SQLの窓

2011年07月29日


JavaScript と VBScript のカラーコード(#RRGGBB)の文字列と数値間の相互変換

とても短いコードですが、「ええ・・・と」となりそうな内容なので。

JavaScript
var color_code = "#123456";

alert(parseInt(color_code.replace("#","0x")))

var color_num = 1193046;

alert("#"+color_num.toString(16));
VBScript
color_code = "#123456"

MsgBox Clng(Replace(color_code,"#", "&H") )

color_num = 1193046

MsgBox("#" & Hex(color_num))
CLng 関数


posted by lightbox at 2011-07-29 13:30 | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アマゾンの API 情報を使って、「カートに入れる(カートに追加する商品をご確認する)」ボタンを作成

アマゾンProduct Advertising APIの仕様変更について の裏付けを
する為に、「AssociateTag」の説明を Amazon のサイト内で探して
したら見つけたので使ってみました。

商品リンクは、Amazon で普通に取得したものに、target="_blank"
を追加して、FORM 内のコードは見やすいように整形しています。

※ いきなりカートに入るのでは無く、その前の確認ページに移動します。

※ AssociateTag は、このページの内容でのみ、xxxxxxxxx-22 のアソシエイトID
※ である事が明示される不思議なキーワードではあります。
Amazon アソシエイト(アフィリエイト) - ヘルプ
<div style='margin-bottom:10px;'>
<a 
	target="_blank"
	href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0057UCZ9W/ref=as_li_tf_il?ie=UTF8&tag=argusobnurd-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B0057UCZ9W"
><img
	border="0"
	src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL160_&ASIN=B0057UCZ9W&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=argusobnurd-22&ServiceVersion=20070822" 
></a><img
	src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=argusobnurd-22&l=as2&o=9&a=B0057UCZ9W"
	width="1"
	height="1"
	border="0"
	alt=""
	style="border:none !important; margin:0px !important;" 
/>
</div>
<form
	method="post"
	action="http://www.amazon.co.jp/gp/aws/cart/add.html"
	target="_blank"
> <input
	type="hidden"
	name="ASIN.1"
	value="B0057UCZ9W"
> <input
	type="hidden"
	name="Quantity.1"
	value="1"
> <input
	type="hidden"
	name="AssociateTag"
	value="argusobnurd-22"
> <input
	type="hidden"
	name="SubscriptionId"
	value="168P7RR9AR9M79PKR4G2"
> <input
	type="image"
	name="submit.add-to-cart"
	src="http://rcm-images.amazon.com/images/G/09/extranet/associates/buttons/remote-buy-jp1.gif"
	alt="amazon.co.jp で買う"
></form>
SubscriptionId は、昔は表に出すとまずかったですが、今はそれ
だけでは API が使え無いので、少なくとも 2010-09-01 以降に使
えるようになったのだと思います。


タグ:API : Amazon
posted by lightbox at 2011-07-29 00:05 | API | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日


アマゾンProduct Advertising APIの仕様変更について

メールで通知が来ました。
全てのAPIへのリクエストにおいて、AssociateTagが必須パラメータとなり、
リクエスト処理時の確認対象となります。
つまり、Amazon としては、API を使っている開発者のリンクに AssociateTag が含まれていない事が多々あるので、無い場合は紹介料が払えない(心苦しい)とい うような意味のようなのですが、そういえば付けて無かったので、付けてみました。 すると、IFRAME 内のレビューページのリンクにも全て AssociateTag が付加され ました。自分が使っているコードは以下の二つなので、単純に追加しただけです。 (PHP)Amazon アソシエイト Web サービスの名称変更および署名認証の期限が近づいて来たので (Perl)Amazon署名認証をPerlでやる必要のある人向け簡単なサンプルと配置方法
$req =
	"http://webservices.amazon.co.jp/onca/xml?" .
	"Service=AWSECommerceService&" .
	"AWSAccessKeyId=$SubscriptionId&" .
	"Version=2010-09-01&" . 
	"Operation=ItemLookup&" .
	"ResponseGroup=Large&" .
	"AssociateTag=argusobnurd-22&" .
	"ItemId={$_GET['code']}";

my %pkv;
$pkv{'Service'} = 'AWSECommerceService';
$pkv{'SubscriptionId'} = $SubscriptionId;
$pkv{'Operation'} = 'ItemLookup';
$pkv{'Version'} = '2010-09-01';
$pkv{'ResponseGroup'} = 'Large';
$pkv{'ItemId'} = $_POST{'ISBN'};
$pkv{"Timestamp"} = strftime("%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ", gmtime);
$pkv{'AssociateTag'} = 'argusobnurd-22';

Product Advertising API

メールには上記リンクで詳細を確認して下さいとのこと。

要約すると。

★ 2011年10月26日に適用される。
★ 全てのAPIへのリクエストにおいて、有効なAssociate Tagが必須
★ ellerLookup,SellerListingLookup,SellerListingSearch オペレーションは廃止。
★ ItemSearch オペレーションにおいて、ItemPage パラメータの最大値は従来の400から10に変更。
★ ItemAttributes レスポンスグループ: 一部のItemAttributes 要素は廃止。
★ Offers: オファー要素は、最も頻繁に使用されるケースに集約されます。

です。

関連仕様ページ

共通のリクエストパラメータ


タグ:API : Amazon
posted by lightbox at 2011-07-28 22:59 | API | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり