SQLの窓

2009年07月29日


XN Resource Editor でシステムのプロパティを変更してみました


XN Resource Editor は、exe や dll のリソースデータを変更するアプリケーションですが、どこかの海外のブログでこんな事をやってたようなので、軽い気持ちでやってみました。もちろんオリジナル(SYSDM.CPL)は保存してありますし、古いほうの PC にのっかってる Windows2000 を使ってます。

こんなバカな事は実際やらないほうが良いのですが、専用のパッチが出てもいいと思えるほど便利な変更になったところもあります。

まずは、プロパティの一番手前の画像を変更。
( 海外サイトでは、アンジェリーナ・ジョリーにしてました )


Sysdmdog


で、これはともかくとして以下のは実用的です。


Sysdm


リストビューを広くして、入力フィールドを長く。これで間違えにくいですよね。


関連する記事

XNResourceEditor 3.0.0.1 の日本語化
昔のVB6の.frmから.rcを作って、XNResourceEditor 3.0.0.1で画面イメージを確認する
【改造】 XN Resource Editor で guidgen.exe を日本語化してボタンをメニュー化改造


タグ:お遊び
posted by lightbox at 2009-07-29 03:18 | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日


マイ コンピュータアイコンの表示名を実際のコンピュータ名に自動変更

※ Shell Script としては、最も標準的な使い方のうちの一つです


Const MY_COMPUTER = &H11&

Set objNetwork = CreateObject("Wscript.Network")
strComputer = objNetwork.ComputerName
Set objShell = CreateObject("Shell.Application")
Set objFolder = objShell.Namespace(MY_COMPUTER) 
Set objFolderItem = objFolder.Self
objFolderItem.Name = strComputer



元へ戻すスクリプト(コンピュータに変更) 


タグ:Shell Script
posted by lightbox at 2009-07-25 13:08 | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日


PHP : ユニークなキーの取得

uniqid という単純な関数で取得できます。

結果例 : 4a60afd294c67

これは、マイクロ秒( 100万分の1秒 ) を元にしているらしいので、十分にユニークです。ほぼこれ以上を気にする必要はありません。

マニュアルには、第一引数の説明として、prefix というものがありますが、これは複数のサーバで同時に実行される場合同じになる可能性が( ほんのほんの少しだけ、殆ど無い ) あるので用意されているだけで、同一サーバの同一処理系で利用しても意味ありません。

また、第二引数としてさらにユニークにするオプションがありますが

実行例 : print uniqid("",true);
結果例 : 4a60b0dd16e413.58317420

通常そこまでする必要はありません。
( どうしても気になるのであれば使用すればいいと思います )

さらに、$token = md5(uniqid()); というサンプルがありますが、これはセッション等のセキュリティ上の問題を回避する為の手法であり、ユニークキーを作成する事だけが目的の場合は必要ありません。


uniqid(); で十分です。


サーバ側で使うのであれば、そのid の存在チェックを行ってから使うほうが現実的ですね。
( DB ならば、RDBMS 内にそういうユニークキー作成機能があるのでそちらを使用します )




posted by lightbox at 2009-07-18 02:10 | PHP + ベーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり