SQLの窓

2011年10月30日


VB.net : ListView に DB から読み込んだデータをセットする



NAVER まとめで手順書

表形式でデータを表示する最も簡単な方法です。



以下のようなプライベートクラスを使うのがミソです
' ********************************************************
' ListView 用のプライベートクラス
' ********************************************************
Private Class RowData
	Inherits System.Windows.Forms.ListViewItem

	Public Sub New(ByVal myReader As OdbcDataReader)

		Me.Text = Form1.GetValue(myReader, "社員コード")
		Me.SubItems.Add(Form1.GetValue(myReader, "氏名"))

	End Sub
End Class

このプライベートクラスを使って以下のように呼び出します。



※ ListView 側は、デザイナから列を作成しておいて下さい。




posted by lightbox at 2011-10-30 18:03 | VB.NET : データベース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日


mixi の SimplePost API を使って、HTML(JavaScript)のみで初期値を設定して mixi のサービス画面へ誘導する

タイトル : 



▲ 投稿ボタンをクリックすると、mixi を開くと同時にここにリンクも作成します

キャラクタセットを utf-8 で送らないと化けるので、utf-8 以外のページでは、以下のように JavaScript でエンコーディングして window.open を使う必要があります。

※ utf-8 のページの場合は、FORM 要素で直接記述できます
<pre>
タイトル : <input type="text" id="mixi_title" value="mixi simplepost" style='width:300px' />
<textarea id="mixi_body" style='width:400px;height:200px;'>このように初期値を設定して mixi を開きます</textarea>
<input type="button" value="投稿" onclick='window.open("https://mixi.jp/simplepost/diary?title="+encodeURI(document.getElementById("mixi_title").value)+"&body="+encodeURI(document.getElementById("mixi_body").value))'>
</pre>

mixi 技術情報

技術仕様 << mixi Developer Center (ミクシィ デベロッパーセンター)



タグ:API : mixi
posted by lightbox at 2011-10-28 09:31 | API | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IE : フレーム(IFRAME等)内の別ドメインのクッキーを有効にする

※ 2年前の記事なんですが、IE っていまだにこういのを引きずってるんですね
( IE8 で確認 )
この問題の面倒なのは、IFRAME 内で展開されるページがこの対応をしていない場合、例えば意図しないログインページのような場合、自分ではどうにもできないところです。

mixi の SimplePost をテストしていて、表示先を IFRAME にしてたのですが、ログインしていない場合、いったんログインさせられるのですが、mixi のログインページは IEの IFRAME 内での問題を想定しているはずもないので、そもそもログインができない状態です。


▼ 以下、過去の記事( 2009年06月26日 )
------------------------------------------------------

埋め込まれるページの http ヘッダに専用のデータを出力します

▼ 古いドキュメントなのでなくなっていました
Internet Explorer 6.0 で FRAMESET を使用するとセッション変数が失われる

以下は PHP での出力例です。
header( "P3P: CP="CAO PSA OUR"" );




posted by lightbox at 2011-10-28 08:45 | IE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日


VB.net : 一時 PL/SQL で Data Pump Exportユーティリティと同じデータをエクスポートして処理結果を取得する

PL/SQL のユーティリティを使用すると、VB.net を通してパラメータを
カスタマイズ可能なエクスポートアプリケーションを作成できます。

結果を知る為のパラメータは ParameterDirection.Output で出力のみで
取得しています。正常終了すると、"COMPLETED" という文字列が返ります。
( 既にファイルがある場合は、"例外発生" が返ります。)

各プロシージャの詳細は Oracle ドキュメント : DBMS_DATAPUMP
DECLARE 
	J_HANDLE NUMBER;
/**********************************************************/
/* 処理開始 */
/**********************************************************/
BEGIN
	/***************************/
	/* OPEN */
	/***************************/
	J_HANDLE := DBMS_DATAPUMP.OPEN(
		'EXPORT'
		,'TABLE'
		,NULL
		,NULL
		,'COMPATIBLE'
		,DBMS_DATAPUMP.KU$_COMPRESS_METADATA
	);

	/***************************/
	/* 出力ファイル */
	/***************************/
	DBMS_DATAPUMP.ADD_FILE(
		J_HANDLE
		,'MY_TABLE_BACKUP.DMP'
		,'MYDIR'
		,NULL
		,DBMS_DATAPUMP.KU$_FILE_TYPE_DUMP_FILE
	);

	/***************************/
	/* SQL 式で スキーマを指定 */
	/***************************/
	DBMS_DATAPUMP.METADATA_FILTER(
		J_HANDLE
		,'SCHEMA_EXPR'
		,'IN (''LIGHTBOX'')'
	);

	/***************************/
	/* SQL 式で 表を指定 */
	/***************************/
	DBMS_DATAPUMP.METADATA_FILTER(
		J_HANDLE
		,'NAME_EXPR'
		,'IN (''社員マスタ'',''商品マスタ'')'
	);

	/***************************/
	/* データを出力しない */
	/***************************/
	DBMS_DATAPUMP.DATA_FILTER (
		J_HANDLE
		,'INCLUDE_ROWS'
		,0
	);

	/***************************/
	/* 開始 */
	/***************************/
	DBMS_DATAPUMP.START_JOB(
		J_HANDLE
		,0
	);

	/***************************/
	/* JOB 終了まで待機 */
	/***************************/
	DBMS_DATAPUMP.WAIT_FOR_JOB(
		J_HANDLE
		,:J_STS
	);

	/***************************/
	/* 終了ステータスの表示 */
	/***************************/
	DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('処理終了:'||:J_STS);

/**********************************************************/
/* 一番外側のブロックの例外処理 */
/**********************************************************/
EXCEPTION
	WHEN OTHERS THEN
		DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('例外発生:'||SQLCODE||':'||SQLERRM);
		:J_STS := '例外発生';
END;

' キャラクタセット
Dim SJIS_Enc As Encoding = Encoding.GetEncoding(932) 
' 読み込み用
' plsql.sql は、改行コードを LF のみにして下さい
Dim ReadFile As StreamReader = New StreamReader( "plsql.sql", SJIS_Enc )

' SHIFT_JIS で読み込み
Dim SqlText As String = ReadFile.ReadToEnd()
ReadFile.Close() 

Dim myCommand As New OracleCommand()
myCommand.Connection = myCon

Dim myParam1 As OracleParameter
' *******************************************
' プロシージャの実行
' *******************************************
' 実行タイプ( SQLとして実行 )
myCommand.CommandType = CommandType.Text
' プロシージャ名
myCommand.CommandText = SqlText

' パラメータクリア
myCommand.Parameters.Clear()
' 内容を取得する変数用パラメータ( OUT なので、Direction プロパティにセット )
myParam1 = myCommand.Parameters.Add("J_STS", OracleType.Varchar)
myParam1.Direction = ParameterDirection.Output 
myParam1.Size = 50		' 長さ

Try
	' 結果を受け取り、後で処理する
	myCommand.ExecuteNonQuery()
Catch ex As Exception
	myCon.Close()
	Console.WriteLine(ex.Message)
	Return
End Try

Console.WriteLine(myParam1.Value)

関連する記事

VB.net : 一時PL/SQL 内の変数をプログラムでやり取りする



posted by lightbox at 2011-10-23 20:21 | VB.NET : データベース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VB.net : 一時PL/SQL 内の変数をプログラムでやり取りする

一番重要なのは、PL/SQL の改行コードに CRLF の CR を含めない事です。

:変数名 でバインドさせると、自動的に PL/SQL 側で変数として定義されます

ここでは、テストの為に ParameterDirection.InputOutput を使っていますが、
入力データはもともと PL/SQL がテキストなので、文字列を置き換えて実行する
方法もあります。

関連する記事

http://logicalerror.seesaa.net/article/228467533.html

もっと言えば、PL/SQL 側の動的 PL/SQL を使わないでも比較的簡単に 動的な
SQL の実行が可能です。むしろ、パーツ化してマクロ化してしまえばより便利
になると思います。
DECLARE 

	WK_STRING VARCHAR2(50);

BEGIN 

	WK_STRING := :RET_VALUE;

	DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(:RET_VALUE); 

	UPDATE 社員マスタ SET 氏名 = :RET_VALUE
		WHERE 社員コード = '0001';

	DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(WK_STRING); 

	:RET_VALUE := '最終値';

END; 

Imports System.Data
Imports System.Data.OracleClient
Imports System.IO
Imports System.Text

Module Module1

	Sub Main()

		' 新しい OracleConnection オブジェクトを作成
		Dim myCon As OracleConnection = CreateConnection()

		if myCon is Nothing then
			Console.WriteLine("処理が異常終了しました")
			Return
		end if

		'---------------------------------------------------
		' キャラクタセット
		Dim SJIS_Enc As Encoding = Encoding.GetEncoding(932) 
		' 読み込み用
		' plsql.sql は、改行コードを LF のみにして下さい
		Dim ReadFile As StreamReader = New StreamReader( "plsql.sql", SJIS_Enc )

		' SHIFT_JIS で読み込み
		Dim SqlText As String = ReadFile.ReadToEnd()
		ReadFile.Close() 

		Dim myCommand As New OracleCommand()
		myCommand.Connection = myCon

		Dim myParam1 As OracleParameter
		' *******************************************
		' プロシージャの実行
		' *******************************************
		' 実行タイプ( SQLとして実行 )
		myCommand.CommandType = CommandType.Text
		' プロシージャ名
		myCommand.CommandText = SqlText

		' パラメータクリア
		myCommand.Parameters.Clear()
		' 内容を取得する変数用パラメータ( OUT なので、Direction プロパティにセット )
		myParam1 = myCommand.Parameters.Add("RET_VALUE", OracleType.Varchar)
		myParam1.Direction = ParameterDirection.InputOutput 
		myParam1.Size = 50		' 長さ
		myParam1.Value = "山田 太郎"

		Try
			' 結果を受け取り、後で処理する
			myCommand.ExecuteNonQuery()
		Catch ex As Exception
			myCon.Close()
			Console.WriteLine(ex.Message)
			Return
		End Try

		Console.WriteLine(myParam1.Value)

		'---------------------------------------------------

		Call EndConnection( myCon )

	End Sub


	' ******************************************************
	' 接続終了
	' ******************************************************
	Sub EndConnection( myCon As OracleConnection )

		' 接続を閉じる
		myCon.Close()

		' OracleConnection オブジェクトに使用されているすべてのリソースを解放
		myCon.Dispose()

		' 処理終了
		Console.WriteLine("処理が終了しました")

		' 一時停止
		Console.Write("Enterキーを押して下さい : ")
		Console.ReadLine()

	End Sub

	' ******************************************************
	' 接続作成
	' ******************************************************
	Function CreateConnection( ) As OracleConnection

		' 新しい OracleConnectionStringBuilder オブジェクトを作成
		Dim builder As New OracleConnectionStringBuilder()

		' 接続用のパラメータを追加
		builder.Add("Server", "light/xe")
		builder.Add("User ID", "LIGHTBOX")
		builder.Add("Password", "LIGHTBOX")

		' 内容を確認
		Console.WriteLine(builder.ConnectionString)

		' 新しい OracleConnection オブジェクトを作成
		Dim myCon As New OracleConnection()

		' 接続文字列を設定
		myCon.ConnectionString = builder.ConnectionString

		' 接続を開く
		Try
			myCon.Open()
		Catch ex As OracleException
			Console.WriteLine("接続エラーです")
			Console.WriteLine( ex.Message )
			Return Nothing
		End Try

		Return myCon

	End Function

End Module



posted by lightbox at 2011-10-23 17:48 | VB.NET : データベース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日


VB.net : TKFP.DLL 1.4.3 を使って FTPS でファイル(フォルダ)の一覧を取得する

.NET用FTPクラスライブラリ (TKFP.DLL) 1.4.3
オンラインライブラリ

サンプル付きをダウンロードすると、Form で動くサンプルが VB.net 
と C# で付いてきます。
( プライベートクラスを ListViewItem を継承して作成して ListView で表示するサンプル )



以下はそれを元にバッチでディリクトリ内の
フォルダファイルとの一覧を表示するようにしたものです
Imports TKFP.Net
Imports TKFP.IO

Module Module1

	Sub Main()

		' FTP 用基本認証
		Dim logon As BasicFtpLogon = New BasicFtpLogon("ユーザ", "パスワード")
		' FTP クライアント
		Dim FtpClient As FtpClient = New FtpClient(logon, "サーバ", 21)
		'パッシブモード
		FtpClient.ConnectionMode = ConnectionModes.Passive
		'リストの取得コマンドを設定
		FtpClient.ListType = TKFP.Net.ListType.LIST
		'取得したリスト情報の有効時間を設定
		FtpClient.ListCacheValidityInterval = 60
		FtpClient.FileSystemCacheValidityInterval = 60

		' SSL で接続する
		FtpClient.AuthenticationProtocol = AuthenticationProtocols.Explicit_SSL

		' LIST情報の解析クラスを指定
		FtpClient.ListDataLoader = New TKFP.IO.UnixListDataLoader()

		'日本語ファイル名の文字コードを指定( shift_jis がデフォルト )
		FtpClient.FileNameCharset = "sjis"

		' 接続
		If Not FtpClient.Connect() Then
			FtpClient.Close()
			FtpClient = Nothing
			Return
		End If

		' メッセージ
		If FtpClient.IsEncrypted Then
			Console.WriteLine("暗号化されています")
		End If

		' ディレクトリオブジェクトを作成
		Dim CurrentDirectory As DirectoryInfo = New DirectoryInfo(FtpClient, "対象フォルダのパス")

		'サブフォルダの一覧取得
		Dim SubFolder As DirectoryInfo
		For Each SubFolder In CurrentDirectory.GetDirectories()
			Console.WriteLine("[" + SubFolder.Name + "]")
		Next

		'ファイル一覧取得
		Dim file As FileInfo
		For Each file In CurrentDirectory.GetFiles()
			Console.WriteLine(file.Name)
		Next

		' 接続解除
		FtpClient.Close()
		FtpClient = Nothing

		Console.ReadLine()

	End Sub

End Module

関連する記事

VB.net : TKMP.DLL 3.0.1 を使って IMAP でメール本文の一覧を取得する


posted by lightbox at 2011-10-16 17:18 | VB.NET : 通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日


VB.net : PL/SQL の OUT パラメータから実行結果を取得する

PL/SQL 側で、以下のように定義されたプロシージャを呼び出します
PROCEDURE PARAM_OUT_TEST 
( 
	PM_STRING IN VARCHAR2, 
	PM_NUMBER OUT NUMBER 
) 
第一引数は、入力のみなので Direction の設定はしていません。第二引数は 入力はしませんが、出力するので Direction の設定をします。 ※ Inpit、Output、InputOutput、ReturnValue があります
Imports System.Data
Imports System.Data.OracleClient

Module Module1

	Sub Main()

		' 新しい OracleConnection オブジェクトを作成
		Dim myCon As OracleConnection = CreateConnection()

		if myCon is Nothing then
			Console.WriteLine("処理が異常終了しました")
			Return
		end if

		'---------------------------------------------------

		Dim myCommand As New OracleCommand()
		myCommand.Connection = myCon

		Dim myParam1 As OracleParameter
		Dim myParam2 As OracleParameter
		' *******************************************
		' プロシージャの実行
		' *******************************************
		' 実行タイプ( ストアードプロシージャとして実行 )
		myCommand.CommandType = CommandType.StoredProcedure
		' プロシージャ名
		myCommand.CommandText = "PARAM_OUT_TEST"

		' パラメータクリア
		myCommand.Parameters.Clear()
		' 1つ目のパラメータ( IN なのでデータセット )
		myParam1 = myCommand.Parameters.Add("PM_STRING", OracleType.VarChar)
		myParam1.Value = "0010"

		' 2つ目のパラメータ( OUT なので、Direction プロパティにセット )
		myParam2 = myCommand.Parameters.Add("PM_NUMBER", OracleType.Number)
		myParam2.Direction = ParameterDirection.Output
	
		Try
			' 結果を受け取り、後で処理する
			myCommand.ExecuteNonQuery()
		Catch ex As Exception
			myCon.Close()
			Console.WriteLine(ex.Message)
			Return
		End Try

		' Decimal で返されている
		Console.WriteLine(myParam2.Value.GetType())

		Dim myValue As Decimal = myParam2.Value
		Console.WriteLine(myValue)

		'---------------------------------------------------

		Call EndConnection( myCon )

	End Sub


	' ******************************************************
	' 接続終了
	' ******************************************************
	Sub EndConnection( myCon As OracleConnection )

		' 接続を閉じる
		myCon.Close()

		' OracleConnection オブジェクトに使用されているすべてのリソースを解放
		myCon.Dispose()

		' 処理終了
		Console.WriteLine("処理が終了しました")

		' 一時停止
		Console.Write("Enterキーを押して下さい : ")
		Console.ReadLine()

	End Sub

	' ******************************************************
	' 接続作成
	' ******************************************************
	Function CreateConnection( ) As OracleConnection

		' 新しい OracleConnectionStringBuilder オブジェクトを作成
		Dim builder As New OracleConnectionStringBuilder()

		' 接続用のパラメータを追加
		builder.Add("Server", "light/xe")
		builder.Add("User ID", "LIGHTBOX")
		builder.Add("Password", "LIGHTBOX")

		' 内容を確認
		Console.WriteLine(builder.ConnectionString)

		' 新しい OracleConnection オブジェクトを作成
		Dim myCon As New OracleConnection()

		' 接続文字列を設定
		myCon.ConnectionString = builder.ConnectionString

		' 接続を開く
		Try
			myCon.Open()
		Catch ex As OracleException
			Console.WriteLine("接続エラーです")
			Console.WriteLine( ex.Message )
			Return Nothing
		End Try

		Return myCon

	End Function

End Module

Function の場合の戻り値の取得は以下のようにして記述できます
この場合、戻り値は最初に定義しますが、変数名は何でもいいです。
' パラメータクリア
myCommand.Parameters.Clear()
' 1つ目のパラメータ( 戻り値として )
myParam1 = myCommand.Parameters.Add("RET_VALUE", OracleType.Number)
myParam1.Direction = ParameterDirection.ReturnValue

' 2つ目のパラメータ( 第一引数として )
myParam2 = myCommand.Parameters.Add("PM_STRING", OracleType.Varchar)
myParam2.Value = "0001"

※ :を使って、SQL文内にバインド変数を埋め込む方法もあります
( CommandType.Text を使います )

コロン( : ) を使った場合の引数の処理 :サーバー側のカーソルを取得して使用する



タグ:PL/SQL
posted by lightbox at 2011-10-14 22:38 | VB.NET : データベース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日


java : Apache commons-net-3.0.1 を使ってごく自然に FTPS(セキュア) でファイルのアップロード/ダウンロード



ライブラリ全体は、Apache Commons Net™ - Overview よりダウンロードしますが、
ライブラリは同梱しています( commons-net-3.0.1.jar )

FTPClientExample.java というサンプルが付いていましたが、コマンドラインで
実行するサンプルなのでオプション毎に処理が付加されているという解りにくい
ものだったので、必要なものをエラー処理をほとんどせずに記述しています。

※ バイナリとアスキーの違いをテストで確認しています
import java.io.*;
import org.apache.commons.net.ftp.*;

public class Main {

	// *****************************************************
	// エントリポイント
	// *****************************************************
	public static void main(String[] args) {
		Main thisClass = new Main();
	}

	// *****************************************************
	// コンストラクタ
	// *****************************************************
	public Main() {
		super();
		my_acton();
	}

	// *****************************************************
	// 初期処理
	// *****************************************************
	private void my_acton() {

		MyTool out = new MyTool(">>>");
		out.println("処理開始");

		try {

			// FTPS を使っています( FTPClient で通常のクライアントです )
			FTPSClient ftp;
			ftp = new FTPSClient();
			ftp.connect("サーバ");
			ftp.login("ユーザ", "パスワード");
			ftp.enterLocalPassiveMode();

			// テキストアップロード(バイナリ)
			// text.txt は、CRLF で 3バイト => 3バイト
			// サーバーにも CRLF のままでアップロードされるので
			// 問題の出る場合もあります
			ftp.setFileType(FTP.BINARY_FILE_TYPE);
			InputStream input1;
			input1 = new FileInputStream(".\\test.txt");
			ftp.storeFile("/home/ユーザ/www/test.txt", input1);
			input1.close();

			// テキストダウンロード(バイナリ)
			// text.txt は、CRLF で 3バイト => 3バイト
			// サーバーの状態のままダウンロードするファイルコピーです
			ftp.setFileType(FTP.BINARY_FILE_TYPE);
			OutputStream output1;
			output1 = new FileOutputStream(".\\test_download.txt");
			ftp.retrieveFile("/home/ユーザ/www/test.txt", output1);
			output1.close();

			// テキストアップロード(ASCII)
			// text.txt は、CRLF で 3バイト => 2バイト
			// Apache サーバでの都合で CRLF は LF に変換されます
			ftp.setFileType(FTP.ASCII_FILE_TYPE);
			InputStream input2;
			input2 = new FileInputStream(".\\test.txt");
			ftp.storeFile("/home/ユーザ/www/test_ascii.txt", input2);
			input2.close();

			// テキストダウンロード(ASCII)
			// text.txt は、CRLF で 2バイト => 3バイト
			// Winodws クライアントの都合で LF は CRLF に変換されます
			ftp.setFileType(FTP.ASCII_FILE_TYPE);
			OutputStream output2;
			output2 = new FileOutputStream(".\\test_download_ascii.txt");
			ftp.retrieveFile("/home/ユーザ/www/test_ascii.txt", output2);
			output2.close();

			// for-each ( 一覧 )
			for (FTPFile f : ftp.listFiles("/home/ユーザ/www")) {
					//System.out.println(f.getRawListing());
					System.out.println(f.toFormattedString());
			}

			//ftp.noop();
			ftp.logout();
			ftp.disconnect();

		}
		catch (Exception e) {
			out.println("エラー");
		}

		out.println("処理終了");

	}

	// *****************************************************
	// 内部用クラス
	// *****************************************************
	private class MyTool {

		private String mark = null;

		MyTool(String pm) {
			mark = pm;
		}

		public void println(String str) {
			System.out.println( this.mark + str );
		}

	}
}

オリジナルサンプルコード


posted by lightbox at 2011-10-12 21:45 | java : 通信関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日


JSP : 実行中の .jsp と同じフォルダにあるファイルの実際のパスを取得する

jajakarta の 日本語ページドキュメントは日本語が化けるので調べるのが
面倒ですが、application.getRealPath と、request.getServletPath
で実現可能です。

// この値はCGI変数のSCRIPT_NAMEと同じ値
String SCRIPT_NAME = request.getServletPath();
out.print( SCRIPT_NAME );
out.print( "<br />" );

// 文字列分解
String[] pathResult = SCRIPT_NAME.split("/");

// 分解した文字列を必要な部分再配置
int idx = pathResult.length;
String mainPath = "";
for( int i = 1; i < pathResult.length - 1; i++ ) {
	if ( i == 1 ) {
		mainPath += pathResult[i];
	}
	else {
		mainPath += ( "/" + pathResult[i] );
	}
}

// 再配置文字列
out.print( mainPath );
out.print( "<br />" );

// 目的のフルパス
String strRealPath = application.getRealPath( mainPath + "/mydata.txt" );
out.print( strRealPath );
out.print( "<br />" );



posted by lightbox at 2011-10-09 20:09 | java : JSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日


java(JSP) : テーブル名一覧と列名一覧の取得

テータベースは、ODBC 経由の Oracle です

関連する記事

VB.net : GetSchema メソッドでデータベース内のテーブル一覧と指定したテーブルの列名一覧を取得する

Microsoft の ODBC アクセスとあまり変わりはありません。
データベースの情報は接続オブジェクトに依存します
続きを読む( ソースコード )

posted by lightbox at 2011-10-04 14:12 | java : JSP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します


Windows
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり