SQLの窓

2009年05月30日


CSS : display / vertical-align


.area {
	display: none;
}

img {
	display: block;
}

form {
	display: inline;
}

※ .area : 完全に非表示にしたい場合( 場所も占有しない )場合に none
※ img : 改行を自動的に入れて独立させたい時に block
※ form : アプリケーションで送信エリアが複数必要で改行させたくない場合に inline

▼既存の CSS の影響が出ないように、IFRAME で埋め込んでいます




posted by lightbox at 2009-05-30 17:57 | HTML / CSS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日


VBScript : フォルダの中にある複数テキストファイルの指定した文字列を一括置換

フォルダ内に変換したい対象のテキストファイルをコピーして実行します。

スクリプトは、直接更新を行わず、オリジナルの内容を _org をフォルダ名の後に付けて保存した上で、一括変換します。
Set Fso = CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )

' カレントディレクトリにある対象ディレクトリ
strTarget = "res"

Set objFolder = Fso.GetFolder( strTarget )
objFolder.Name = objFolder.Name & "_org"

on error resume next
Call Fso.CreateFolder(strTarget)
on error goto 0

Set objFiles = objFolder.Files

For each objFile in objFiles
	' フルパス
	strFullPath = Fso.GetAbsolutePathName( strTarget & "_org\" & objFile.Name )
	strFullPath2 = Fso.GetAbsolutePathName( strTarget & "\" & objFile.Name )

	Set InObj = Fso.OpenTextFile( strFullPath, 1 )
	Set OutObj = Fso.OpenTextFile( strFullPath2, 2, True )
	Buffer = InObj.ReadAll
	Buffer = Replace(Buffer,"charset=UTF-8"">","charset=SHIFT_JIS"">")
	OutObj.Write Buffer
	OutObj.Close
	InObj.Close

Next





タグ:VBScript
posted by lightbox at 2009-05-29 13:38 | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日


共有を仮想ドライブとしてマッピング

まず相手先のPCの共有名を確認

( コマンドプロンプトから以下のように入力します )
net view \\pc名

Netview

コンピュータやネットワークのポップアップメニューから実行できますが、ファイル名を指定して実行で以下のようにして接続用のダイアログを表示できます
rundll32.exe shell32.dll,SHHelpShortcuts_RunDLL Connect




「ログオン時に再接続」は、そういう運用を定常的に行う場合にのみ設定します。それ以外は、接続先PCが起動していない場合があります。
\\pc名\共有名
または、
\\pc名\共有名\ディレクトリ名
で接続可能です
posted by lightbox at 2009-05-28 16:12 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり