SQLの窓

2019年01月15日


Shell コマンドで開くフォルダ : HTA でクリックすると実行可能

参考 : Shell コマンドで開く特殊フォルダー一覧 上記リンク先では、Windows7 ベースで動かないものがありました。それらを削除し、直接実行できる HTA にしました。また、現在でも重要なコマンドは背景を pink にしています。
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="ie=edge">
<meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=shift_jis">
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>
<script>

	// ウインドウの位置とサイズ
	top.moveTo( 30, 30 );
	top.resizeTo( 700, 800 );

$(function(){
	$("#lboxtable td").each(function(){
		if( $(this).get(0).cellIndex == 0 ) {

			$(this).css({ "cursor" : "pointer" });

		}
	});

	$("#lboxtable td").on("click",function(){
		if( $(this).get(0).cellIndex == 0 ) {

			var text = $(this).text();
			shellRunExe( text, "" );

		}
	});
});

function newObject( className ) {

	var obj;

	try {
		obj = new ActiveXObject( className );
	}
	catch (e) {
		obj = null;
	}

	return obj;

}

var shell = newObject("Shell.Application");

function shellRunExe( strPath, strParam ) {

	shell.ShellExecute( strPath, strParam )

}

</script>
</head>
<body>

<style type="text/css">
.it {
	background-color: pink;
}

#lboxtable * {
	font-family: メイリオ,'MS Pゴシック';
	font-size: 12px;
}
#lboxtable table {
	border-collapse: collapse;
	border-style: solid;
	border-color: #000000;
	border-width: 1px;
	background-color: #FFFFFF;
}
#lboxtable td {
	padding: 5px;
	border-style: solid;
	border-color: #000000;
	border-width: 1px;
	/* white-space: nowrap; */
}
#lboxtable th {
	padding: 5px;
	border-style: solid;
	border-color: #000000;
	border-width: 1px;
	background-color: silver;
	/* white-space: nowrap; */
}
#lboxtable .header {
	padding: 5px;
	border-style: solid;
	border-color: #000000;
	border-width: 1px;
	background-color: silver;
	/* white-space: nowrap; */
}
</style>

<DIV id="lboxtable">
<table>
    <tbody>
        <tr>
            <td >shell:ControlPanelFolder</td>
            <td >&nbsp;</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:AddNewProgramsFolder</td>
            <td >ネットワークからプログラムをインストール</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:ConnectionsFolder</td>
            <td >&nbsp;</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:PrintersFolder</td>
            <td >&nbsp;</td>
        </tr>
        <tr>
            <td class="it">shell:AppData</td>
            <td >&nbsp;</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Administrative Tools</td>
            <td >ユーザーの管理ツール</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Cookies</td>
            <td >クッキー</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:NetHood</td>
            <td >ネットワーク ショートカット</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:PrintHood</td>
            <td >プリンター ショートカット</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Programs</td>
            <td >スタートメニューのプログラム</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Recent</td>
            <td >最近使った項目</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:SendTo</td>
            <td >「送る」メニュー</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Start Menu</td>
            <td >ユーザーのスタートメニュー</td>
        </tr>
        <tr>
            <td  class="it">shell:Startup</td>
            <td >ユーザーのスタートアップ</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Templates</td>
            <td >ユーザーのテンプレート</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Quick Launch</td>
            <td >クイック起動</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:User Pinned</td>
            <td >ジャンプリスト 固定メニュー</td>
        </tr>
        <tr>
            <td  class="it">shell:Local AppData</td>
            <td >&nbsp;</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Cache</td>
            <td >インターネット一時ファイル</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:CD Burning</td>
            <td >CDの一時書き込みフォルダー</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:History</td>
            <td >IEの履歴</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Common AppData</td>
            <td >&nbsp;</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Common Templates</td>
            <td >共通のテンプレート</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Common Start Menu</td>
            <td >共通のスタートメニュー</td>
        </tr>
        <tr>
            <td  class="it">shell:Common Startup</td>
            <td >共通のスタートアップ</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Common Programs</td>
            <td >共通のスタートメニューのプログラム</td>
        </tr>
        <tr>
            <td  class="it">shell:Common Administrative Tools</td>
            <td >共通の管理ツール</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:ProgramFiles</td>
            <td >&nbsp;</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:ProgramFilesCommon</td>
            <td >&nbsp;</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Common Desktop</td>
            <td >パブリックのデスクトップ</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Common Documents</td>
            <td >パブリックのドキュメント</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:CommonDownloads</td>
            <td >パブリックのダウンロード</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:CommonMusic</td>
            <td >パブリックのミュージック</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:CommonPictures</td>
            <td >パブリックのピクチャ</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:CommonVideo</td>
            <td >パブリックのビデオ</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Libraries</td>
            <td >ライブラリ</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:UsersLibrariesFolder</td>
            <td >ライブラリ</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:DocumentsLibrary</td>
            <td >ドキュメント</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:MusicLibrary</td>
            <td >ミュージック</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:PicturesLibrary</td>
            <td >ピクチャ</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:VideosLibrary</td>
            <td >ビデオ</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:UserProfiles</td>
            <td >&nbsp;</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Profile</td>
            <td >ユーザーのフォルダー</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:UsersFilesFolder</td>
            <td >ユーザーのフォルダー</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Contacts</td>
            <td >ユーザーのアドレス帳</td>
        </tr>
        <tr>
            <td  class="it">shell:Downloads</td>
            <td >ユーザーのダウンロード</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Favorites</td>
            <td >ユーザーのIEのお気に入り</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Links</td>
            <td >ユーザーのリンク<br>
            (エクスプローラーのお気に入り)</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:My Music</td>
            <td >ユーザーのマイ ミュージック</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:My Pictures</td>
            <td >ユーザーのマイ ピクチャ</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:My Video</td>
            <td >ユーザーのマイ ビデオ</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Personal</td>
            <td >ユーザーのマイ ドキュメント</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:SavedGames</td>
            <td >保存したゲーム</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Searches</td>
            <td >ユーザーの検索</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Public</td>
            <td >パブリックのユーザーのフォルダー</td>
        </tr>
        <tr>
            <td  class="it">shell:Windows</td>
            <td >&nbsp;</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:Fonts</td>
            <td >フォント</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:ResourceDir</td>
            <td >テーマ リソース フォルダー</td>
        </tr>
        <tr>
            <td  class="it">shell:System</td>
            <td >&nbsp;</td>
        </tr>
        <tr>
            <td  class="it">shell:Desktop</td>
            <td >デスクトップ</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:HomeGroupFolder</td>
            <td >ホームグループ</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:MyComputerFolder</td>
            <td >コンピューター</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:NetworkPlacesFolder</td>
            <td >ネットワーク</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:RecycleBinFolder</td>
            <td >ごみ箱</td>
        </tr>
        <tr>
            <td >shell:SearchHomeFolder</td>
            <td >検索結果</td>
        </tr>
    </tbody>
</table></DIV>


</body>
</html>


実際に運用で使用する場合は、プロパティから『許可する』に設定しておいたほうが良いでしょう






【Windowsの最新記事】
posted by lightbox at 2019-01-15 16:48 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Explorer.exe で呼び出すフォルダの一覧を取得する / VBScript で HTML に table で書きだす / この記事では table のパスをクリップボードにコピーできます。



例えば、「既定のプログラム」を呼び出すには以下のように指定します。
( REM はバッチファイルのコメントです。行をあける為にだけ使用しています )

▼ こちらでは、コマンドライン全てをコピーできます
Explorer.exe のコマンドライン を使用して CLSID で特殊フォルダを開く

REM
REM
REM
explorer ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{17CD9488-1228-4B2F-88CE-4298E93E0966}

この場合の「::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{17CD9488-1228-4B2F-88CE-4298E93E0966}」
は get_shell_folder.zip 内の get_control_info_0.wsf で取得できます。

または、エクスプローラのアドレスに直接入力でも殆どが実行できます。

1) get_control_info_0.wsf

▼ パス部分をクリックするとクリップボヘードへコピーします
名称 タイプ パス
1 電源オプション ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{025A5937-A6BE-4686-A844-36FE4BEC8B6D}
2 NVIDIA コントロール パネル ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{0BBCA823-E77D-419E-9A44-5ADEC2C8EEB0}
3 タスク バーとナビゲーション ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{0DF44EAA-FF21-4412-828E-260A8728E7F1}
4 資格情報マネージャー ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{1206F5F1-0569-412C-8FEC-3204630DFB70}
5 既定のプログラム ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{17CD9488-1228-4B2F-88CE-4298E93E0966}
6 RemoteApp とデスクトップ接続 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{241D7C96-F8BF-4F85-B01F-E2B043341A4B}
7 Windows Defender ファイアウォール ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{4026492F-2F69-46B8-B9BF-5654FC07E423}
8 電話とモデム ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{40419485-C444-4567-851A-2DD7BFA1684D}
9 音声認識 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{58E3C745-D971-4081-9034-86E34B30836A}
10 ユーザー アカウント ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{60632754-C523-4B62-B45C-4172DA012619}
11 地域 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{62D8ED13-C9D0-4CE8-A914-47DD628FB1B0}
12 マウス ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{6C8EEC18-8D75-41B2-A177-8831D59D2D50}
13 エクスプローラーのオプション ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{6DFD7C5C-2451-11D3-A299-00C04F8EF6AF}
14 キーボード ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{725BE8F7-668E-4C7B-8F90-46BDB0936430}
15 デバイス マネージャー ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{74246BFC-4C96-11D0-ABEF-0020AF6B0B7A}
16 プログラムと機能 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{7B81BE6A-CE2B-4676-A29E-EB907A5126C5}
17 インデックスのオプション ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{87D66A43-7B11-4A28-9811-C86EE395ACF7}
18 Windows To Go ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{8E0C279D-0BD1-43C3-9EBD-31C3DC5B8A77}
19 ネットワークと共有センター ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{8E908FC9-BECC-40F6-915B-F4CA0E70D03D}
20 記憶域 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{F942C606-0914-47AB-BE56-1321B8035096}
21 自動再生 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{9C60DE1E-E5FC-40F4-A487-460851A8D915}
22 同期センター ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{9C73F5E5-7AE7-4E32-A8E8-8D23B85255BF}
23 回復 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{9FE63AFD-59CF-4419-9775-ABCC3849F861}
24 赤外線 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{A0275511-0E86-4ECA-97C2-ECD8F1221D08}
25 インターネット オプション ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{A3DD4F92-658A-410F-84FD-6FBBBEF2FFFE}
26 デバイスとプリンター ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{A8A91A66-3A7D-4424-8D24-04E180695C7A}
27 色の管理 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{B2C761C6-29BC-4F19-9251-E6195265BAF1}
28 バックアップと復元 (Windows 7) ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{B98A2BEA-7D42-4558-8BD1-832F41BAC6FD}
29 システム ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{BB06C0E4-D293-4F75-8A90-CB05B6477EEE}
30 セキュリティとメンテナンス ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{BB64F8A7-BEE7-4E1A-AB8D-7D8273F7FDB6}
31 フォント ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\フォント
32 トラブルシューティング ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{C58C4893-3BE0-4B45-ABB5-A63E4B8C8651}
33 管理ツール C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Administrative Tools
34 コンピューターの簡単操作センター ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{D555645E-D4F8-4C29-A827-D93C859C4F2A}
35 BitLocker ドライブ暗号化 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{D9EF8727-CAC2-4E60-809E-86F80A666C91}
36 日付と時刻 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{E2E7934B-DCE5-43C4-9576-7FE4F75E7480}
37 ワーク フォルダー ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{ECDB0924-4208-451E-8EE0-373C0956DE16}
38 サウンド ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{F2DDFC82-8F12-4CDD-B7DC-D4FE1425AA4D}
39 ファイル履歴 ::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{F6B6E965-E9B2-444B-9286-10C9152EDBC5}

get_desktop_info.wsf
<JOB>
<SCRIPT language="VBScript">
bFlg = True

' 必要なオブジェクト
Set Fs = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )
Set WshShell = CreateObject( "WScript.Shell" )
Set Shell = CreateObject( "Shell.Application" )

' ファイル
strPath = "Desktop_info.htm"
Set OutFile = Fs.OpenTextFile( strPath, 2, True )

' HTML 骨格部分
OutFile.WriteLine "<HTML><HEAD><TITLE>ProcessList</TITLE>"
OutFile.WriteLine "<META http-equiv=""Content-Type"" content=""text/html; charset=shift_jis"">"
OutFile.WriteLine "<STYLE type=""text/css"">* { font-size:12px;}</STYLE>"
OutFile.WriteLine "</HEAD><BODY>"
OutFile.WriteLine "<TABLE>"
OutFile.WriteLine "<TR>"

OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap></TH>"
OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap>名称</TH>"
OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap>タイプ</TH>"
OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap>パス</TH>"
if bFlg then
	OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap>説明</TH>"
end if

OutFile.WriteLine "</TR>"

' デスクトップ
Set objFolder = Shell.NameSpace( 0 )
' アイテムコレクション
Set objFolderItems = objFolder.Items()

' HTML データ部分
nCnt = 0
For Each item in objFolderItems 
	OutFile.WriteLine "<TR>"
	strCss = ""
	if nCnt Mod 2 = 0 then
		strCss = "style='background-color:#D0D0D0;'"
	end if

	' 連番
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & "><B>" & (nCnt + 1) & "</b></TD>"

	' 詳細データ
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & "><B>" & objFolder.GetDetailsOf(item, 0)  & "</b></TD>"
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & ">" & objFolder.GetDetailsOf(item, 2)  & "</TD>"
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & ">" & item.Path  & "</TD>"

if bFlg then
	on error resume next
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & ">" & objFolder.GetDetailsOf(item, -1)  & "</TD>"
	if Err.Number <> 0 then
		OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & "></TD>"
	end if
	on error goto 0
end if

	OutFile.WriteLine "</TR>"
	nCnt = nCnt + 1
Next 

OutFile.WriteLine "</TABLE></BODY></HTML>"
OutFile.Close

WshShell.Run( "RunDLL32.EXE shell32.dll,ShellExec_RunDLL """ & _
	WshShell.CurrentDirectory & "\" & strPath & """" )
</SCRIPT>
</JOB>


get_control_info_0.wsf
<JOB>
<SCRIPT language="VBScript">
bFlg = False

' 必要なオブジェクト
Set Fs = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )
Set WshShell = CreateObject( "WScript.Shell" )
Set Shell = CreateObject( "Shell.Application" )

' ファイル
strPath = "Control_info_0.htm"
Set OutFile = Fs.OpenTextFile( strPath, 2, True )

' HTML 骨格部分
OutFile.WriteLine "<HTML><HEAD><TITLE>ProcessList</TITLE>"
OutFile.WriteLine "<META http-equiv=""Content-Type"" content=""text/html; charset=shift_jis"">"
OutFile.WriteLine "<STYLE type=""text/css"">* { font-size:12px;}</STYLE>"
OutFile.WriteLine "</HEAD><BODY>"
OutFile.WriteLine "<TABLE>"
OutFile.WriteLine "<TR>"

OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap></TH>"
OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap>名称</TH>"
OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap>タイプ</TH>"
OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap>パス</TH>"
if bFlg then
	OutFile.WriteLine "<TH style='background-color:gray;color:white' nowrap>説明</TH>"
end if

OutFile.WriteLine "</TR>"

' コントロールパネル
Set objFolder = Shell.NameSpace( "::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0" )

' アイテムコレクション
Set objFolderItems = objFolder.Items()

' HTML データ部分
nCnt = 0
For Each item in objFolderItems 
	OutFile.WriteLine "<TR>"
	strCss = ""
	if nCnt Mod 2 = 0 then
		strCss = "style='background-color:#D0D0D0;'"
	end if

	' 連番
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & "><B>" & (nCnt + 1) & "</b></TD>"

	' 詳細データ
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & "><B>" & objFolder.GetDetailsOf(item, 0)  & "</b></TD>"
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & ">" & objFolder.GetDetailsOf(item, 2)  & "</TD>"
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & ">" & item.Path  & "</TD>"
if bFlg then
	on error resume next
	OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & ">" & objFolder.GetDetailsOf(item, -1)  & "</TD>"
	if Err.Number <> 0 then
		OutFile.WriteLine "<TD nowrap " & strCss & "></TD>"
	end if
	on error goto 0
end if

	OutFile.WriteLine "</TR>"
	nCnt = nCnt + 1
Next 

OutFile.WriteLine "</TABLE></BODY></HTML>"
OutFile.Close

WshShell.Run( "RunDLL32.EXE shell32.dll,ShellExec_RunDLL """ & WshShell.CurrentDirectory & "\" & strPath & """" )
</SCRIPT>
</JOB>



タグ:Windows7
posted by lightbox at 2019-01-15 16:10 | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Explorer.exe のコマンドライン を使用して CLSID で特殊フォルダを開く / この記事では table のコマンドラインをクリックするとクリップボードにコピーできます。

Explorer.exe のコマンドライン を使用して、特殊フォルダを開きます

※ REM はバッチファイル内でのコメントです
REM コンピューター
Explorer /e,::{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}

REM ネットワーク
Explorer /e,::{208D2C60-3AEA-1069-A2D7-08002B30309D}

REM マイ ドキュメント
Explorer /e,::{450D8FBA-AD25-11D0-98A8-0800361B1103}

REM コントロールパネル
Explorer /e,::{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\::{21EC2020-3AEA-1069-A2DD-08002B30309D}

REM ごみ箱
Explorer /e,::{645FF040-5081-101B-9F08-00AA002F954E}

REM プリンター
Explorer /e,::{2227A280-3AEA-1069-A2DE-08002B30309D}


コントロールパネル関連の 1

▼ パス部分をクリックするとクリップボヘードへコピーします
名称 パス
1 システムとセキュリティ Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\5
2 ネットワークとインターネット Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\3
3 ハードウェアとサウンド Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\2
4 プログラム Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\8
5 ユーザー アカウント Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\9
6 デスクトップのカスタマイズ Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\1
7 時計と地域 Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\6
8 コンピューターの簡単操作 Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\7
9 すべてのコントロール パネル項目 Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0

コントロールパネル関連の 2

▼ パス部分をクリックするとクリップボヘードへコピーします
名称 パス
1 電源オプション Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{025A5937-A6BE-4686-A844-36FE4BEC8B6D}
2 NVIDIA コントロール パネル Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{0BBCA823-E77D-419E-9A44-5ADEC2C8EEB0}
3 タスク バーとナビゲーション Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{0DF44EAA-FF21-4412-828E-260A8728E7F1}
4 資格情報マネージャー Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{1206F5F1-0569-412C-8FEC-3204630DFB70}
5 既定のプログラム Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{17CD9488-1228-4B2F-88CE-4298E93E0966}
6 RemoteApp とデスクトップ接続 Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{241D7C96-F8BF-4F85-B01F-E2B043341A4B}
7 Windows Defender ファイアウォール Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{4026492F-2F69-46B8-B9BF-5654FC07E423}
8 電話とモデム Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{40419485-C444-4567-851A-2DD7BFA1684D}
9 音声認識 Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{58E3C745-D971-4081-9034-86E34B30836A}
10 ユーザー アカウント Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{60632754-C523-4B62-B45C-4172DA012619}
11 地域 Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{62D8ED13-C9D0-4CE8-A914-47DD628FB1B0}
12 マウス Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{6C8EEC18-8D75-41B2-A177-8831D59D2D50}
13 エクスプローラーのオプション Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{6DFD7C5C-2451-11D3-A299-00C04F8EF6AF}
14 キーボード Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{725BE8F7-668E-4C7B-8F90-46BDB0936430}
15 デバイス マネージャー Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{74246BFC-4C96-11D0-ABEF-0020AF6B0B7A}
16 プログラムと機能 Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{7B81BE6A-CE2B-4676-A29E-EB907A5126C5}
17 インデックスのオプション Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{87D66A43-7B11-4A28-9811-C86EE395ACF7}
18 Windows To Go Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{8E0C279D-0BD1-43C3-9EBD-31C3DC5B8A77}
19 ネットワークと共有センター Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{8E908FC9-BECC-40F6-915B-F4CA0E70D03D}
20 記憶域 Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{F942C606-0914-47AB-BE56-1321B8035096}
21 自動再生 Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{9C60DE1E-E5FC-40F4-A487-460851A8D915}
22 同期センター Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{9C73F5E5-7AE7-4E32-A8E8-8D23B85255BF}
23 回復 Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{9FE63AFD-59CF-4419-9775-ABCC3849F861}
24 赤外線 Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{A0275511-0E86-4ECA-97C2-ECD8F1221D08}
25 インターネット オプション Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{A3DD4F92-658A-410F-84FD-6FBBBEF2FFFE}
26 デバイスとプリンター Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{A8A91A66-3A7D-4424-8D24-04E180695C7A}
27 色の管理 Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{B2C761C6-29BC-4F19-9251-E6195265BAF1}
28 バックアップと復元 Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{B98A2BEA-7D42-4558-8BD1-832F41BAC6FD}
29 システム Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{BB06C0E4-D293-4F75-8A90-CB05B6477EEE}
30 セキュリティとメンテナンス Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{BB64F8A7-BEE7-4E1A-AB8D-7D8273F7FDB6}
31 ファイル履歴 Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{F6B6E965-E9B2-444B-9286-10C9152EDBC5}
32 トラブルシューティング Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{C58C4893-3BE0-4B45-ABB5-A63E4B8C8651}
33 管理ツール Explorer /e,C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Administrative Tools
34 コンピューターの簡単操作センター Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{D555645E-D4F8-4C29-A827-D93C859C4F2A}
35 BitLocker ドライブ暗号化 Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{D9EF8727-CAC2-4E60-809E-86F80A666C91}
36 日付と時刻 Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{E2E7934B-DCE5-43C4-9576-7FE4F75E7480}
37 ワーク フォルダー Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{ECDB0924-4208-451E-8EE0-373C0956DE16}
38 サウンド Explorer /e,::{26EE0668-A00A-44D7-9371-BEB064C98683}\0\::{F2DDFC82-8F12-4CDD-B7DC-D4FE1425AA4D}

関連する記事

Explorer.exe コマンドライン 引数(オプション)

▼ こちらでは、パスのみをコピーできます
Explorer.exe で呼び出すフォルダの一覧を取得する




posted by lightbox at 2019-01-15 15:26 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日


バッチファイルで、任意のファイルを下位ディレクトリ全てにコピーする( または全て削除する )

FOR /D %%変数 IN (セット) DO コマンド [コマンド パラメーター]

    セットがワイルドカードを含む場合は、ファイル名ではなくディレクトリ名
    の一致を指定します。

FOR /R [[ドライブ:]パス] %%変数 IN (セット) DO コマンド [コマンド パラメーター]

    [ドライブ:]パスから始めて、ツリーの各ディレクトリで FOR 文を実行し
    ます。/R の後にディレクトリが指定されていない場合は、現在の
    ディレクトリが使用されます。セットが単一のピリオド (.) である場合は、
    ディレクトリ ツリーの列挙だけを行います。
まず、一階層コピーからです。カレントディレクトリに複数のディレクトリがあって、全てに一つのファイルをコピーしたい場合です。(バッチファイルでは、%i を %%i と書き換えています ) /D : 一階層ディレクトリ ▼ コピーしたいファイルが 001.txt の例
FOR /D %%i IN (*.*) DO (copy 001.txt "%%i")

以下はそれを全て削除する例です
FOR /D %%i IN (*.*) DO (del "%%i\001.txt")

次は、全階層コピーです。全てに一つのファイルをコピーしたい場合です。

/R : 全階層ディレクトリ

※ セットが単一のピリオド (.) である場合はディレクトリ ツリーの列挙
FOR /R %%i IN (.) DO (copy 001.txt "%%i")


全階層の 001.txt を削除します
FOR /R %%i IN (.) DO (del "%%i\001.txt")



ダウンロードしたファイルをエクスプローラから実行する場合は、『許可する』にチェックして『適用』して下さい。



または、『詳細情報』をクリックしてから実行します( 『許可する』と同等  )






コマンドプロンプトから実行する場合は、上記をしなくても使えるようです。

関連する記事

バッチファイルを使用して、全ての階層の特定の種類(例えば *.png)のファイルを別のフォルダへコピーする



posted by lightbox at 2019-01-14 22:08 | コマンドプロンプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バッチファイルを使用して、全ての階層の特定の種類(例えば *.png)のファイルを別のフォルダへコピーする



▲ こんな感じでフォルダがあって、中には .png の画像ファイルがある事が解っています。このフォルダ内にある全ての png 画像を一つの別のフォルダにコピーするバッチファイルを作成します。

FOR /R %%i IN (*.png) DO (copy "%%i" C:\temp\image)
C:\temp\image は、コピー先のフォルダです。"%%i" のダブルクォーテーションは、ファイルのパスに空白が含まれている場合があるので囲う必要があります。(バッチファイルで書く場合は、% は %% に書き換える必要があります)

ダウンロードしたファイルをエクスプローラから実行する場合は、『許可する』にチェックして『適用』して下さい。



または、『詳細情報』をクリックしてから実行します( 『許可する』と同等  )






コマンドプロンプトから実行する場合は、上記をしなくても使えるようです。


関連する記事

コマンドプロンプトで、任意のファイルを下位ディレクトリ全てにコピーする( そして全て削除する )





posted by lightbox at 2019-01-14 21:48 | コマンドプロンプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エクスプローラのフォルダから管理者権限でコマンドプロンプトを開く / 右クリックから『送る』で開く

Set obj = CreateObject("Shell.Application")
Set WshShell = CreateObject( "WScript.Shell" )
obj.ShellExecute "cmd.exe", "/s /k pushd """ & WScript.Arguments(0) & """", "", "runas", 1


保存時のエクスプローラをのアドレスで sendto と入力して保存して下さい。(『送る』フォルダに保存されます )
その後、エクスプローラのフォルダを選択して右クリックで『送る』から 管理者コマンド.vbs を選択します
( 拡張子を表示しない設定では、管理者コマンド と表示されます )








posted by lightbox at 2019-01-14 15:48 | VBS + Shell | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり