストラクタで渡された画面の保存
	private int mResource;
	// 画面作成用
	LayoutInflater mInflater;

	public MyArrayAdapter(Context context, int resource) {
		super(context, resource);
		// ArrayAdapter でも、このようにして保存して利用してます
		mResource = resource;
		mInflater = LayoutInflater.from(context);
	}

	@Override
	public View getView(int position, View convertView, ViewGroup parent) {

		if (convertView == null) {
			convertView = mInflater.inflate(mResource, parent, false);
		}

		// アダプターより行データを取得
		TwitterData twitterData = MyArrayAdapter.this.getItem(position);

		// 画面にデータをセット
		TextView tv;

		// キー
		tv = (TextView) convertView.findViewById(R.id.textKey);
		tv.setText(twitterData.getScreenName());

		tv	= (TextView) convertView.findViewById(R.id.textItem1);
		tv.setText(twitterData.getStringDate());

		tv = (TextView) convertView.findViewById(R.id.textItem2);
		tv.setText(twitterData.getText());

		// 行の画面をシステムに返す
		return convertView;
	}

}


TwitterData
public class TwitterData {

	private String stringDate;
	private String screenName;
	private String text;

	public TwitterData(String screenName, String stringDate, String text) {
		this.screenName = screenName;
		this.stringDate = stringDate;
		this.text = text;
	}

	public String getScreenName() {
		return screenName;
	}

	public void setScreenName(String screenName) {
		this.screenName = screenName;
	}

	public String getStringDate() {
		return stringDate;
	}

	public void setStringDate(String stringDate) {
		this.stringDate = stringDate;
	}

	public String getText() {
		return text;
	}

	public void setText(String text) {
		this.text = text;
	}
}




【Android Studio 2016の最新記事】
posted by lightbox at 2016-12-05 19:16 | Comment(0) | Android Studio 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日


Android Studio で Twitter4J で画像付きツイート

Twitter API は使用回数制限があるので、現在それほど魅力的なものではありませんが、BOT 的な使い道や、ログとして使うのならば、Java のサンプルとしては魅力的ではあると思います。特に、Twitter4J を使うと、いとも簡単にツイートは可能なのです。

ダウンロードしてインストール

ダウンロードリンクは Twitter4J にあります。解凍して Android Studio のプロジェクトの libs に twitter4j-core-4.0.4.jar と twitter4j-async-4.0.4.jar をコピーします。

この後、メニューから add as library でもかまいませんが、app の gradle が以下のようになればいいです
dependencies {
    compile fileTree(include: ['*.jar'], dir: 'libs')
    testCompile 'junit:junit:4.12'
    compile 'com.android.support:appcompat-v7:22.2.1'
    compile files('libs/twitter4j-core-4.0.4.jar')

}

twitter4j-async-4.0.4.jar は非同期処理に必要ですが、gradle に記述する必要はありません。

ちなみに、他のライブラリを全てコピーするとエラーになります(たぶん内容が重複してるとかかもしれません)

設定ファイル

twitter4j.properties が必要です。場所は app\src\main\resources です。

エクスプローラから作成してテキストファイルを作成して、自分の Twitter から、右下の『開発』をクリックして、My Apps で アプリを作るか既存のアプリからトークンをコピペして twitter4j.properties に書き込むだけです

このへんは、Twitter の API を使った人なら常識の範疇ですが、初めてでもインターネットでたくさん紹介されているので問題は無いはずです。
debug=true
oauth.consumerKey=*********************
oauth.consumerSecret=******************************************
oauth.accessToken=**************************************************
oauth.accessTokenSecret=******************************************

実行コード

画像は、あらかじめ用意しておいてパスを取得しておきます。カメラを使用するなら、ギャラリーに登録までした後のパスをそのまま使えばいいし、一時的に使うだけなら後から削除でいいですね(もちろん終了イベント後に削除)

カメラを起点とした画像データの処理 / Android

配布ページのサンプルコードは、タイプミスがあるので注意

▼ 実行
				// 入力テキストを取得
				EditText editText = (EditText) rootView.findViewById(R.id.tweetText);
				String text = editText.getText().toString();

				// 入力なしなら、テキストを作成
				if ( text.trim().equals("") ) {
					Calendar cal = Calendar.getInstance();
					SimpleDateFormat sf = new SimpleDateFormat("yyyy/MM/dd HH:mm:ss");
					text = String.format( "%s %s", sf.format(cal.getTime()), "に Android からツイートしました");
				}
				// デバッグ用
				Log.i("lightbox",text);

				// 非同期のリスナーを作成
				TwitterListener listener = new TwitterAdapter() {
					@Override
					public void updatedStatus(Status status) {
						System.out.println("Successfully updated the status to [" +
							status.getText() + "].");
					}

					@Override
					public void onException(TwitterException te, TwitterMethod method) {
						if (method == TwitterMethod.UPDATE_STATUS) {
							te.printStackTrace();
						} else {
							throw new AssertionError("Should not happen");
						}
					}

				};

				// 非同期の準備
				AsyncTwitterFactory factory = new AsyncTwitterFactory();
				AsyncTwitter asyncTwitter = factory.getInstance();
				// リスナーを登録
				asyncTwitter.addListener(listener);

				// StatusUpdate ノインスタンスを作成
				// ※ 画像ツイートに必要
				StatusUpdate statusUpdate = new StatusUpdate(text);
				// 画像のファイルオブジェクト
				File file = new File( mainActivity.getimagePath() );
				// 画像を設定
				statusUpdate.media(file);

				// ツイート
				asyncTwitter.updateStatus(statusUpdate);


何故か非同期のサンプルが世の中に無かったですが、Android でツイートしようなんて思う人がたぶんもういないのでしょう( 殆どメリットや魅力が無いので )

updatedStatus イベント内の注意

この中は UI スレッドでは無いようなので、成功の後画面処理する場合は、適宜必要な UI スレッド呼び出しを実装します。

runOnUiThread( android.app.Activity )
UIスレッドで指定されたアクションを実行します。 現在のスレッドがUIスレッドの場合、アクションは直ちに実行されます。 現在のスレッドがUIスレッドでない場合、アクションはUIスレッドのイベントキューにポストされます。
posted by lightbox at 2016-11-29 20:10 | Comment(0) | Android Studio 2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日


Google Chrome のコンソールが、『いらすとや』のイラストでいっぱいになった日

Google Plus でデベロッパーツールを開けてコンソールを見たら、大きな文字が色つきで表示されていたので、console.log で css が使えると解りました。

で、画像を使えるならサイトのメッセージとして強力だなぁと思い試してみると・・・

かなり強力です。

最大表示 

console.log("%c%s",
"background: url('https://lh3.googleusercontent.com/-lpfmi9vuwOg/WDVegEds_SI/AAAAAAAAhxc/0DzXoBQQlJw_L7KXSIi2UY0hEJwjiNcHwCHM/s128/internet_kanki_woman1.png'); font-size: 1240px;"," ")
※ 表示エリアを確保するのに、漢字スペース使ってます。半角スペースだと、思ったようになりませんでした。

一夜あけて、さらに調べてみると

Facebook の出力方法だけ特殊だったので、JavaScript のコードを拾ってみると、通常では右上に実行したスクリプトと行が出るようになってるのですが、それを消す実行方法が以下になります
setTimeout(console.log.bind(console,"%c%s",
"background: url('https://lh3.googleusercontent.com/-lpfmi9vuwOg/WDVegEds_SI/AAAAAAAAhxc/0DzXoBQQlJw_L7KXSIi2UY0hEJwjiNcHwCHM/s128/internet_kanki_woman1.png'); font-size: 1240px;"," "))

このコードが入っていたのが以下になります
'Chromedome',
['fbt'],
(function a(b, c, d, e, f, g, h) {
    if (c.__markCompiled) c.__markCompiled();
    g.start = function(i) {
        if (i.off || top !== window || !/(^|\.)facebook\.(com|sg)$/.test(document.domain)) return;
        var j = i.stop || h._("STOP\uff01"),
        k = i.text || h._("\u3053\u308c\u306f\u958b\u767a\u8005\u5411\u3051\u306e\u30d6\u30e9\u30a6\u30b6\u6a5f\u80fd\u3067\u3059\u3002Facebook\u6a5f\u80fd\u3092\u6709\u52b9\u306b\u3059\u308b\u305f\u3081\u307e\u305f\u306f\u8ab0\u304b\u306e\u30a2\u30ab\u30a6\u30f3\u30c8\u3092\u30cf\u30c3\u30ad\u30f3\u30b0\u3059\u308b\u305f\u3081\u306b\u3001\u3053\u3053\u306b\u4f55\u304b\u3092\u30b3\u30d4\u30fc\u30fb\u8cbc\u308a\u4ed8\u3051\u3059\u308b\u3088\u3046\u306b\u8a00\u308f\u308c\u305f\u5834\u5408\u3001\u305d\u308c\u306f\u7b2c\u4e09\u8005\u304c\u3042\u306a\u305f\u306eFacebook\u30a2\u30ab\u30a6\u30f3\u30c8\u3078\u306e\u30a2\u30af\u30bb\u30b9\u3092\u5f97\u308b\u305f\u3081\u306e\u8a50\u6b3a\u30fb\u4e0d\u6b63\u884c\u70ba\u3067\u3059\u3002"),
        l = i.more || h._("\u8a73\u7d30\u306f{url}\u3092\u3054\u89a7\u304f\u3060\u3055\u3044\u3002", [h.param('url', 'https://www.facebook.com/selfxss')]);
        if ((window.chrome || window.safari) && !i.textonly) {
            var m = 'font-family:helvetica; font-size:20px; '; [[j, i.c1 || m + 'font-size:50px; font-weight:bold; ' + 'color:red; -webkit-text-stroke:1px black;'], [k, i.c2 || m], [l, i.c3 || m], ['', '']].map(function(s) {
                setTimeout(console.log.bind(console, '\n%c' + s[0], s[1]));
            });
        } else {
            var n = ['', ' .d8888b.  888                       888', 'd88P  Y88b 888                       888', 'Y88b.      888                       888', ' "Y888b.   888888  .d88b.  88888b.   888', '    "Y88b. 888    d88""88b 888 "88b  888', '      "888 888    888  888 888  888  Y8P', 'Y88b  d88P Y88b.  Y88..88P 888 d88P', ' "Y8888P"   "Y888  "Y88P"  88888P"   888', '                           888', '                           888', '                           888'],
            o = ('' + k).match(/.{35}.+?\s+|.+$/g),
            p = Math.floor(Math.max(0, (n.length - o.length) / 2));
            for (var q = 0; q < n.length || q < o.length; q++) {
                var r = n[q];
                n[q] = r + new Array(45 - r.length).join(' ') + (o[q - p] || '');
            }
            console.log('\n\n\n' + n.join('\n') + '\n\n' + l + '\n');
            return;
        }
    };
})
※ 後半の 8 が並んでる文字列は、Chrome と Safari 以外で使用されます。(要するにアスキーアートですね。)

IE は無視されてました。Firefox は、出てます。



※ Google Chrome で表示中ならば、F12 で見てみて下さい。出してみました

posted by lightbox at 2016-11-26 12:08 | Comment(0) | Google Chrome | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汎用型 : Firebase に置いたデータで履歴書(作りかけ)のフォームを出力するサンプル



デモページ

Firebase データ

ごく一般的なデータから罫線(含連続)・BOX・テキスト・画像を出力して単票のフォームを作成します。特別な内容ではありませんが、Firebase 使うと結構汎用性も出るのでは無いかと思います。

印字部分
<?php
// ************************************************
// セッションとキャッシュなし
// ************************************************
session_cache_limiter('nocache');
session_start();

require_once("print.php");

// ************************************************
// フォーマットデータ
// ************************************************
$url = "https://freebase-654b7.firebaseio.com/tcpdf.json";
$file = @file_get_contents($url);
if ( $file !== false ) {
	// 連想配列形式で返す
	$result = json_decode( $file, true );

	if ( $result == null ) {
		// テキストのサイズ変更
		$pdf->SetFont('meiryo001', '', 20);
		// テキストの色
		$pdf->SetTextColor(255, 0, 0);
		user_text( $pdf, 10, 10, 'データが存在しません' );
		$pdf->Output("test_output.pdf", "I");
		exit();
	}

}


log_out(null);

$pdf->SetFont('meiryo001', '', 14);

$pdf->AddPage();

// ************************************************
// 印字コマンド実行
// ************************************************
foreach( $result['format'] as $obj ) {

	if ( $obj['type'] == 'image' ) {
		$pdf->Image($obj['f'], $obj['x'],$obj['y'],$obj['w'],$obj['h']);
		continue;
	}

	if ( $obj['type'] == 'text' ) {
		$pdf->SetFont('meiryo001', '', $obj['s']);
		user_text( $pdf, $obj['x'],$obj['y'], $obj['t'] );
		continue;
	}

	if ( $obj['type'] == 'rect' ) {
		$pdf->Rect($obj['x'],$obj['y'],$obj['w'],$obj['h']);
		continue;
	}

	if ( $obj['type'] == 'line' ) {
		$pdf->Line($obj['x'],$obj['y'],$obj['x']+$obj['w'],$obj['y']);
		continue;
	}

	if ( $obj['type'] == 'vline' ) {
		$pdf->Line($obj['x'],$obj['y'],$obj['x'], $obj['y']+$obj['h']);
		continue;
	}

	if ( $obj['type'] == 'lines' ) {

		$row = $obj['y'];
		
		for( $i = 0; $i < $obj['n']; $i++ ) {
			$pdf->Line($obj['x'], $row, $obj['x']+$obj['w'], $row);
			$row += $obj['p'];
		}

		continue;
	}

}


// ブラウザへ PDF を出力します
$pdf->Output("test_output.pdf", "I");
?>


TCPDF 依存部分(print.php)
<?php
define ('K_PATH_FONTS', "tcpdf/");
require_once('tcpdf/tcpdf.php');

// ************************************************
//   P or PORTRAIT(縦:既定)
//   L or LANDSCAPE(横))
// ---------------------------
//   pt: ポイント
//   mm: mm(既定)
//   cm: cm
//   in: インチ
// ---------------------------
//   用紙サイズ
// ---------------------------
// boolean $unicode = true
// ---------------------------
// String $encoding = 'UTF-8'
// ---------------------------
// boolean $diskcache = false
// ---------------------------
// PDF/A モード
// ---------------------------
// 
// 全てデフォルトなので $pdf = new TCPDF("L") でもOK
// ************************************************
$pdf = new TCPDF("P");
/*
$pdf = new TCPDF(
	"L",
	"mm",
	"A4",
	true,
	"UTF-8",
	false,
	false
);
*/

// ************************************************
// 設定
// ************************************************
$pdf->setFontSubsetting(false);
$pdf->setPrintHeader(false);
$pdf->setPrintFooter(false);
$pdf->SetAutoPageBreak(false);


function log_out( $text ) {

	if ( $text == null ) {
		file_put_contents("log.txt","");
		return;
	}

	file_put_contents("log.txt", $text . "\n", FILE_APPEND );

}

# **********************************************************
#  テキスト印字
# **********************************************************
function user_text( $pdf, $x, $y, $text, $w=1, $h=0, $p="L" ) {

	text( $pdf, $x, $y, $text, $w, $h, $p );

	return $y;

}

# **********************************************************
# 位置指定印字
# ※ 改行コードで自動改行
# ※ ページあふれで自動改ページ
# ※ 内部印字位置は保存( 元に戻す )
# **********************************************************
function text( $pdf, $x=0, &$y=0, $txt='', $w=1, $h=0, $p="L" ) {

	$a = $pdf->GetX();
	$b = $pdf->GetY();

	$hm = $pdf->getPageHeight( );
	$dm = $pdf->getPageDimensions();
	$tm = $dm['tm'];
	$bm = $dm['bm'];

	$txt = str_replace( "\r","", $txt );
	$data = explode("\n", $txt );
	if ( count( $data ) > 1 ) {
		for( $i = 0; $i < count($data); $i++ ) {
			if ( $i == 0 ) {
				$pdf->SetXY( $x, $y );
			}
			else {
				$y += $pdf->getLastH();
				if ( $y >= ( $hm - $tm - $bm ) ) {
					$pdf->AddPage();
					$y = $tm;
				}
				$pdf->SetXY( $x, $y );
			}
			$pdf->Cell($w, $h, $data[$i], 0, 0, $p);
		}
	}
	else {
		$pdf->SetXY( $x, $y );
		$pdf->Cell($w, $h, $txt, 0, 0, $p);
	}
	$y += $pdf->getLastH();

	$pdf->SetXY($a,$b);

}


?>


関連する記事

1会話・IFRAME(TCPDF)テンプレート : jQuery + Bootstrap(css) + mmenu + Firebase + TCPDF + PHP




タグ:Firebase TCPDF PHP PDF
posted by lightbox at 2016-11-26 02:26 | Comment(0) | PHP + PDF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日


1会話・IFRAME(TCPDF)テンプレート : jQuery + Bootstrap(css) + mmenu + Firebase + TCPDF + PHP

デモページ




▼ このプラグインを使用して、ヘッダ部分で条件入力して PDF をその下の IFRAME へ表示するテンプレートです。
かつての FRAME のように画面下部に張り付く IFRAME を実装する jQuery プラグイン

全体の表示部分のテンプレート部分は、jQuery + Bootstrap(css) + mmenu で構成されており、独自の仕様ではありますが、見ればだいたい解るようには作成してあります。

アプリケーション部分

データ部分 : Firebase
PDF部分 : TCPDF
処理部分 : PHP

となっており、Firebase は PHP から直接読み込む必要があるので、Firebase Database REST API を使用しています。

TCPDF は文字列印字部分をユーザ関数化して、昔ながらの印刷用アルゴリズムで出力しています。

TCPDF 関数部分 : print.php
<?php
define ('K_PATH_FONTS', "tcpdf/");
require_once('tcpdf/tcpdf.php');

// ************************************************
//   P or PORTRAIT(縦:既定)
//   L or LANDSCAPE(横))
// ---------------------------
//   pt: ポイント
//   mm: mm(既定)
//   cm: cm
//   in: インチ
// ---------------------------
//   用紙サイズ
// ---------------------------
// boolean $unicode = true
// ---------------------------
// String $encoding = 'UTF-8'
// ---------------------------
// boolean $diskcache = false
// ---------------------------
// PDF/A モード
// ---------------------------
// 
// 全てデフォルトなので $pdf = new TCPDF("L") でもOK
// ************************************************
$pdf = new TCPDF("L");
/*
$pdf = new TCPDF(
	"L",
	"mm",
	"A4",
	true,
	"UTF-8",
	false,
	false
);
*/

// ************************************************
// 設定
// ************************************************
$pdf->setFontSubsetting(false);
$pdf->setPrintHeader(false);
$pdf->setPrintFooter(false);
$pdf->SetAutoPageBreak(false);


// ************************************************
// デバッグ用ログ
// ************************************************
function log_out( $text ) {

	// クリア
	if ( $text == null ) {
		file_put_contents("log.txt","");
		return;
	}

	// 書き込み
	file_put_contents("log.txt", $text . "\n", FILE_APPEND );

}

// ************************************************
//  テキスト印字
// $p は L で左揃え、R で右揃え
// $w : 矩形領域の幅(1だと最低幅) : 右揃えに必要
// $h : 矩形領域の高さ
// http://tcpdf.penlabo.net/method/c/Cell.html
// ************************************************
function user_text( $pdf, $x, $y, $text, $w=1, $h=0, $p="L" ) {

	text( $pdf, $x, $y, $text, $w, $h, $p );

	return $y;

}

// ************************************************
// 位置指定印字
// ※ 改行コードで自動改行
// ※ ページあふれで自動改ページ
// ※ 内部印字位置は保存( 元に戻す )
// ************************************************
function text( $pdf, $x=0, $y=0, $txt='', $w=1, $h=0, $p="L" ) {

	$a = $pdf->GetX();
	$b = $pdf->GetY();

	$hm = $pdf->getPageHeight( );
	$dm = $pdf->getPageDimensions();
	$tm = $dm['tm'];
	$bm = $dm['bm'];

	$txt = str_replace( "\r","", $txt );
	$data = explode("\n", $txt );
	if ( count( $data ) > 1 ) {
		for( $i = 0; $i < count($data); $i++ ) {
			if ( $i == 0 ) {
				$pdf->SetXY( $x, $y );
			}
			else {
				$y += $pdf->getLastH();
				if ( $y >= ( $hm - $tm - $bm ) ) {
					$pdf->AddPage();
					$y = $tm;
				}
				$pdf->SetXY( $x, $y );
			}
			$pdf->Cell($w, $h, $data[$i], 0, 0, $p);
		}
	}
	else {
		$pdf->SetXY( $x, $y );
		$pdf->Cell($w, $h, $txt, 0, 0, $p);
	}
	$y += $pdf->getLastH();

	$pdf->SetXY($a,$b);

}


?>

フォントには、メイリオを使用しています。以下を参照して下さい
TCPDF で非埋め込み型として『メイリオ』を使う手順

フォントファイルは、define ('K_PATH_FONTS', "tcpdf/"); で指定した場所です。
※ MSゴシックとMS明朝も同梱しています。

印刷用アルゴリズム部分
<?php
// ************************************************
// セッションとキャッシュなし
// ************************************************
session_cache_limiter('nocache');
session_start();

// ************************************************
// 印字関数
// ************************************************
require_once("print.php");

log_out(null);
$rh		= 8;	// 行間の距離
$hh		= 40;	// ヘッダーの下の次の印字位置
$rmax	= 15;	// ページ内の最大明細行数
// ************************************************
// フォント
// 第二引数は フォント・スタイル(空文字で標準)
// http://tcpdf.penlabo.net/method/s/SetFont.html
// ************************************************
$pdf->SetFont('meiryo001', '', 14);

$pdf->AddPage();

// ************************************************
// データベース
// ※ パスの先にデータが無い事は考慮していない
// ************************************************
$url = "https://freebase-654b7.firebaseio.com/class.json";
$file = @file_get_contents($url);
if ( $file !== false ) {
	// 連想配列形式で返す
	$result = json_decode( $file, true );

	if ( $result == null ) {
		// テキストのサイズ変更
		$pdf->SetFont('meiryo001', '', 20);
		// テキストの色
		$pdf->SetTextColor(255, 0, 0);
		user_text( $pdf, 10, 10, 'データが存在しません' );
		$pdf->Output("test_output.pdf", "I");
		exit();
	}

}

$url = "https://freebase-654b7.firebaseio.com/refdata/syozoku.json";
$file = @file_get_contents($url);
if ( $file !== false ) {
	$syozoku = json_decode( $file, true );

	// log_out(print_r($syozoku,true));

	if ( $syozoku == null ) {
		$syozoku = json_decode( '{"0001":"営業部第一","0002":"技術開発","0003":"人事部"}', true );
	}
}

// ************************************************
// 印刷用変数
// ************************************************
$counter = 0;	// ページ用カウンタ
$lcount = 0;	// 行数カウンタ
$sum = 0;		// ページ毎合計
$sumall = 0;	// 総合計

// 最初のヘッダーを出力して現在位置(y)を取得
$cur_position = print_header( $pdf );

// ************************************************
// 処理ループ
// ************************************************
foreach( $result as  $key => $obj ) {

	if ( $_GET['fld1'] != '' ) {
		if ( mb_strpos($obj["name"],$_GET['fld1'],0,"utf-8") === false ) {
			continue;
		}
	}

	$lcount++;
	if ( $lcount > $rmax ) {
		$counter++;
		$lcount = 0;
		user_text( $pdf, 108, $cur_position, "ページ計" );
		user_text( $pdf, 138, $cur_position, number_format($sum), 20, 0, "R" );
		$sum = 0;

		// 新しいページ
		$pdf->AddPage();
		$cur_position = print_header( $pdf );
	}

	user_text( $pdf, 10, $cur_position, $obj["code"] );
	user_text( $pdf, 28, $cur_position, $obj["name"] );
	user_text( $pdf, 51, $cur_position, $obj["furi"] );
	user_text( $pdf, 95, $cur_position, $syozoku[$obj["syozoku"]] );
	if ( $obj["sex"] == "0" ) {
		$pdf->Image("man.png", 125+3.2, $cur_position, 5, 5);
	}
	else {
		$pdf->Image("lady.png", 125+3.2, $cur_position, 5, 5);
	}
	user_text( $pdf, 138, $cur_position, number_format($obj["kyuyo"]), 20, 0, "R" );
	$sum += $obj["kyuyo"];
	$sumall += $obj["kyuyo"];

	// 手当ては文字列として設計されているので数値化
	user_text( $pdf, 163, $cur_position, number_format($obj["teate"]+0), 20, 0, "R" );
	user_text( $pdf, 183, $cur_position, $obj["birthday"] );

	$cur_position += $rh;

}

// ************************************************
// 最大行数が、最後の2行が入るように想定されて
// いるので、以下は無条件に出力する
// ************************************************

user_text( $pdf, 108, $cur_position, "ページ計" );
user_text( $pdf, 138, $cur_position, number_format($sum), 20, 0, "R" );

// 次の行
$cur_position += $rh;
user_text( $pdf, 108, $cur_position, "総合計" );
user_text( $pdf, 138, $cur_position, number_format($sumall), 20, 0, "R" );


// ブラウザへ PDF を出力します
$pdf->Output("test_output.pdf", "I");

// デバッグ用
file_put_contents( "../log/global.txt", print_r($GLOBALS, true) );
//file_put_contents( "../log/global.txt", "[_GET]\n".print_r($_GET, true)."\n"."[_POST]\n".print_r($_POST, true)."\n"."[_COOKIE]\n".print_r($_COOKIE, true)."\n"."[_SESSION]\n".print_r($_SESSION, true) );

// ***********************************************
// ヘッダ印字
// ***********************************************
function print_header( $pdf ) {

	global $counter;

	$page_info = $pdf->getPageDimensions();
	$cur_position = $page_info['tm'];	// トップマージン

	user_text( $pdf, 125, $cur_position, "社員一覧表" );
	user_text( $pdf, 224, $cur_position, "ページ :" );
	user_text( $pdf, 250, $cur_position, number_format($counter+1), 5, 0, "R" );

	// 2行
	$cur_position += $GLOBALS['rh'] * 2;
	user_text( $pdf, 10, $cur_position, "コード" );
	user_text( $pdf, 28, $cur_position, "名前" );

	user_text( $pdf, 51, $cur_position, "フリガナ" );
	user_text( $pdf, 95, $cur_position, "所属" );
	user_text( $pdf, 125, $cur_position, "性別" );

	user_text( $pdf, 138, $cur_position, "給与", 20, 0, "R" );
	user_text( $pdf, 163, $cur_position, "手当", 20, 0, "R" );
	user_text( $pdf, 183, $cur_position, "生年月日" );

	$cur_position += $GLOBALS['rh'];

	// 直線のスタイル
	$pdf->SetLineStyle(
		array(
			'width' => 0.4,
			'cap' => 'round',
			'join' => 'round',
			'dash' => 0,
			'color' => array(0xFF,0xC0,0xCB)	// pink
		)
	);
	// 直線
	$pdf->Line(
		$page_info['lm'],	// 左マージン
		$cur_position+1.5,
		$page_info['wk']-$page_info['lm']-$page_info['rm'],	// ページ幅 - 左右マージン
		$cur_position+1.5);
	
	return $GLOBALS['hh'];

}
?>

いろいろなページを構成する定数を元に、ヘッダと明細部分を分けてコントロールするオーソドックスなものです。改ページは、次に印字すべき位置があらかじめ決めた行数を超えた時に処理され、次のページの先頭には必ずヘッダ部分が出力されます。

このサンプルでは、合計部分の行数はあらかじめ想定してあるため、ページ内の明細行数は少なめになっていますが、本来は合計部分も改ページコントロールの対象にする事が昔は多かったですが、合計部分が固定位置となるような、専用の用紙であればこちらに近くなるはずです。

▼ Firebase database データ
https://freebase-654b7.firebaseio.com/class.json



posted by lightbox at 2016-11-22 20:24 | Comment(0) | IFRAME パッケージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
PHP正規表現チェッカー
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり