SQLの窓

2011年10月30日


VB.net : ListView に DB から読み込んだデータをセットする



NAVER まとめで手順書

表形式でデータを表示する最も簡単な方法です。



以下のようなプライベートクラスを使うのがミソです
' ********************************************************
' ListView 用のプライベートクラス
' ********************************************************
Private Class RowData
	Inherits System.Windows.Forms.ListViewItem

	Public Sub New(ByVal myReader As OdbcDataReader)

		Me.Text = Form1.GetValue(myReader, "社員コード")
		Me.SubItems.Add(Form1.GetValue(myReader, "氏名"))

	End Sub
End Class

このプライベートクラスを使って以下のように呼び出します。



※ ListView 側は、デザイナから列を作成しておいて下さい。




posted by lightbox at 2011-10-30 18:03 | VB.NET : データベース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日


mixi の SimplePost API を使って、HTML(JavaScript)のみで初期値を設定して mixi のサービス画面へ誘導する

タイトル : 



▲ 投稿ボタンをクリックすると、mixi を開くと同時にここにリンクも作成します

キャラクタセットを utf-8 で送らないと化けるので、utf-8 以外のページでは、以下のように JavaScript でエンコーディングして window.open を使う必要があります。

※ utf-8 のページの場合は、FORM 要素で直接記述できます
<pre>
タイトル : <input type="text" id="mixi_title" value="mixi simplepost" style='width:300px' />
<textarea id="mixi_body" style='width:400px;height:200px;'>このように初期値を設定して mixi を開きます</textarea>
<input type="button" value="投稿" onclick='window.open("https://mixi.jp/simplepost/diary?title="+encodeURI(document.getElementById("mixi_title").value)+"&body="+encodeURI(document.getElementById("mixi_body").value))'>
</pre>

mixi 技術情報

技術仕様 << mixi Developer Center (ミクシィ デベロッパーセンター)



タグ:API : mixi
posted by lightbox at 2011-10-28 09:31 | API | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IE : フレーム(IFRAME等)内の別ドメインのクッキーを有効にする

※ 2年前の記事なんですが、IE っていまだにこういのを引きずってるんですね
( IE8 で確認 )
この問題の面倒なのは、IFRAME 内で展開されるページがこの対応をしていない場合、例えば意図しないログインページのような場合、自分ではどうにもできないところです。

mixi の SimplePost をテストしていて、表示先を IFRAME にしてたのですが、ログインしていない場合、いったんログインさせられるのですが、mixi のログインページは IEの IFRAME 内での問題を想定しているはずもないので、そもそもログインができない状態です。


▼ 以下、過去の記事( 2009年06月26日 )
------------------------------------------------------

埋め込まれるページの http ヘッダに専用のデータを出力します

▼ 古いドキュメントなのでなくなっていました
Internet Explorer 6.0 で FRAMESET を使用するとセッション変数が失われる

以下は PHP での出力例です。
header( "P3P: CP="CAO PSA OUR"" );




posted by lightbox at 2011-10-28 08:45 | IE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり