SQLの窓

2011年07月29日


JavaScript と VBScript のカラーコード(#RRGGBB)の文字列と数値間の相互変換

とても短いコードですが、「ええ・・・と」となりそうな内容なので。

JavaScript
var color_code = "#123456";

alert(parseInt(color_code.replace("#","0x")))

var color_num = 1193046;

alert("#"+color_num.toString(16));
VBScript
color_code = "#123456"

MsgBox Clng(Replace(color_code,"#", "&H") )

color_num = 1193046

MsgBox("#" & Hex(color_num))
CLng 関数


posted by lightbox at 2011-07-29 13:30 | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アマゾンの API 情報を使って、「カートに入れる(カートに追加する商品をご確認する)」ボタンを作成

アマゾンProduct Advertising APIの仕様変更について の裏付けを
する為に、「AssociateTag」の説明を Amazon のサイト内で探して
したら見つけたので使ってみました。

商品リンクは、Amazon で普通に取得したものに、target="_blank"
を追加して、FORM 内のコードは見やすいように整形しています。

※ いきなりカートに入るのでは無く、その前の確認ページに移動します。

※ AssociateTag は、このページの内容でのみ、xxxxxxxxx-22 のアソシエイトID
※ である事が明示される不思議なキーワードではあります。
Amazon アソシエイト(アフィリエイト) - ヘルプ
<div style='margin-bottom:10px;'>
<a 
	target="_blank"
	href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0057UCZ9W/ref=as_li_tf_il?ie=UTF8&tag=argusobnurd-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B0057UCZ9W"
><img
	border="0"
	src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL160_&ASIN=B0057UCZ9W&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=argusobnurd-22&ServiceVersion=20070822" 
></a><img
	src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=argusobnurd-22&l=as2&o=9&a=B0057UCZ9W"
	width="1"
	height="1"
	border="0"
	alt=""
	style="border:none !important; margin:0px !important;" 
/>
</div>
<form
	method="post"
	action="http://www.amazon.co.jp/gp/aws/cart/add.html"
	target="_blank"
> <input
	type="hidden"
	name="ASIN.1"
	value="B0057UCZ9W"
> <input
	type="hidden"
	name="Quantity.1"
	value="1"
> <input
	type="hidden"
	name="AssociateTag"
	value="argusobnurd-22"
> <input
	type="hidden"
	name="SubscriptionId"
	value="168P7RR9AR9M79PKR4G2"
> <input
	type="image"
	name="submit.add-to-cart"
	src="http://rcm-images.amazon.com/images/G/09/extranet/associates/buttons/remote-buy-jp1.gif"
	alt="amazon.co.jp で買う"
></form>
SubscriptionId は、昔は表に出すとまずかったですが、今はそれ
だけでは API が使え無いので、少なくとも 2010-09-01 以降に使
えるようになったのだと思います。


タグ:API : Amazon
posted by lightbox at 2011-07-29 00:05 | API | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日


アマゾンProduct Advertising APIの仕様変更について

メールで通知が来ました。
全てのAPIへのリクエストにおいて、AssociateTagが必須パラメータとなり、
リクエスト処理時の確認対象となります。
つまり、Amazon としては、API を使っている開発者のリンクに AssociateTag が含まれていない事が多々あるので、無い場合は紹介料が払えない(心苦しい)とい うような意味のようなのですが、そういえば付けて無かったので、付けてみました。 すると、IFRAME 内のレビューページのリンクにも全て AssociateTag が付加され ました。自分が使っているコードは以下の二つなので、単純に追加しただけです。 (PHP)Amazon アソシエイト Web サービスの名称変更および署名認証の期限が近づいて来たので (Perl)Amazon署名認証をPerlでやる必要のある人向け簡単なサンプルと配置方法
$req =
	"http://webservices.amazon.co.jp/onca/xml?" .
	"Service=AWSECommerceService&" .
	"AWSAccessKeyId=$SubscriptionId&" .
	"Version=2010-09-01&" . 
	"Operation=ItemLookup&" .
	"ResponseGroup=Large&" .
	"AssociateTag=argusobnurd-22&" .
	"ItemId={$_GET['code']}";

my %pkv;
$pkv{'Service'} = 'AWSECommerceService';
$pkv{'SubscriptionId'} = $SubscriptionId;
$pkv{'Operation'} = 'ItemLookup';
$pkv{'Version'} = '2010-09-01';
$pkv{'ResponseGroup'} = 'Large';
$pkv{'ItemId'} = $_POST{'ISBN'};
$pkv{"Timestamp"} = strftime("%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ", gmtime);
$pkv{'AssociateTag'} = 'argusobnurd-22';

Product Advertising API

メールには上記リンクで詳細を確認して下さいとのこと。

要約すると。

★ 2011年10月26日に適用される。
★ 全てのAPIへのリクエストにおいて、有効なAssociate Tagが必須
★ ellerLookup,SellerListingLookup,SellerListingSearch オペレーションは廃止。
★ ItemSearch オペレーションにおいて、ItemPage パラメータの最大値は従来の400から10に変更。
★ ItemAttributes レスポンスグループ: 一部のItemAttributes 要素は廃止。
★ Offers: オファー要素は、最も頻繁に使用されるケースに集約されます。

です。

関連仕様ページ

共通のリクエストパラメータ


タグ:API : Amazon
posted by lightbox at 2011-07-28 22:59 | API | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日


CSS3 の borderRadius で、四角から円へのモーフィング

400 x 400 の四角形なので、200 で円になると思ったら、太さのぶんを
指定した値から引いて半径にしているような感じです。

IE9 でまだテストできていません。
Opera はアニメーションしませんでした。
▼ このコードをソースコードから実行してみる
<style type="text/css">
#my_box_radius {
	width:400px;
	height:400px;

	-webkit-transition: all 5s ease;
	-moz-transition: all 5s ease;
	-o-transition: all 5s ease;
	-ms-transition: all 5s ease;
	transition: all 5s ease;

	border:40px #000 solid;
}
</style>
<script type="text/javascript">
function my_action_radius() {

	var obj = document.getElementById("my_box_radius");
	obj.style.borderRadius = "240px";
}
</script>

<input type="button" value="実行" onclick="my_action_radius();">
<div id="my_box_radius"></div>

以下は、margin に対して指定してみたのですが、効果は太さと色に対して
現れますが、スタイルはすぐ変更されます。ただ、サイズが変更されるに従
って、点線が動く事になります。
Firefox と Chrome で点線の動き方が違います。
※ Firefox のほうが望ましい動きをします


posted by lightbox at 2011-07-24 01:24 | CSS3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

jQuery のイベント登録。.bind() で総合的に基本路線

オブジェクトで複数のイベントを一度に登録していますが、一つづつ登録
しても同じ事です。ただ、大は小を兼ねるのでこの方法をまず最初に頭に
入れておくといいと思います。また、関数内で必ずしも jQuery のオブジ
ェクトを使う必要も無いので、this を直接使用しています


▼ このコードをソースコードから実行してみる
<script type="text/javascript" src="jquery-1.6.2.min.js"></script> 
<div id="jq_test_dev1" style='width:100px;height:100px;border:solid 1px #000'></div>
<script type="text/javascript">
$('#jq_test_dev1').bind( 
	{
		click: function() {
			alert("click");
		},
		mouseenter: function() {
			this.style.backgroundColor = '#555';
			this.style.cursor = 'pointer';
		},
		mouseleave: function() {
			this.style.backgroundColor = '#AAA';
			this.style.cursor = 'arrow';
		}
	}
);
</script>


posted by lightbox at 2011-07-24 00:27 | メソッド:jQuery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日


jQuery の .text('値') と .html() で HTMLエンティティに変換

jQuery の .text や .html は動作としては、.val と同じですが、.text も .html も
開始タグから終了タグまでの内容を取りだしたり設定したりします。

ただ、それぞれ用途が違うので注意が必要ですが、text('値') で、HTML 上で表示したい
 HTML のコードを設定して、.html() で取り出すと、文字列としては特殊文字として取得
する事ができます。

ですから、それを再度 .text('値') で設定すれば、HTMLエンティティを表示する事ができ
ます

※ 逆に、.html('値') で HTML のソースコードを設定して、.text() で取り出すと、HTML
※ 部分が取り除かれた文字列になります。
<script type="text/javascript">
// < > & を &lt; &gt; &amp; に変換
function action3() {

	$('#cnv').text('<b>強調</b> a <= 1 &&');
	$('#result').val( $('#cnv').html() );

// textarea は、val でも text でも良い。
//	$('#result').text( $('#cnv').html() );

}
</script>
<input type="button" value="実行" onclick='action3();' />
<br />
<div id="cnv" style='display:none'></div>
<textarea id="result" style='width:300px;height:100px;'></textarea>
<input type='button' value='BODY文字列を取得' onclick='alert($("body").text());'/>




posted by lightbox at 2011-07-22 20:06 | メソッド:jQuery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり