SQLの窓

2012年12月28日


WEBのファイルをコマンドラインからダウンロードするスクリプト : httpget.vbs

バッチ処理に使うのであれば
cscript httpget.vbs "URL"

対話で、エラー時にメッセージボックスが出ても良い場合は

httpget "URL"

※ URL だけを指定すると、URL の最後をファイル名としてカレントにダウンロード
※ URL の後にパスを指定するとそこへダウンロードです
( httpget "URL" "保存ファイル名のパス" )

(例) 7zip コマンドラインバージョンのダウンロード
▼ 
httpget.vbs "http://sourceforge.jp/frs/g_redir.php?m=jaist&f=/sevenzip/7-Zip/9.20/7za920.zip"
if Wscript.Arguments.Count = 0 then
	Wscript.Echo "httpget url [savepath]"
	Wscript.Quit
end if

' *****************************
' ダウンロード用のオブジェクト
' *****************************
Set objSrvHTTP = Wscript.CreateObject("Msxml2.ServerXMLHTTP")

' *****************************
' 第1引数は URL
' *****************************
strUrl = Wscript.Arguments(0)
if Wscript.Arguments.Count = 1 then
	' 第2引数が無い場合は、URL の最後の部分
	' ( カレントにダウンロード )
	aData = Split(strUrl,"/")
	strFile = aData(Ubound(aData))
else
	' 第2引数がある場合はそれをローカルファイルとする
	strFile = Wscript.Arguments(1)
end if

' *****************************
' ダウンロード要求
' *****************************
on error resume next
Call objSrvHTTP.Open("GET", strUrl, False )
if Err.Number <> 0 then
	Wscript.Echo Err.Description
	Wscript.Quit
end if
objSrvHTTP.Send
if Err.Number <> 0 then
	' おそらくサーバーの指定が間違っている
	Wscript.Echo Err.Description
	Wscript.Quit
end if
on error goto 0

if objSrvHTTP.status = 404 then
	Wscript.Echo "URL が正しくありません(404)"
	Wscript.Quit
end if

' *****************************
' バイナリデータ保存用オブジェクト
' *****************************
Set Stream = Wscript.CreateObject("ADODB.Stream")
Stream.Open
Stream.Type = 1	' バイナリ
' 戻されたバイナリをファイルとしてストリームに書き込み
Stream.Write objSrvHTTP.responseBody
' ファイルとして保存
Stream.SaveToFile strFile, 2
Stream.Close





posted by lightbox at 2012-12-28 09:32 | VBS + インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日


ファイルから直接データベースを別のPCでリストアする / SQLExpress

SQLExpress 2008 バッチDB バックアップ でパックアップしたファイルを別の PC でリストアします。ここでは、MYDB というデータベースを MYDB.dat というファイルでバックアップしたものと考えます。

まず、MYDB.dat をどこに置いてもいいわけでは無く、ログインしているユーザがフルコントロールの権限を持つ場所に保存します。

その後内部の保存した時の情報を MYDB.dat の中から読み取る為に以下のSQL を sqlcmd で実行します。

sqlcmd -E -S .\SQLEXPRESS -i コマンドが書かれたL.txt
※ owner を sa にしたい場合は、-E では無く sa とパスワードで -U sa -P パスワード でログイン情報を使用します
RESTORE FILELISTONLY FROM DISK = 'C:\temp\MYDB.dat'
go
情報として、保存した時の論理名と、物理パスの情報がセットで存在し、データとログと合わせて4つの情報が必要になります。通常、データベース名と論理名は一致しているものですが、そもそも複製データーベースだと論理名が違う場合があります。その場合は最後に論理名も変更しないとオリジナルと同じ構成にならないので注意して下さい

これによって、元の情報が手に入るので、リストアする PC の環境を 『目的のDBが使用している物理ファイルのパスの確認 / SQLExpress 』で得たうえで以下のようなコマンドを作成して実行します
※ 必ずしもこのディレクトリ内に置く必要は無いはずですが、今回は管理上同じ場所へリストアします
RESTORE DATABASE MYDB 
	FROM DISK = 'C:\temp\MYDB.dat'
WITH
	MOVE 'MYDB' TO 'c:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.1\MSSQL\DATA\MYDB.mdf',
	MOVE 'MYDB_log' TO 'c:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.1\MSSQL\DATA\MYDB_log.LDF'
go

これは、ファイル内の論理名を使って、現在の PC のどの場所にリストアするかを決めるものです。

※ 削除する場合は、use master をしてから、drop database MYDB です。


タグ:SQLExpress DB
posted by lightbox at 2012-12-18 16:19 | SQLExpress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目的のDBが使用している物理ファイルのパスの確認 / SQLExpress

まず、コマンドファイル(sp.txt)を作成し、sqlcmd を実行します。標準出力では無く、ファイルに出力したい場合は、-o ファイル名を追加します。

sqlcmd -E -S .\SQLEXPRESS -i sp.txt

-E は、信頼関係接続です。SQLExpress がインストールされている PC から実行するのが最も確実であると思いますが、他の PC より実行したい場合は -U と -P でユーザとパスワードを指定する必要があるかもしれません。

sqlcmd -U sa -P password -S pc-000\SQLEXPRESS -i sp.txt

sp.txt
-- lightbox は、DB名です
use lightbox
go
-- sp_helpfile はシステムストアードプロシージャです
-- ドキュメントは http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms174307.aspx
sp_helpfile
go


▼ 出力結果
データベース コンテキストが 'lightbox' に変更されました。
name                                                                                                                             fileid filename                                                                                                                                                                                                                                                             filegroup                                                                                                                        size               maxsize            growth             usage    
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- ------ -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- ------------------ ------------------ ------------------ ---------
lightbox                                                                                                                              1 c:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.1\MSSQL\DATA\lightbox.mdf                                                                                                                                                                                                PRIMARY                                                                                                                          2240 KB            Unlimited          1024 KB            data only
lightbox_log                                                                                                                          2 c:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL.1\MSSQL\DATA\lightbox_log.LDF                                                                                                                                                                                            NULL                                                                                                                             1088 KB            2147483648 KB      10%                log only 

関連する記事

ファイルから直接データベースを別のPCでリストアする / SQLExpress

SQLExpress 2008 バッチDB バックアップ



タグ:DB SQLExpress
posted by lightbox at 2012-12-18 12:22 | SQLExpress | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり