SQLの窓

2011年01月24日


prototype.js で使っていたのをさらに短縮した IE かどうかの判断。

prototype.js が内部で使っているブラウザの判定は、
Prototype.Browser プロパティで行いますが、個別のブラウザで判断せずに
仕様別で判断しています。( 内部で使う為ですし )

ですが、もちろん外部からも使えるわけです。ただ実装がちょっと変わっていて、
Prototype.Browser という プロパティに 無名 function の 戻り値をセット
していて、しかもその戻り値がオブジェクトになっているので、IE かどうかは、

if ( Prototype.Browser.IE ) {
	// IE の処理
}

というふうに判定します。
その他の種別として、Opera、WebKit、Gecko、MobileSafari となります。

その中の IE の判定が結構重要なので、prototype.js が無くても使えるように
考えてみたのが以下の記述です。
!!window.attachEvent && !window.opera


posted by lightbox at 2011-01-24 17:31 | prototype.js | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日


Safari : キャッシュの削除 ( Windows )



CTRL + ALT + E


他の保存関連の削除と共に一括で削除する方法もあります





未確認情報

以下のスクリプトで Safari のデーターベースのあるディレクトリを開く事が
できます。Safari を実行中は更新できませんが、Safari 終了後に削除すると
実行すると再作成されるようです。

Safari のキャッシュが登録されているっぽいDatabase(sqlite3)のあるディレクトリ



タグ:キャッシュ
posted by lightbox at 2011-01-16 20:13 | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日


-ms-transform と filter: の rotation を同時に使うと IE9(Platform Preview 7) が異常終了しました

あいうえお
§ ± ÷ Е Э
文字単位の回転 CSS をテストして発生しました。
結局、IE専用 の条件コメント(バージョン ベクタ) を使って以下のように記述します
<style type="text/css">
.rotation270 {
	/* 回転 : cos sin -sin cos : Y軸下向きが正 */
	-moz-transform:matrix(0, 1, -1, 0, 0, 0);
	-webkit-transform:matrix(0, 1, -1, 0, 0, 0);
	-o-transform:matrix(0, 1, -1, 0, 0, 0);
	-ms-transform:matrix(0, 1, -1, 0, 0, 0);
	transform:matrix(0, 1, -1, 0, 0, 0);
	display: inline-block; 
}
</style>
<!--[if lte IE 8]>
<style type="text/css">
.rotation270 {
	filter: progid:DXImageTransform.Microsoft.BasicImage(rotation=1);
}
</style>
<![endif]-->

あいう<span class="rotation270">▲</span>えお
<span class="rotation270">★</span>
<span class="rotation270">〒</span>
<span class="rotation270">§</span>
<span class="rotation270">±</span>
<span class="rotation270">÷</span>
<span class="rotation270">$</span>
<span class="rotation270">?</span>
<span class="rotation270">Е</span>
<span class="rotation270">Э</span>
IE9(Platform Preview 7) では、ALT-9 で IE9 のドキュメント
モードに強制変更する必要があります。


posted by lightbox at 2011-01-13 13:07 | IE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり