SQLの窓

2010年11月26日


JavaSctipt : ユーザ用(名前空間付き)イベント追加メソッドの作成

IE9 になると、addEventListener が追加されますが、それまでは以下のような
実装が一般的です。但し、既存の他の関数名と同じにならないように
"lightboxTool" という名前空間を作成しています。
if ( !window['lightboxTool'] ) {
	window.lightboxTool = {};
}
lightboxTool.addEvent = function( obj, evt, callback_func ) {
	if ( obj.attachEvent ) {
		obj.attachEvent( "on" + evt , callback_func );
	}
	else {
		obj.addEventListener( evt , callback_func , false );
	}
}

以下は、ウインドウのロードとアンロード時のイベントの登録です。
( Opera の unload では、ページを移動した時に実行されます )
function window_load() {
	alert("window_load");
}
function window_unload() {
	alert("window_unload");
}
lightboxTool.addEvent(window, 'load', window_load);
lightboxTool.addEvent(window, 'unload', window_unload);



タグ:JavaSctipt
posted by lightbox at 2010-11-26 14:38 | JavaScript DOM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日


Firefox でのクッキーのメンテナンス( 標準で利用できるツールの場合 )

標準で利用できるツールで可能なのは、クッキーエントリ単位の削除です。
そのドメイン単位で全て削除も可能ですし、Firefox 全体も可能です。

標準で利用できるツールは、オプションから「プライバシー」タブを開いて
「Cookie を個別に削除」をクリックします。
( ※ 上部のコンボボックスが、「履歴を記憶させる」とした場合です )

Firefox_cookie_tool0
※ 「履歴を一切記憶させない」にすると、利用できません。
※ 「記憶させる履歴を詳細設定する」にすると、「Cookieを表示」ボタンが現れます

※ このウインドウは単独で動作するので、一つ前のオプションウインドウを閉じる事ができます
Firefox_cookie_tool

ページ単位で一括削除はできないので、選択して詳細を表示させて、パス
を確認しなが削除が可能です。このウインドウは、FirebugFirecookie
からも起動できます。

Firefox_cookie_tool2

有効期限が指定されない、「セッション終了時」に削除されるクッキー
を作成した後表示させるには、ツリーをいったん閉じてからもう一度
開いて下さい。

Firefox_cookie_tool3

Firefox_cookie_tool4


関連する記事

Firefox で簡単にクッキーを削除する方法


posted by lightbox at 2010-11-17 10:15 | Firefox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日


Firefox で簡単にクッキーを削除する方法

Firebug をインストールしてから、Firecookie をインストールします。

Ie_cookie2
Cookies タブで Firecookie を有効にします


Ie_cookie3
Cookies メニューでは一括で表示しているクッキーを全て削除できます


Ie_cookie4
右クリックで個別に削除できます。


関連する記事

IEのクッキーをドメイン単位で削除する方法


posted by lightbox at 2010-11-12 13:44 | Firefox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり