SQLの窓

2014年04月29日


Eclipse のパンくずリスト(breadcrumb) をワークスペースの設定ファイルで非表示にする



Eclipse で『CTRL+SHIFT+L』でショートカットキーの一覧が表示されますが、その中に『パンくずリスト』と言う項目があります。



この項目は、『ナビゲート』メニューにもありますが、表示した後元に戻す項目がありません。インターネットで調べると、ツールバーに削除する項目がある( あった? ) という旨の記事を見つける事ができるのですが、自分の環境でそのようなアイコンを確認できていません。( ADT Build: v22.2.1-833290 )



ですが、Eclipse ではワークスペース単位で設定ファイルが書き込まれているのでそこを修正して非表示に変更できます。

▼ 場所
ワークスペースフォルダ\.metadata\.plugins\org.eclipse.core.runtime\.settings
▼ ファイル
org.eclipse.jdt.ui.prefs
▼ 内容( エントリ )
breadcrumb.org.eclipse.jdt.ui.JavaPerspective=true

この内容を false にしてやると表示しなくなります



関連する記事


posted by lightbox at 2014-04-29 14:04 | Java | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日


TeraPad Ver 1.09 の ini 設定付きインストーラ

TeraPad はもうかなり長い間お世話になっています。でも、インストール後必ず以下の設定が必要です。
1) 行番号の常時表示
2) 拡張子の追加
3) スペース等の空白文字を全て目視可能にする
4) ウインドウのサイズを終了時に保存
5) タイトルにフルパスでファイルの場所を表示
なので、ダウンロード、解凍、配置、ini 設定 を全て実行してくれるスクリプトです。 ( ダウンロードしてエクスプローラからダブルクリックします ) インストール先フォルダを指定してインストールします。(いくつインストールしても問題ありません) ショートカットの内容は最後に設定した内容になりますが、変更をすれば同じバージョンをいくつでもインストールできます。 zip 版を使用しているので、必要無くなれば tpad109 ディレクトリを削除するとアンインストールになります。 ※ ソースコード参照 紹介されていた書籍 ※ 2012/10/21 初版の書籍です。 TeraPad は、とても古くからある優秀なエディタです。時代の流れで、インターネットで使うような特殊文字を直接表示できない事をのぞいて問題は全くありません ( 特殊文字を直接使いたい場合は、Mery がおすすめです ) 関連するスクリプト SendTo フォルダを開くスクリプト 更新履歴 2009-07-18 : 記事作成 2013-04-07 : 最新バージョンでテストしてリプレース
posted by lightbox at 2014-04-19 23:44 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日


エクスプローラを再起動して、ショートカットの拡張子( .LNK ) を表示するようにする

このレジストリキー内の NeverShowExt の名称を変更する( とりあえず、最後に _ を付加 ) と、.LNK 拡張子が表示されるようになります。

※ ダウンロードされるスクリプトでレジストリの該当場所が開かれます。
( HKEY_CLASSES_ROOT\lnkfile )
※ 他にも HKEY_CLASSES_ROOT\InternetShortcut があります

但し、変更してもすぐには反映されないので、エクスプローラを再起動する必要があります。まともにそれを行うには、いったんログオフする必要がありますが、以下のスクリプトで再起動できます。

エクスプローラを再起動するスクリプト
' 起動用
Set WshShell = CreateObject( "WScript.Shell" )
' WMI用
Set objWMIService = GetObject("winmgmts:{impersonationLevel=impersonate}!\\.\root\cimv2")

' いったん終了させます
Set colProcessList = objWMIService.ExecQuery _ 
	("Select * from Win32_Process Where Name = 'explorer.exe'") 
For Each objProcess in colProcessList
	on error resume next
	objProcess.Terminate() 
	on error goto 0
Next 

' 少し待ちます
Wscript.Sleep(500)
Call WshShell.Run( "explorer.exe" )
手作業で行うには、タスクマネージャでエクスプローラを終了させて、ファイルメニューの新しいタスクの実行で、explorer.exe 実行しても可能ですが、少し面倒です。



タグ:Windows howto
posted by lightbox at 2014-04-16 12:37 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり