SQLの窓

2012年04月28日


$.ajax({}).then( doneCallbacks, failCallbacks ); のテスト

読みだすデータは、shift_jis で書かれた JSON 形式のテキストです。
{
	"version" : "1.01a",
	"name" : "日本語名表示"
}
.then() は、Windows8 Metro(JS) のすべての処理において同じ仕様のものが使われています 成功の場合 1) success が呼ばれる 2) doneCallbacks が呼ばれる 失敗の場合 1) failCallbacks が呼ばれる 2) statusCode 内が呼ばれる JSON.parse を使用しているのは、Windows8 Metro(JS)との互換の為です。
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=euc-jp">
</head>
<body>

<script type="text/javascript" src="http://localhost/json/jquery-1.7.2.min.js"></script>
<script type="text/javascript">

$.ajax({
	url: "target.json",
	beforeSend: function ( xhr ) {
		xhr.overrideMimeType("text/plain; charset=shift_jis");
	},
	success: function(data, textStatus, jqXHR) {
		alert(data);
		alert(textStatus);
		alert( JSON.stringify(jqXHR,null,"   ") );
	},
	statusCode: {
		404: function() {
			alert("ページが存在しません");
		}
	}
}).then(
	function(data, textStatus, jqXHR) {
		var obj = JSON.parse( data );
		$("#tx1").val( obj.version );
		$("#tx2").val( obj.name );
	},
	function(data) {
		alert("err\n"+JSON.stringify(data,null,"   "));
		alert("この後、statusCode の処理が実行されます");
	}
);

</script>

<input type="text" id="tx1">
<br />
<input type="text" id="tx2">
</body>
</html>



posted by lightbox at 2012-04-28 21:48 | Ajax:jQuery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google ドキュメントを使ってソースコード配布と解説

Google Drive が始まったので、かねてより Google+ ではソースコードだけが共有するの
に面倒だったので、使ってみると思いの外便利です。で、思いもしなかった効果があった
ので、ここで試してみます。

以下のコードは、Three.js で使われていた WebGL のチェックコードで、実行文ですので
処理されて結果が true か false になります。
上の表示は、Google ドキュメントを公開して IFRAME でコードを取得して少し見栄え
を調整して貼り付けていますが、Excel や Word のように『図形』を追加して表現が
簡単にできます。これは Word と同様の『文書』ですが、ソースコードは CTRL+A で
選択されるのでコピーも簡単です。

挿入から図形描画



文書の作成



ソース部分の強調も時間をかければ見やすいものになりますし、変更は Google ドキュ
メントのほうで基本的な内容は行います。
( 表示エリアの調整は IFRAME 側で行う必要があります )

IFRAME 基本コードの取得






posted by lightbox at 2012-04-28 01:24 | Windows8 Metro(JS/C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日


余計なものを全て排除した Win8 Metro(JS) アプリの画面遷移

画面はまたこのゲームサンプル(の一部)を使いました
( 正式タイトルは JavaScript and HTML5 touch game sample )



結局、要素の部分を置き換える為の正式な SDK は存在しました。そのサンプルのタイトルは
『Loading HTML fragments sample』ですが、navigate メソッドはやはり骨格であって、置き
換えは自分で行って検証しました。置き換える為に使われる HTML のヘッダ部分の置き換え後
の影響は厳密では無い事もわかりましたが、確実に説明のつかない結果だったので、不必要な
ものは省いてコードを構成しています。

一つ解ったのは、navigate の骨格を使う事によって、自動的に back メソッド等が使えるよう
になる事です。他のサンプルでも不思議だったのですが、『戻る』アイコンがあるのに、どうも
イベント定義されているふしが無かったのですが、navigate 完了後に一網打尽にされるようで
す。
続きを読む
posted by lightbox at 2012-04-25 22:51 | Windows8 Metro(JS/C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり