SQLの窓

2012年05月25日


Eclipse から SIM フリーの実機( Rstream A1 : Android 2.1 ) を使ってアプリのテスト

関連する記事

Android エミュレータ単独利用
Eclipse から Android エミュレータを使う

関連するページ

スマートフォンをインターネットにつなぐ方法 | BUFFALO バッファロー

Rstream A1(Android 2.1) は、ソフマップで売られている 7,980円の SIM フリーの Android 機です。
ドライバのインストール PC からアクセスする為に、なんらかのドライバが必要のようです。詳細な裏付けを取ったわけではありませんが、経験則的にそのようです。USB で接続すると、エクスプローラからアクセスできるので、以下のようにして setup.exe を起動します 実行すると、以下のようなダイアログが表示されて、何故かプログレス表示が止まってしまいます。この後『次』を選ぶとまた同様のダイアログが表示されて、最後にはツールのダイアログが表示されますが、これは閉じて下さい。( 次回からは、Setup.exe を実行するとこのツールダイアログが出ますが、その時に PC から認識されます / 内部から何か呼び出しているようです ) たぶんこの過程のどこかでドライバがインストールされたものと思われます。 minSdkVersion の設定 AndroidManifest.xml を選択して、Manifest タブから設定します Android 2.1 は、API Version 7 なので、ここがこれより大きい数字になっていると転送されません。この値の初期値は、プロジェクトを作成した時のターゲットバージョンなので、他のプロジェクトを転用した時に注意が必要です。( ターゲットのバージョンは、プロジェクトのプロバティから変更できます ) デバッグ可能にする Application タブから設定して下さい ( 画像の位置とは限らないので注意して下さい ) デバイスを選択して実行する デバイス側の設定 アプリを自由に登録できるように、提供元不明のアプリにチェックを入れます。さらに開発メニューから USB デハッグをチェックして、充電中に画面をスリープにしないようにしておけば、USB をつないでいる間は画面が消えなくなります。USB 接続中は左側二つの設定で良いですが、カメラ等で USB を外してテストする場合の為、バックライトを常時点灯にしておきます( そうするとトップ画面以外では自動的にはスリープしないと思います )
実行結果
package lightbox.test;


import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.AdapterView;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.ListView;
import android.widget.Toast;
import android.widget.TextView;
import android.view.*;

public class LightActivity extends Activity {
    /** Called when the activity is first created. */
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);
        
        ArrayAdapter<String> adapter = new ArrayAdapter<String>(this, android.R.layout.simple_list_item_1);
        for( int i = 0; i < 10; i++ ) {
            adapter.add( ((Integer)(i+1)).toString() );
        }
        ListView listView = new ListView(this);
        this.addContentView(
        		listView, 
        		new ViewGroup.LayoutParams (
        				ViewGroup.LayoutParams.FILL_PARENT,
        				ViewGroup.LayoutParams.FILL_PARENT
        		)
        );
        listView.setAdapter(adapter);
        
    }
}

画面のキャプチャ

デバッグ用のツールとして DDMS が利用できますが、Eclipse から使うと簡単にキャプチャが可能になります。









関連する記事

7,980円の Rstream A1 をソフマップで買っちゃいました



posted by lightbox at 2012-05-25 20:33 | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日


Windows8 で SkyDrive にアップロードするサンプル


起動後の画面です。サインインを実行してからアップロードボタンをクリックしてアップロードするファイルを選択します



まずはサインイン





サインインが完了したのでメッセージを表示しています。
( ここまでで、▲ リンク先と同じです )



▲ アップードボタンをクリックすると、▼ に画面が切り替わります。





ファイルを選択し終わりましたので、『開く』でアップロードが開始されます。終了メッセージの表示を実装していないので、Debug.writeln の結果で確認します。






ソースコードを見る
posted by lightbox at 2012-05-23 10:59 | Windows8 Metro(JS/C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日


Windows8 Metro(JS) で LiveSDK を使って signin してテキスト表示するだけのサンプルコードの実行

Live SDK のダウンロードとインストール

まず、『Live SDK for Windows and Windows Phone』をダウンロードしてインストールします。



アプリを登録

Windows8(コンシューマ) + VisualStudio 11 でプロジェクトを作成してから、Live Connect のアプリ管理 (英語) サイトで、Metro スタイル アプリをマイクロソフトのクラウド サービスにアクセスするように構成します。( アプリケーション名を登録して、ID を取得する ) 

以下の画像の一番下の部分(2つ)に、アプリケーション名( ここでは SkyApp )と、サンプル通りの Publisher として CN=lightbox と入力しました。



この後でパッケージ名が表示されるので、それを Visual Studio のほうにセットします。この内容は記録しなくても、以下のページで確認できます。

▼ 登録後の状態です。



Visual Studio より参照設定

SDK を使用するように構成します



実際の実行の画面遷移





Windows Live から見たアプリの管理画面

プロフィールから『管理』へ移動するとアプリの一覧が表示されて個別に管理できます。最初のほうの詳細情報はアプリを作った開発者が利用する画面で、こちらは使用するユーザが管理する画面です( Twitter と同じです )



ソースコード
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8"/>
    <meta charset="utf-8">
    <title>SkyApp</title>

    <!-- WinJS references -->
    <link href="//Microsoft.WinJS.0.6/css/ui-dark.css" rel="stylesheet">
    <script src="//Microsoft.WinJS.0.6/js/base.js"></script>
    <script src="//Microsoft.WinJS.0.6/js/ui.js"></script>

    <script src="///LiveSDKHTML/js/wl.js"></script>

    <!-- SkyApp references -->
    <link href="/css/default.css" rel="stylesheet">
    <script src="/js/default.js"></script>
</head>
<body>
    <h1>JavaScript Code Sample</h1>
    <div id="signin"></div>
    <label id="info"></label>
    <script>
        WL.Event.subscribe("auth.login", onLogin);
        WL.init({
            scope: ["wl.signin", "wl.basic"]
        });
        WL.ui({
            name: "signin",
            element: "signin"
        });
        function onLogin() {
            WL.api({
                path: "me",
                method: "GET"
            }).then(
                function (response) {
                    document.getElementById("info").innerText =
                        "Hello, " + response.first_name + " " + response.last_name + "!";
                },
                function (responseFailed) {
                    document.getElementById("info").innerText =
                        "Error calling API: " + responseFailed.error.message;
                }
            );
        }
    </script>
</body>
</html>

※ こちらにあったソースでテストしました

関連する Microsoft のページ

Live SDK による Windows 8 アプリへのシングル サインオン機能の実装と SkyDrive との連携



posted by lightbox at 2012-05-21 16:09 | Windows8 Metro(JS/C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり