SQLの窓

2012年09月29日


WebClient で取得したデータを元に、コントロールの表示状態を変更する / Windows Phone(C#)



内容は、『WebClient でページのタイトルを WEB から取得して表示する / Windows Phone(C#)』と同じですが、チェックボックスは変更可能なコントロールなので、TwoWay に設定して、画面から変更した場合に Class1 のプロパティにデータがセットされる事を確かめるようにしています。

もし、このセットする部分に Web 経由でデータを POST すれば、受け取った PHP 等がサーバにデータを保存する事が可能になります。

MainPage.xaml 全体のソースコード

▼ 主要部分
<Grid x:Name="ContentPanel" Grid.Row="1" Margin="12,0,12,0">
	<CheckBox
		Content="CheckBox Setting"
		Height="Auto"
		HorizontalAlignment="Left"
		Margin="60,20,0,0"
		Name="checkBoxSetting"
		VerticalAlignment="Top"
		IsChecked="{
			Binding
			Source={StaticResource class1},
			Path=CheckBoxSetting,
			Mode=TwoWay
		}"/>

</Grid>


Class1.cs 全体のソースコード

▼ 主要部分
// チェックボックス用プロパティ
// ※ TwoWay でセットされる様子をチェックする為にコードを記述しています
private bool _CheckBoxSetting;
public bool CheckBoxSetting {
	get {
		return _CheckBoxSetting;
	}
	set {
		_CheckBoxSetting = value;
		Debug.WriteLine("CheckBoxSetting にデータがセットされました" + value);
	} 
}

public Class1()
{

	WebClient webClient = new WebClient();

	webClient.DownloadStringCompleted += 
		new DownloadStringCompletedEventHandler(webClient_DownloadStringCompleted);
	// 外部サービスから文字列を取得
	webClient.DownloadStringAsync(new System.Uri("http://textt.net/sworc/20120925064853.txt"));
}

private void webClient_DownloadStringCompleted(object sender, DownloadStringCompletedEventArgs e)
{
	if (e.Error != null)
	{
		Deployment.Current.Dispatcher.BeginInvoke(() =>
		{
			Debug.WriteLine(e.Error.Message);
		});
	}
	else
	{
		// プロパティにセット
		this.CheckBoxSetting = bool.Parse(e.Result);
		NotifyPropertyChanged("CheckBoxSetting");
	}
}

▼ True という文字列を返します
http://textt.net/sworc/20120925064853.txt


posted by lightbox at 2012-09-29 15:10 | Windows Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日


Windows8(C#) 2ページテンプレート



ページ追加に関しては、Visual Studio 2012 が正常なら普通にページ追加するだけなのですが、フリーズするという現象が起きているので、テンプレートを作成して運用しています。

「C:\Users\ユーザ名\Documents\Visual Studio 2012\Templates\ProjectTemplates\Visual C#」ディレクトリに「Windows Store」ディレクトリを作成し、その中にテンプレートを入れる

また、Microsoft の解説ページにある『クイック スタート: アプリ バーの追加』 を付加してあります。

だいたいのソースコードは以下から参照できます。

MainPage : xaml / cs
BasicPage1 : xaml / cs

特に以下の部分は、WebView をキャプチャして、Rectangle に書き込むところなのでチェックしておくといいと思います。
private void AppBar_Opened(object sender, object e)
{
	WebViewBrush wvb = new WebViewBrush();
	wvb.SourceName = "contentView";
	wvb.Redraw();
	contentViewRect.Fill = wvb;
	contentView.Visibility = Windows.UI.Xaml.Visibility.Collapsed;
}

ドキュメントリンク

windows8


posted by lightbox at 2012-09-28 22:26 | Win8 ストアアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日


google-gson で、JSON 文字列の構成要素の一覧を取り出す処理

実用の場合は、JSON に対応するクラスを作成してデシリアライズするはずですが、てっとりばやく処理するのならこちらのほうが簡単です。

※ データは、Twitter のデータを使っていますが、Array が無かったのでこのコードでは対応していません。
package winofsql.jp;

import java.io.BufferedReader;
import java.io.InputStreamReader;
import java.net.HttpURLConnection;
import java.net.URL;
import java.util.Iterator;
import java.util.Map;
import java.util.Set;

import com.google.gson.JsonElement;
import com.google.gson.JsonObject;
import com.google.gson.JsonParser;

public class test {

	/**
	 * @param args
	 */
	public static void main(String[] args) {
		// TODO Auto-generated method stub

		System.out.println("開始");
		
		String json_string = "{ \"姓\": \"山田\", \"名\": \"太郎\", \"age\": 53 }";

		test.print_json(json_string,1);

		json_string = "";
		
		try {
			// ターゲット
			URL url = new URL("http://textt.net/sworc/20120924055943.txt");
			// 接続オブジェクト
			HttpURLConnection http = (HttpURLConnection)url.openConnection();
			// GET メソッド 
			http.setRequestMethod("GET");
			// 接続 
			http.connect();
			 
			// EUC-JP でリーダーを作成
			InputStreamReader isr = new InputStreamReader(http.getInputStream(), "UTF-8");   
			// 行単位で読み込む為の準備   
			BufferedReader br = new BufferedReader(isr);   
			String line_buffer;   
			// BufferedReader は、readLine が null を返すと読み込み終了   
			while ( null != (line_buffer = br.readLine() ) ) {   
				// コマンドプロンプトに表示   
				json_string += line_buffer;
			}
 
			// 各々受け持ちクラスを閉じる   
			br.close();
			isr.close();
			http.disconnect();
		}
		catch( Exception e ) {}
		
		System.out.println("★-->");
		test.print_json(json_string,2);
		
	}

	private static void print_json( String json_string, int type ) {
		
		// パーサーを取得
		JsonParser jp = new JsonParser();
		// 文字列をパース
		JsonElement je = jp.parse(json_string);

		// key と value を取得する為に、JsonObject から、entrySet メソッドを実行
		Set<Map.Entry<String, JsonElement>> entrySet = je.getAsJsonObject().entrySet();

		// イテレータを取得
		Iterator<Map.Entry<String, JsonElement>> it = entrySet.iterator();

		// 一覧表示
		while(it.hasNext())
		{
			Map.Entry<String, JsonElement> entry = it.next();

			String key = entry.getKey();
			JsonElement value = entry.getValue();

			System.out.print(key+" : ");
			if ( value.isJsonObject() ) {
				System.out.println("★-->");
				print_json( value.toString(), 2 );
			}
			else {
				if ( value.isJsonNull() ) {
					System.out.println("NULL");
				}
				else {
					System.out.println(value.getAsString());
				}
			}
			// value.toString() だと、個別の文字列の場合 " で挟まれた文字列が取得されました
		}
		
		if ( type == 1 ) {
			// ***************************************
			// メンバ名で値を取得
			// ***************************************
			JsonObject jo = je.getAsJsonObject();
				System.out.println(jo.get("姓").getAsString());
				System.out.println(jo.get("名").getAsString());
				System.out.println(jo.get("age").getAsInt());
		}
		else {
			System.out.println("<--★");
		}

	}


}


▼ 結果

開始
姓 : 山田
名 : 太郎
age : 53
山田
太郎
53
★-->
id : 91500526
profile_background_tile : false
notifications : false
profile_sidebar_fill_color : FFF7CC
location : 大阪府
screen_name : sworc
profile_image_url : http://a0.twimg.com/profile_images/2388651010/zmq5cwm5nsvngpfrtr3f_normal.png
contributors_enabled : false
utc_offset : 32400
time_zone : Osaka
is_translator : false
default_profile : false
profile_background_color : 000000
name : night w?lker
geo_enabled : false
lang : ja
protected : false
profile_background_image_url : http://a0.twimg.com/profile_background_images/59645045/bbs_img_4598c0b36c78d.jpg
id_str : 91500526
listed_count : 6
profile_link_color : FF0000
follow_request_sent : false
description : 絵を描くプログラマ。好きな食べ物は水餃子。手書きブログ。DAZ3D。GIMP。Three.js。フリーフォントで簡単ロゴ作成 http://lightbox.on.coocan.jp/html/fontImage.php http://goo.gl/HDqTM
profile_use_background_image : true
following : false
profile_text_color : 0C3E53
url : http://winofsql.jp/
friends_count : 25
profile_background_image_url_https : https://si0.twimg.com/profile_background_images/59645045/bbs_img_4598c0b36c78d.jpg
created_at : Sat Nov 21 04:24:25 +0000 2009
default_profile_image : false
profile_sidebar_border_color : F2E195
verified : false
status : ★-->
in_reply_to_status_id_str : NULL
geo : NULL
place : NULL
created_at : Sun Sep 23 16:49:33 +0000 2012
in_reply_to_user_id_str : NULL
retweeted : false
in_reply_to_screen_name : NULL
truncated : false
possibly_sensitive_editable : true
possibly_sensitive : false
id_str : 249913404016427008
contributors : NULL
in_reply_to_status_id : NULL
in_reply_to_user_id : NULL
favorited : false
source : <a href="http://winofsql.jp/" rel="nofollow">TwitLink</a>
coordinates : NULL
id : 249913404016427008
retweet_count : 0
text : 家に持ち帰った mdb で簡単に php からアクセスしてテストプログラムを作る( DBクラス付き ) http://t.co/bDzKDGLY
<--★
favourites_count : 1
statuses_count : 6120
profile_image_url_https : https://si0.twimg.com/profile_images/2388651010/zmq5cwm5nsvngpfrtr3f_normal.png
followers_count : 55
<--★




タグ:JSON
posted by lightbox at 2012-09-27 21:20 | java : 通信関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり