SQLの窓

2011年09月30日


javamail 1.4.4 : IMAP で、ユーザから別のユーザへメッセージを全て(範囲指定で)コピーする

javamail は こちら(Oracle)からダウンロードします

ダウンロードして解凍すると、サンプルが demo ディレクトリにあります。
その中の copier.java に日本語でコメントを入れてもう少し解りやすく
改造したものです。

サンプルは、URLName で接続していましたが、ユーザ間のコピーのほうが
解りやすいので変更しています。
import java.util.*;
import java.io.*;
import javax.mail.*;
import javax.mail.event.*;
import javax.activation.*;

import com.sun.mail.imap.*;

public class Main {

	private MyTool out = new MyTool(">>>");

	// *****************************************************
	// エントリポイント
	// *****************************************************
	public static void main(String[] args) {
		Main thisClass = new Main();
	}

	// *****************************************************
	// コンストラクタ
	// *****************************************************
	public Main() {
		super();
		my_acton();
	}

	// *****************************************************
	// 初期処理
	// *****************************************************
	private void my_acton() {

		out.println("処理開始");

		try {
			Properties props = System.getProperties();
	
			// セッションオブジェクトの取得
			Session session = Session.getInstance(props, null);
			// session.setDebug(true);
	
			// Store オブジェクトの取得
			Store store = session.getStore("imap");
	
			// 接続
			store.connect("サーバー", "ユーザ", "パスワード");

			// 現在のユーザのフォルダオブジェクトを取得
			Folder[] folders = store.getPersonalNamespaces(); 
			for (int index = 0; index < folders.length; index++) { 
				// さくらインターネットでは、INBOX 一つ
				out.println(folders[index].getFullName());
			} 

			// フォルダの存在チェック
			Folder folder = folders[0];		// INBOX
			if (folder == null || !folder.exists()) {
				out.println("Invalid folder");
				System.exit(1);
			}

			// URL の内容を表示
			out.println( folder.getURLName().toString() );

			// フォルダを開く
			folder.open(Folder.READ_WRITE);

			int m_cnt = folder.getMessageCount();

			if (m_cnt == 0) {
				out.println("メッセージが存在しません");
				folder.close(false);	// true では、メッセージは全て削除
				store.close();
				System.exit(0);
			}

			out.println("メッセージ件数 : " + m_cnt);

			Store store2 = session.getStore("imap");
	
			// 別ユーザに接続
			store2.connect("サーバー", "別のユーザ", "別のユーザのパスワード");

			// 別ユーザのフォルダオブジェクト
			Folder[] folders_2 = store2.getPersonalNamespaces(); 
			Folder dfolder = folders_2[0];
			if (!dfolder.exists()) {
				out.println("出力先フォルダが存在しません");
				folder.close(false);
				store.close();
				System.exit(0);
			}

			// コピーするメッセージの範囲を作成
			// Message[] msgs = folder.getMessages(2, 4); // 範囲指定
			Message[] msgs = folder.getMessages();	// 全てのメッセージ

			// メッセージのコピー
			folder.copyMessages(msgs, dfolder);

			folder.close(false);
			store.close();

		} catch (Exception ex) {
			ex.printStackTrace();
		}

		out.println("処理終了");


	}

	// *****************************************************
	// 内部用クラス
	// *****************************************************
	private class MyTool {

		private String mark = null;

		MyTool(String pm) {
			mark = pm;
		}

		public void println(String str) {
			System.out.println( this.mark + str );
		}

	}

}

メッセージの取得には、単一メッセージの取得もあります。


posted by lightbox at 2011-09-30 21:17 | java : 通信関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

javamail 1.4.4 : IMAP のメール受信イベントでメールを受け取ったら処理を行う

javamail は こちら(Oracle)からダウンロードします

ダウンロードして解凍すると、サンプルが demo ディレクトリにあります。
その中の monitor.java に日本語でコメントを入れてもう少し解りやすく
改造したものです
import java.util.*;
import java.io.*;
import javax.mail.*;
import javax.mail.event.*;
import javax.activation.*;

import com.sun.mail.imap.*;

public class Main {

	private MyTool out = new MyTool(">>>");

	// *****************************************************
	// エントリポイント
	// *****************************************************
	public static void main(String[] args) {
		Main thisClass = new Main();
	}

	// *****************************************************
	// コンストラクタ
	// *****************************************************
	public Main() {
		super();
		my_acton();
	}

	// *****************************************************
	// 初期処理
	// *****************************************************
	private void my_acton() {

		out.println("処理開始");

		try {
			Properties props = System.getProperties();
	
			// セッションオブジェクトの取得
			Session session = Session.getInstance(props, null);
			// session.setDebug(true);
	
			// Store オブジェクトの取得
			Store store = session.getStore("imap");
	
			// 接続
			store.connect("サーバー", "ユーザー", "パスワード");

			// 現在のユーザのフォルダオブジェクトを取得
			Folder[] folders = store.getPersonalNamespaces(); 
			for (int index = 0; index < folders.length; index++) { 
				// さくらインターネットでは、INBOX 一つ
				out.println(folders[index].getFullName());
			} 

			// フォルダの存在チェック
			Folder folder = folders[0];		// INBOX
			if (folder == null || !folder.exists()) {
				out.println("Invalid folder");
				System.exit(1);
			}

			// URL の内容を表示
			out.println( folder.getURLName().toString() );

			// フォルダを開く
			folder.open(Folder.READ_WRITE);

			// 新しいメールを受信すると呼び出されるイベントの登録
			folder.addMessageCountListener(new MessageCountAdapter() {
				public void messagesAdded(MessageCountEvent ev) {
					Message[] msgs = ev.getMessages();
					out.println(msgs.length + "件の新しいメッセージを取得しました");
		
					// メーセージ内容の表示
					for (int i = 0; i < msgs.length; i++) {
						try {
							out.println("-----");
							out.println("Message " + msgs[i].getMessageNumber() + ":");
							// メッセージをコンソールに書き込み
							msgs[i].writeTo(System.out);
						} catch (IOException ioex) { 
							ioex.printStackTrace();	
						} catch (MessagingException mex) {
							mex.printStackTrace();
						}
					}
				}
			});

			// メッセージ待ち処理
			int freq = 5000;	// idle できない場合の、スリープ間隔(ミリ秒)
			boolean supportsIdle = false;
			try {
				if (folder instanceof IMAPFolder) {
					IMAPFolder f = (IMAPFolder)folder;
					out.println("IDLE を開始します");
					f.idle();
					supportsIdle = true;
				}
			} catch (FolderClosedException fex) {
				throw fex;
			} catch (MessagingException mex) {
				supportsIdle = false;
			}

			// IDLE がサポートされていない場合の処理と、それと同時に
			// メッセージを受け取って、IDLE が一旦終了された時の為の継続ループ処理
			while (true) {
				if (supportsIdle && folder instanceof IMAPFolder) {
					out.println("IDLE 中です");
					IMAPFolder f = (IMAPFolder)folder;
					f.idle();
				}
				else {
					out.println("sleep します");
					Thread.sleep(freq);
		
					// イベントを起動する為にこちらから呼び出し処理
					folder.getMessageCount();
				}
			}
	
		} catch (Exception ex) {
			ex.printStackTrace();
		}

	}

	// *****************************************************
	// 内部用クラス
	// *****************************************************
	private class MyTool {

		private String mark = null;

		MyTool(String pm) {
			mark = pm;
		}

		public void println(String str) {
			System.out.println( this.mark + str );
		}

	}

}

idle メソッドによって、メーッセージ受信待ちになるので、終了する時は
CTRL+C で終了します。

Thread.sleep する事はまず無いと思いますが、サンプルでは古い環境でも
動くようにと付加されていたのだと思います。


posted by lightbox at 2011-09-30 14:06 | java : 通信関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日


javamail 1.4.4 + JSP でとにかくメール送信

サンプルソースコードを使ってすぐできる実行環境は、以下で用意できます
( 含む Beans で lightbox.webapp )

Tomcat7 のインストールと、すぐ簡単にJSPアプリケーションテスト( DB アクセス、入力等 )

javamail は こちら(Oracle)からダウンロードします
( JDKは6以降のみで他は何もいりません )

※ 解凍して .jar を TOMCAT の lib にコピーして TOMCATを再起動します

サブミッションポートを使って、SMTP 認証を行うという前提のソースコードです。
テストは、さくらインターネットの環境で行いました。
java_mail.jsp
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<%@ page
	language="java"
	import="java.util.*"
	import="javax.mail.*"
	import="javax.mail.internet.*" 
	contentType="text/html;charset=shift_jis" %>
<jsp:useBean id="my" scope="session" class="lightbox.webapp" />

<style type="text/css">
body {
	font-family: "MS ゴシック";
}
</style>
<body>
<h1>javamail 1.4.4</h1>
<%!
// *********************************************************
// 認証用のプライベートクラス
// *********************************************************
private class SimpleAuthenticator extends Authenticator {

	private String user_string = null;
	private String pass_string = null;

	public SimpleAuthenticator( String user_s, String pass_s ) {
		super();
		user_string = user_s;
		pass_string = pass_s;
	}

	protected PasswordAuthentication getPasswordAuthentication(){
		return new PasswordAuthentication( this.user_string, this.pass_string );
	}
}
%>
<%
response.setHeader( "Expires", "Wed, 31 May 2000 14:59:58 GMT" );

// *********************************************************
// lightbox.webapp で入力データを取得
// *********************************************************
my.startApplication( application, "PAGE_01" );
my.Initialize( request );

if ( !my.get( "send" ).equals( "送信" ) ) {
%>

<form method="get">
	宛 先 <input
		type="text"
		name="to"
		value="<%= my.get("to") %>"
		style='width:340px;'
	/><br />

	差出人 <input
		type="text"
		name="from"
		value="<%= my.get("from") %>"
		style='width:340px;'
	/><br />

	題 名 <input
		type="text"
		name="subject"
		value="<%= my.get("subject") %>"
		style='width:340px;'
	/><br />

	<textarea
		name="comment"
		cols="40"
		rows="10"
		style='width:400px;'
	></textarea><br />

	<input
		type="submit"
		name="send"
		value="送信"
	/>
</form>


<%
}
else {
	out.println( "<br /><br />メール送信処理完了..." );
	out.println( "<a href=\"java_mail.jsp\">戻る</a><br />" );

	// *****************************************************
	// プロパティオブジェクトを作成
	// プロパティオブジェクトは、extends Hashtable(連想配列)
	// *****************************************************
	Properties props = new Properties();

	// *****************************************************
	// * 連想配列に送信用サーバのアドレスをセット
	// *****************************************************
	props.put("mail.smtp.host","サーバー");	// ホスト名またはIPアドレス
	props.put("mail.smtp.port","587");	// サブミッションポート
	props.put("mail.smtp.auth", "true" );	// SMTP 認証を行う

	// *****************************************************
	// メール用のセッションを作成
	// *****************************************************
	SimpleAuthenticator sa =
		new SimpleAuthenticator("ユーザ","パスワード");
	Session MailSession = 
		Session.getInstance( props, sa );

	try {

		// *****************************************************
		// メール用のメッセージオブジェクトを作成
		// *****************************************************
		MimeMessage msg = new MimeMessage(MailSession);

		// *****************************************************
		// 宛先
		// *****************************************************
		msg.setRecipients(
			Message.RecipientType.TO,
			my.get("to")
		);

		// *****************************************************
		// 送信者
		// *****************************************************
		msg.setFrom(
			new InternetAddress( my.get("from") ) 
		);

		// *****************************************************
		// 件名
		// *****************************************************
		msg.setSubject(
			MimeUtility.encodeText(
				my.get("subject"),
				"iso-2022-jp",
				"B"
			)
		);

		// *****************************************************
		// 本文
		// *****************************************************
		msg.setContent(
			my.get("comment"),
			"text/plain; charset=\"iso-2022-jp\""
		);

		// *****************************************************
		// 送信
		// *****************************************************
		Transport.send( msg );

	}
	catch (Exception e) {
		out.println("送信エラー");
	}

}

// デバッグ表示
out.println( "<br /><br /><hr />" );
out.println( my.getDebug() );
%>

</body>
</html>



posted by lightbox at 2011-09-28 23:04 | java : JSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり