SQLの窓

2012年07月28日


Seesaa のブログで何故か Google の Plusone ボタンが表示されなかった原因

Google の仕様はこんなふうになっていて、たしかに Seesaa のコードを読んでみると『非同期』で Plusone ボタン用の javascript を読み込んでいるのですが、うちの Seesaa ブログではことごとく失敗しているようでした。

そこで、ヘッダー内に固定で Plusone ボタン用の javascript を記述すると、表示されるようになりました。
<script type="text/javascript" src="https://apis.google.com/js/plusone.js">
  {lang: 'ja'}
</script>

うちだけなのかなぁ・・・


タグ:トラブル
posted by lightbox at 2012-07-28 02:01 | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日


Google プレゼンテーションが結構ふつうに使えるという事の確認

▼ NAVER で簡単な操作手順を作成しました


▲ は埋め込みですが、こちらは、ページ全体です
Microsoft の Office 製品の中でも一番簡単な『おもちゃ感』のある PowerPoint をそのまま持って来たようなツールですが、そもそも Excel や Word の酷似ツールも存在しています。

さすがに Excel や Word は機能的に及ぶはずもありませんが(それなりに有能です)、PowerPoint に至っては、もともと要求する機能が細やかなものでは無く、『画像』的な HTML 部分と大差ないので、こちらを代替えにして使っても十分な出来です。

おまけにこちらは(Google プレゼンテーション)は、必要なプレゼン資料を WEB上に置いておいて、スマホやパッドでもブレゼン出来てしまうところが有能です。



使えるのは、PC最新ブラウザ(Google Chrome、Firefox、IE9、Opera、Safari)と、iPhone4S(しか検証できていません)と、Android 4.0.3(エミュレータ)でした。(Androidは、2.2.2 で実機チェックしてダメだったので、エミュレータの 2.3.3 を試すと全く同じでした)

とにかく操作方法はスライドを追加してテキスト・画像・ワードアート等を挿入してアニメーション効果を付けるだけです。PowerPoint のような細やかさはありませんが、プレゼンの目的は PowerPoint の持つ機能では無いので Google プレゼンテーションで問題無いと考えます




▼ iPhone4S

▼ PC 全画面表示

▼ Android 4.0.3 エミュレータ



posted by lightbox at 2012-07-18 23:32 | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日


Android Flex : FLARToolkit を Flex4(AIR) を使って Android にのっけてみました。





動くとは思っていましたが、実機がテスト専用に買った RStream A1 なのでかなりレスポンスが悪かったです。最初、PC の同じ大きさ(320x240)で処理して見事に固まってしまいましたが、半分のサイズにする事でなんとか(コマ送り状態ですが)動作確認できました(Android は 2.2.2 です)

バッケージの中にあるデータは sdcard にコピーして使用します。dae のデータはインターネット経由でも動く事は解っているのですが、なにせ遅い(トラブルは避けたい)のでローカルで読み込んでいます。



本当は、実機側でシャッター押して画像化(あるいは動画化)したいところですが、それはまた個別にやらないと整理が付かないのです。









Flex4 でやる事のメリットは、3D に限らず大きいと思います。Java だけでやろうとするとやたらと面倒な事が、Flex4 ではいとも簡単にできます。反面、Native でないとできない事も多いので、その解決方法もいろいろ補充しましたので近いうちにまとめる予定です。

★ 以下はその基本部分のまとめです。

AIR Native Extentions for Android のフルコマンドラインビルド


関連する記事

7,980円の Rstream A1 をソフマップで買っちゃいました
Adobe AIR 3 が動く Android が 2.2 以降なので、動作確認用に買った Rstream A1 をバージョンアップしないといけない

Android の為の AIR Flex 基本 List で Web からデータ取得



posted by lightbox at 2012-07-15 01:00 | Flex | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり