SQLの窓

2011年11月30日


Panoramio の貼り付けコードを作成するWEBサービスと、それを呼び出す IE 拡張

<script
	type="text/javascript"
	src="http://www.panoramio.com/wapi/wapi.js?v=1&hl=ja_JP.utf8"
></script>
『文字の繰り返しを表す正規表現演算子が不正です』というエラーが出る場合は、wapi.js を
ページの他のスクリプトより前に記述する必要があるようです。
高確率で出ているので、最初のスクリプト要素としてページに貼り付ける必要があります



上記スクリプトのインストールは、ダウンロードしてエクスプローラからダブル
クリックでインストールされます。

IE 拡張をインストールした後、いったん全ての IE を終了して Panoramio のページ
へ移動して、以下の赤い場所で右クリックして『Panoramio 取得』を実行して下さい。
( アンインストールは、CTRL と SHIFT を押しながら実行 )




実行すると、IE が起動されて以下のページへと移動します。
http://toolbox.winofsql.jp/panoramio.php



※ このページでユーザーID と Photo ID を入力してもかまいません。
※ プレビューでコードのテストが可能です。

▼ 貼り付けサンプル
貼り付けコード取得


posted by lightbox at 2011-11-30 14:41 | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日


JS : 自分用名前空間を使ってページのロードイベントを登録

IE8 までは、attachEvent しかありませんでしたが、IE9 では
addEventListener が使えるのでこんな感じでいいかと思います

window['文字列'] は、
var 文字列 と同等です。その中に {} でオブジェクトを作成して onload
プロパティを定義しています。中身は function で無名関数を登録です。

※ 使用時は、lightbox.onload で参照しています
<script type="text/javascript">
window['lightbox'] = { onload: function() {
		alert('ロードされました');
	}
};

if ( window.addEventListener ) {
	window.addEventListener('load', lightbox.onload, false);
}
else {
	window.attachEvent('onload', lightbox.onload);
}
</script>


posted by lightbox at 2011-11-26 22:45 | JavaScript オブジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日


IE10までは、開発者ツールで、ソースを表示する時のエディタを変更できました

IE11 では、レジストリ変更する必要があります。

ドキュメントを見る限り、IE8 も IE9 も同じようです。
( F12 開発者ツールを使用する )

IE10 のスクリーンショット



規定のビューアが選択されていると思います。その他を選択するとファイルを選択するダイアログが表示されるので、任意のエディタを選びます。エディタを変更する場合は、「その他」を再度選択します


IE8 のスクリーンショット




更新履歴
2013/03/11 : IE10 のスクリーンショット追加と、それに合わせて文言を多少変更。



posted by lightbox at 2011-11-23 17:38 | IE開発者ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり