SQLの窓

2012年03月27日


Win8 Metro(JS) : 印刷処理



印刷機能そのものは単純で、printManager をgetForCurrentView()で取りだして、
onprinttaskinitializing に印刷開始処理を登録するだけのようです。

onprinttaskinitializing が null かそうでないかで画面を印刷できるかど
うかが設定され、設定されていると Charms bar から Devices を選んだ時に
画像のような状態になって印刷アイコンがあらわれます。



それよりも注意すべきは、サンプルでは印刷範囲として CSS を利用しており、
print.css という印刷時のみ有効な media="print" 属性で読み込んで、印刷
したく無いものはその中で display: none を指定してありました。

ここでは、PrimoPDF を登録してテストしましたが無事 PDF が作成されました。
PrimoPDF は、http://www.primopdf.com/download.aspx よりダウンロード
してインストールしていますが、事前に Windows の機能の有効化、無効化で
Framework3.51 を有効にしています( Win8 は 64bit )

    function onPrintTaskInitializing(event) {
        var printContent = document.getHTMLPrintDocument();
        event.request.initializePrintTask(printContent, "Print Sample");
    }

    function scenario1PrintContract() {    
        if (isPrintContractRegistered) {
            scenarioReset();
            sdkSample.displayStatus("Print Contract unregistered.");
        } else {
            var printManager = Windows.Graphics.Printing.PrintManager.getForCurrentView();
            printManager.onprinttaskinitializing = onPrintTaskInitializing;
            isPrintContractRegistered = true;
            document.getElementById("scenario1Open").textContent = "Unregister";
            sdkSample.displayStatus("Print Contract registered, Use the Charms bar to print.");
        }
    }




posted by lightbox at 2012-03-27 17:23 | Windows8 Metro(JS/C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日


Win8 Metro(JS) : WinJS.xhr の内容(XMLHttpRequest)

内容は、XMLHttpRequest を普通に工夫されていますが、特徴として Metro(JS) の then メソッド
で結果の処理を行う事になっています。then メソッドは、Promise オブジェクトのメソッドで(実際
の所在もはもう少し奥で複雑ですが) complete, error, progress の callback が登録されるように
なっています。

そして、それらは XMLHttpRequest では、req.readyState === 4 で req.status が 200〜300 で
正常終了扱いで、それら以外は error が実行されます。引数には、いずれも XMLHttpRequest オブ
ジェクトが渡されています。( 300 は含まない )

オプションは、以下の通りです。
1) options.type // "GET" または "POST" ( 省略は "GET" )
2) options.url
3) options.user
4) options.password
5) options.responseType : いくつかあるようですが、まだ不確定
( ここでは "" : 空文字 )
6) options.headers : JSON
7) options.data : send で送るデータ

※ ソースから解りますが、に非同期のみです。
(function () {

    WinJS.Namespace.define("WinJS", {
        xhr: function (options) {
            var req;
            return new WinJS.Promise(
                function (c, e, p) {
                    req = new XMLHttpRequest();
                    req.onreadystatechange = function () {
                        if (req.readyState === 4) {
                            if (req.status >= 200 && req.status < 300) {
                                c(req);
                            } else {
                                e(req);
                            }
                            req.onreadystatechange = function () { };
                        } else {
                            p(req);
                        }
                    };

                    req.open(
                        options.type || "GET",
                        options.url,
                        // Promise based XHR does not support sync.
                        //
                        true,
                        options.user,
                        options.password
                    );
                    req.responseType = options.responseType || "";

                    Object.keys(options.headers || {}).forEach(function (k) {
                        req.setRequestHeader(k, options.headers[k]);
                    });

                    req.send(options.data);
                },
                function () {
                    req.abort();
                }
            );
        }
    });

})();
サンプルではこんなふうに使っていました
    function makeXhrCall(url, callback) {
        sdkSample.displayError("");
        document.getElementById("scenario3Output").innerHTML = "";

        WinJS.xhr({ url: url }).then(
            function (result) {
            callback(result.responseXML, result.status);
        },
            function (result) {
            callback(null, result.status);
        });
    }



posted by lightbox at 2012-03-26 17:43 | Windows8 Metro(JS/C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日


Three.js r48 で JSONLoader が Opera で動作しない原因と対処方法

IE9 は未確認で、来週まで確認できません。

Google Chrome と Firefox では、XMLHttpRequest オブジェクトに定数が
定義されていて、r48 からその定数を使ってステータスチェックしているの
で Opera では全く動きません。

ですから、以下のような記述を JSONLoader が使われる前に記述して下さい。
<script type="text/javascript">
if( !XMLHttpRequest.DONE ) {
	console.log("setting");
	XMLHttpRequest.prototype.DONE = 4
	XMLHttpRequest.prototype.HEADERS_RECEIVED = 2
	XMLHttpRequest.prototype.LOADING = 3
	XMLHttpRequest.prototype.OPENED = 1
	XMLHttpRequest.prototype.UNSENT = 0
}
</script>
r47 では数字で条件書いておられるのでこれがなくても動作します。

r48 の Three.js の該当部分を直接変更する方法もありますが、どうもこの作者さんは
 WebKit 以外に興味無いようなので、今後も良く起こりそうです。外部から変更したほうが、
多くの人にとって使いやすいものになると思います。




タグ:トラブル
posted by lightbox at 2012-03-21 19:23 | Three.js & typeface | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり