SQLの窓

2012年02月25日


Firefox のアドオンのサンプルを使って『作成方法』を知る為の準備

1) MKEditor のインストール
( 使いなれたエディタで個別にファイルを開いても良いです )
2) about:config で、extensions.alwaysUnpack を true に設定
3) Twitter用埋め込みコードを取得する Firefox アドオン をインストール
( http://webcraft.seesaa.net/article/249055084.html )
4) Firefox のプロファイルを開くスクリプトをダウンロード

スクリプトの実行

1) フォルダが一つあるフォルダが開くのでその中に入ります
2) extensions フォルダの中に移動します
3) sk1@winofsql.jp フォルダの中に移動します
4) _SK1@WINOFSQL.JP.mkp を MKEditor で開きます



install.rdf の内容
em:id
extensions.alwaysUnpack が true なので展開されています
( アドオンそのものが登録されているフォルダです )
em:name
アプリケーション( アドオン )の名前です
この名前で、ソース上のいろいろな部分を(便宜的なものを含めて)
管理しています
em:version
このアプリケーション( アドオン )のバージョンです
※ 新しいバージョンにして、上書きインストールします
em:creator
英語ロケールでの作者名です
日本語作者名は、em:localized 内の em:creator で指定します
chrome.manifest

これに関する詳細は、Mozilla の Chrome Registration のページにありますが、
だいたいにおいて変更する場所を熟考する必要はありません。最も重要な事実は、
chrome://browser/content/browser.xul が示すものが、ブラウザの定義そのもので
あるという事で、これをアドレスバーに入力して表示させた上で、Firebug でブラ
ウザのコンテンツの id を知る事ができます

例えば、overlay.xul にある contentAreaContextMenu という id は、既にブラウ
ザに定義されている右クリックで表示されるメニューの id です。ユーザーは自分
のアドオンで、そこに対してオーバレイして追加の機能を実装します
<?xml version="1.0"?>

<?xml-stylesheet href="chrome://sk1/skin/overlay.css" type="text/css"?>

<!DOCTYPE overlay SYSTEM "chrome://sk1/locale/overlay.dtd">

<overlay xmlns="http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul">
	<script type="application/x-javascript" src="chrome://sk1/content/overlay.js" />
	<stringbundleset id="stringbundleset">
		<stringbundle id="sk1-bundle" src="chrome://sk1/locale/overlay.properties" />
	</stringbundleset>
	<popup id="contentAreaContextMenu">
		<menuitem id="sk1-menu"
		          class="sk1-class"
		          label="&sk1_Text.label;"
		          oncommand="sk1_obj.onMenuItemCommand(event);" />
	</popup>
</overlay>



posted by lightbox at 2012-02-25 19:56 | Firefox | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日


Google Chrome の拡張機能のデベロッパーモードで拡張機能のパッケージ化時の基本的な注意事項

どうも、バージョンによって対応状況が刻々と変わるようなのですが、パッケージを
保存しているフルパス内に日本語が含まれると、パッケージ化する際に書庫が壊れる
ようです(17.0.963.46 m)。

パッケージ化されていない拡張機能のテストでは、日本語化が含まれていても問題無
く動くのですが、パッケージ化するとエラーが出ずにパーケージファイルが作成され
たにもかかわらず、インストール時にエラーが出ます。

一つ前のバージョンアップ前ではうまく行っていたので、今後改善されるとは思いま
すが、やはりパスに日本語が含まれる環境はできるだけ避けたほうがいいようです。

厳密には、ただ一つのケースなので日本語以外にも原因がある可能性はありますので、
ドライブのルートより深く無い階層で単純な英数字フォルダ内でパッケージ化する事
を考えれば良いと思います。( フォルダの権限にも注意したほうがいいかも )



タグ:トラブル
posted by lightbox at 2012-02-12 21:38 | Google Chrome | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日


JSON オブジェクトの stringify メソッドの第3引数の使い方

JSON.stringify Function (JavaScript)

上記リンク先は Microsoft の英文ドキュメントです。IE に関しては、IE8 と IE9 の
標準モードで動作します。
Supported in the following document modes: Internet Explorer 8 standards,
Internet Explorer 9 standards. Not supported in the following document 
modes: Quirks, Internet Explorer 6 standards, Internet Explorer 7 standards.
Firefox、Google Chrome、Opera、Safari のいずれでも動作します。
<script type="text/javascript">
alert(JSON.stringify( {"type": 1, "name": "test", "obj":{"level": 2,"value": 1},"arr": [1,2,3]},null,4));
</script>
コードのテスト

■ 第3引数は省略されると、スペース無しで文字列が作成されます
■ 第3引数が数字の場合は、その数のスペースでインデントされて整形されます
■ 第3引数に何か文字列が入っている場合は、その文字列でインデントされます
(その際、"\t" 等が適当です)
■ 第3引数が文字列の場合、最初の10文字が使用されます



タグ:JSON
posted by lightbox at 2012-02-11 20:25 | JavaScript オブジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり