SQLの窓

2011年12月25日


「ドライバは \Device\Harddisk0\D でコントローラ エラーを検出しました。」と言うエラーでも、PC を買い替えないで済むかもしれない対処

そもそも、このエラーメッセージは『イベントビュアー』に出るので、一般の人には解りにくいですが、セーフモードから『イベントビュアー』を見れるのであれば確認は可能です。

しかし、画面に英語とコードしか出無いで止まる事も考えられるので、とりあえず試してみるしかありません。

1) 電源コードを PC から外して感電しないようにする
2) PC の基盤に触れるようにカバーを外す
3) ハードディスクのコネクタが基盤に刺さっているので、抜いてから再びしっかり刺す
4) カバーを付けて(ネジは止めない)、電源コードを付ける
5) 起動して、何もなければ『イベントビュアー』を確認

治る場合はたいてい、一回で治ると思いますが、一応ネジは最後に止めます。

以前のログに disk というエラーがある場合で、今回の起動で無くなっておればこの症状は完治です。今年も含めて2回経験していますが、2回ともこれで治っています。何故か二回とも12月の末なので、寒さでプラスチックが小さくなって接触不良を起こしたのでしょうか、それはどうか解りませんが。

とにかく、この手の症状は結構存在すると言うか、ハードディスクのコネクタが細いので不確かさはとても感じます。LAN ケーブルの接触不良も良くある事ですし、ただPC の中だからという理由で解りにくくなっていますが、ごく普通の事と思いますので試してみる価値はあります





タグ:トラブル
posted by lightbox at 2011-12-25 11:42 | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日


VBS : 正規表現で、URL リストの中のドメイン部分のみを取り出す

処理そのものは一般的なものですが、VBScript の正規表現の記述は、
JavaScript のそれより少し複雑です。

まず、最初に New RegExp で正規表現処理用のオブジェクトを作成し
て、どのような検索をするかは、プロパティに設定します。

さらに、() を使った中の文字列を取得するには、Pattern に指定した
正規表現全体の文字列が入っている Match に対して、プロパティとし
て SubMatches コレクションが存在するので、その中の先頭として取り
出しています

今回、() の指定は一つだったので、SubMatches(0) しか存在しませんが、複数
の場合は、インデックスに 1 以上を使って参照します

※ .jp のみの場合は regEx.Pattern = "http://(.+?\.jp)/"

Dim str : str = "http://winofsql.jp/php/cnvtext/frame.htm" & vbCrLf & _
"http://js4web.seesaa.net/article/122772668.html" & vbCrLf & _
"http://hp.vector.co.jp/authors/VA003334/mslink.htm"

MsgBox(str)

Dim regEx : Set regEx = New RegExp

' 検索パターンを文字列で設定
regEx.Pattern = "http://(.+?)/"
' 大文字小文字を区別しない
' ( この場合はどちらでも良い )
regEx.IgnoreCase = True
' 文字列全体を検索
' False だと一件しか検索しない
regEx.Global = True   

' 検索の実行
Dim Matches : Set Matches = regEx.Execute(str)

Dim Match
For Each Match in Matches
	' 検索結果の中の () 内の文字列を取得
	MsgBox(Match.SubMatches(0))
Next



posted by lightbox at 2011-12-21 13:17 | VBScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日


来年、IEの自動アップデートが始まります

日本の順番はまだ解りませんが、最初は、オーストラリアとブラジルだそうで

Microsoft、Internet Explorer で「サイレントアップデート」を提供 - インターネットコム

「サイレントアップデート」って言ってますが、英文の元記事ではそんな単語
一度も使われてませんね。ちょっと意味が違うと思うのですが、基本的には
Windows Update 経由で更新されるとは英文では読めます。
( 自動アップグレードって言ってます )

Windows Update を良く知らない人には何の事が解りにくいですが、Windows の
設定で『自動更新』とそうでない状態があるはずですし、そもそも更新チェックを
せずに、CPU の負担をかけないよう運用する方法が Autimatic Updates サービス
の停止なわけです。

ただ、Autimatic Updates サービスは『自動』にしないと手動での更新ができな
いという仕様なので、一般的にはWindows側の設定で『自動更新』しないように
している場合がほとんどだと思います。

では、IE8 や IE9 にしたく無い人はどうするかと言えば、確実なのはサービスの
停止です。ただ、これは自分の PC を完全に理解している上級者用で、普通は
Windows Update の設定で自動にしなければいいと思います。ただ、その場合は
定期的に最低限、セキュリティアップデートだけは実行したほうが良いです。

面倒ですけど。

それより今は、情報に耳を傾けて Microsoft の提供する方法を実践すれば良い
とは思います。なんらかのオプションが可能なアップデートを先に実行する可
能性もありますし、その更新しなきゃ意味無かったりしますので。



posted by lightbox at 2011-12-17 10:36 | IE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり