SQLの窓

2017年08月24日


OkHttp を使用した HttpAccess クラスで Web 上の PHP アプリに対してファイルをアップロードするテンプレート

▼ HttpAccess パッケージのダウンロード


( 解凍して、main\java フォルダの中に コピーして下さい )
※ OkHttp より 最新の Gradle の記述を取得して build.gradle の dependencies の最後に貼り付けて下さい
例) compile 'com.squareup.okhttp3:okhttp:3.8.1'

処理概要

assets フォルダにある画像ファイルを open して InputStream を取得し、PHP のファイルアップロード用のコードのある URL を呼び出して、ファイルをアップロードします。ファイルは、画像ファイルである必要はありませんが、確認作業が容易になるので画像を使用しています。

HttpAccess の sendUpload メソッドを使用しますが、InputStream を引き渡すようにしているので、元のデータはいろいろなところから用意する事ができるはずです。

引数は以下のようになっています。

1) String url
2) String field
3) String name
4) InputStream inputStream
5) String mime
6) OnAsyncTaskListener listener 

field は HTML で type="file" の INPUT 要素の name 属性の値になります。
name は ファイル名 で、mime は "image/jpeg" のようなものになります。

PHP からの戻りは、JSON 文字列ですが、ステータスとデバッグ用の情報なので、デシリアライズ用のクラスは作成せずにルートから解析してエラーコードを取得しています。そのエラーコードに対応する内容はあらかじめ assets に error.json として保存して読み込んでから、専用のプライベートクラス(ErrorText) を使用してデシリアライズして使用しています。

InputStream から テキストデータを一括で取得する為、HttpAccess 内に定義済みの static メソッドである readTextAll を 使用しています( okio 使用したコードです )

error.json
{
	"error": [
		"0 - 正常終了",
		"1 - アップロードされたファイルは、php.ini の upload_max_filesize ディレクティブの値を超えています",
		"2 - アップロードされたファイルは、HTML フォームで指定された MAX_FILE_SIZE を超えています",
		"3 - アップロードされたファイルは一部のみしかアップロードされていません",
		"4 - ファイルはアップロードされませんでした",
		"5 - 『アップロードに失敗しました』",
		"6 - テンポラリフォルダがありません。PHP 5.0.3 で導入されました",
		"7 - ディスクへの書き込みに失敗しました。PHP 5.1.0 で導入されました",
		"8 - PHP の拡張モジュールがファイルのアップロードを中止しました"
	]
}

PHP のコード
<?php
session_cache_limiter('nocache');
session_start();

header( "Content-Type: application/json; charset=utf-8" );

// *************************************
// 変数初期値
// *************************************
$debug = 1;
$upload_dir = "./upload";
if ( !$_FILES ) {
	// php.ini の upload_max_filesize を超えて、
	// Apache に制限が無いと $_FILE が空になる
	$_FILES['target']['error'] = 5;	// ユーザエラーメッセージ
}

// *************************************
// アップロード処理
// フィールド名 : target で固定
// *************************************
if ( $_SERVER['REQUEST_METHOD'] == "POST" ) {

	// 公開状態では実行しない
	if ( $debug == 1 ) {

		$upload = realpath ( $upload_dir );
		$upload .= ( DIRECTORY_SEPARATOR . $_FILES['target']['name'] );
		if ( move_uploaded_file(
			$_FILES['target']['tmp_name'], $upload ) ) {
			$_POST['result']  = "アップロードに成功しました";
		}
		else {
			if ( !$_FILES ) {
				$_FILES['target']['error'] = 5;	// ユーザエラーメッセージ
			}
			$_POST['result']  = "アップロードに失敗しました";
		}

	}
	else {
		if ( $_FILES['target']['error'] == 0 ) {
			$_POST['result']  = "アップロードに成功しました";
		}
		else {
			$_POST['result']  = "アップロードに失敗しました";
		}
	}

}
else {
	$_POST['result']  = "POST メソッドを使用して下さい";
}

$_POST['files'] = $_FILES;

// *************************************
// この JSON 文字列を HTML 内の json
// オブジェクト定義として埋め込みます
// *************************************
print json_encode($_POST, JSON_PRETTY_PRINT | JSON_UNESCAPED_UNICODE );
?>


activity_main.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
              xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
              xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
              android:layout_width="match_parent"
              android:layout_height="match_parent"
              android:orientation="vertical"
              tools:context=".MainActivity">

    <Button
        android:id="@+id/button"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="Button" />

</LinearLayout>


MainActivity
import android.content.res.AssetManager;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.util.Log;
import android.view.View;

import com.example.lightbox.web.HttpAccess;
import com.google.gson.Gson;
import com.google.gson.JsonElement;
import com.google.gson.JsonObject;
import com.google.gson.JsonParser;

import java.io.InputStream;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

	private HttpAccess httpAccess;
	private AssetManager assetManager;
	private ErrorText errorText;

	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.activity_main);

		httpAccess = new HttpAccess("");
		assetManager = MainActivity.this.getResources().getAssets();
		// PHP のエラーメッセージのテキストを定義した JSON 文字列の取得
		try {
			InputStream inputStream = assetManager.open("error.json");
			String json = HttpAccess.readTextAll(inputStream,"UTF-8");
			Gson gson = new Gson();
			errorText = gson.fromJson(json,ErrorText.class);
		} catch (Exception e) {
			e.printStackTrace();
		}

		MainActivity.this.findViewById(R.id.button).setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View v) {

				try {
					InputStream inputStream = assetManager.open("image.jpg");
					httpAccess.sendUpload(
							// URL ( 必ず指定 )
							"http://10.0.2.2/r101/php_upload/file_upload.php",
							// フィールド名
							"target",
							// ファイル名
							"image.jpg",
							inputStream,
							// MIME
							"image/jpeg",
							new HttpAccess.OnAsyncTaskListener() {
								@Override
								public void onAsyncTaskListener(String s) {

									// JSON 文字列のツリー解析
									/* {
										"result": "アップロードに成功しました",
										"files": {
											"target": {
												"name": "image.jpg",
												"type": "image\/jpeg",
												"tmp_name": "",
												"error": 0,
												"size": 22652
											}
										}
									} */
									JsonParser parser = new JsonParser();
									JsonElement element = parser.parse(s);
									JsonObject root = element.getAsJsonObject();
									String result = root.get("result").getAsString();
									JsonObject files = root.get("files").getAsJsonObject();
									JsonObject target = files.get("target").getAsJsonObject();
									int error = target.get("error").getAsInt();

									String ErrorText = errorText.error[error];
									Log.i("lightbox", s);
									Log.i("lightbox", result);
									Log.i("lightbox", ErrorText);


								}
							}
					);
				} catch (Exception e) {
					e.printStackTrace();
				}
			}
		});

	}

	// *************************************
	// assets フォルダの error.json 用
	// *************************************
	private class ErrorText {
		String[] error;
	}

}



build.gradle( dependencies ) に追加する2行
    compile 'com.google.code.gson:gson:2.8.1'
    compile 'com.squareup.okhttp3:okhttp:3.8.1'


※ android.permission.INTERNET が必要です
※ コピーして使いやすいように、ソースコードにパッケージに依存する記述が無いので注意して下さい。
(画面は、.MainActivity なのでそのまま使用可能です)





posted by lightbox at 2017-08-24 16:14 | 2017 Android Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日


OkHttp を使用した HttpAccess クラスで Web 上の掲示板に投稿(POST)するテンプレート

▼ HttpAccess パッケージのダウンロード


( 解凍して、main\java フォルダの中に コピーして下さい )
※ OkHttp より 最新の Gradle の記述を取得して build.gradle の dependencies の最後に貼り付けて下さい
例) compile 'com.squareup.okhttp3:okhttp:3.8.1'

処理概要

本来ならば、直接JSON を返す PHP 側のアプリを呼び出すのですが、一般的な『掲示板』に実際 Android から POST して、HTML で返される結果はをアプリ内で Log.i() で表示します。但し、この掲示板のデータの保存形式を JSON にしていますので、投稿終了後再度データそのものを呼び出して ListView に表示しています。

掲示板アプリはこのテスト専用に作成したもので、最後の更新後5分でデータが削除されます。投稿と投稿の間には1分の間隔が必要で、固有コードを入力して、そのコード(スレッド)毎に内容を確認できるようにしています




WEB側の実行画面


簡易掲示板(5分限定)

※ このページはレスポンシブです



Android の実行画面



最初のフィールドは固有コードの入力で、自由な数字を入力して次のフィールドで本文を投稿します。そして、投稿後 WEB 側で 固有コードを入力して送信して確認します。

※ 入力された本文は、ListView に表示されます

activity_main.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
              xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
              xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
              android:id="@+id/layout"
              android:layout_width="match_parent"
              android:layout_height="match_parent"
              android:orientation="vertical"
              tools:context=".MainActivity"
              android:weightSum="1">

    <LinearLayout
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:orientation="horizontal">

        <EditText
            android:id="@+id/editTextCode"
            android:layout_width="wrap_content"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:layout_weight="1"
            android:ems="10"
            android:inputType="number"/>

        <Button
            android:id="@+id/button"
            android:layout_width="wrap_content"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:layout_weight="1"
            android:text="Button"/>

    </LinearLayout>

    <EditText
        android:id="@+id/editText"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="113dp"
        android:ems="10"
        android:gravity="top|left"
        android:inputType="textMultiLine"
        />

    <ListView
        android:id="@+id/listView"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent" />

</LinearLayout>


MainActivity
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.os.Bundle;
import android.util.Log;
import android.view.View;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.Button;
import android.widget.EditText;
import android.widget.ListView;

import com.example.lightbox.web.HttpAccess;
import com.google.gson.Gson;

import java.util.HashMap;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

	// *******************************
	// データ定義
	// *******************************
	private String url = "https://lightbox.sakura.ne.jp/demo/template/lightbox/bbs-normal/bbs.php";
	private String jsonurl = "https://lightbox.sakura.ne.jp/demo/template/lightbox/bbs-normal/data/";

	// *******************************
	// 変数定義
	// *******************************
	private ArrayAdapter<WebData> arrayAdapter;
	private ListView listView;
	private HttpAccess httpAccess;

	// *******************************
	// 初期処理
	// *******************************
	@Override
	protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		setContentView(R.layout.activity_main);

		// *******************************
		// ボタンのイベント
		// *******************************
		Button button = (Button) MainActivity.this.findViewById(R.id.button);
		button.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {
			@Override
			public void onClick(View v) {
				Log.i("lightbox", "クリックされました");
				CallPost();
			}
		});

		// *******************************
		// リストビューの準備
		// *******************************
		listView = (ListView) MainActivity.this.findViewById(R.id.listView);
		// データが入るオブジェクト
		arrayAdapter = new ArrayAdapter<WebData>(MainActivity.this, android.R.layout.simple_list_item_1);
		// 初期化
		arrayAdapter.clear();
		// リストビューにデータが入るオブジェクトをセット
		listView.setAdapter(arrayAdapter);

		// *******************************
		// 送信用オブジェクトを作成
		// *******************************
		httpAccess = new HttpAccess(url);

	}

	// *******************************
	// 送信処理
	// *******************************
	private void CallPost() {

		HashMap<String, String> hashMap = new HashMap<String, String>();

		// 投稿テキスト
		EditText editText = (EditText) MainActivity.this.findViewById(R.id.editText);
		String text = editText.getText().toString();
		hashMap.put("text", text);

		// 固有コード
		EditText editTextCode = (EditText) MainActivity.this.findViewById(R.id.editTextCode);
		String code = editTextCode.getText().toString();
		hashMap.put("mycode", code);

		httpAccess.setUrl(url);
		// 送信
		httpAccess.sendPost(hashMap, new HttpAccess.OnAsyncTaskListener() {
			@Override
			public void onAsyncTaskListener(String s) {
				Log.i("lightbox", s);

				// 固有コード
				EditText editTextCode = (EditText) MainActivity.this.findViewById(R.id.editTextCode);
				String code = editTextCode.getText().toString();

				// *******************************
				// 投稿(POST) 後、結果の JSON を取得する
				// *******************************
				httpAccess.setUrl(String.format("%s%s.json",jsonurl,code));
				httpAccess.sendGet(new HttpAccess.OnAsyncTaskListener() {
					@Override
					public void onAsyncTaskListener(String s) {
						Log.i("lightbox", s);

						// *******************************
						// JSON を ListView に表示する
						// *******************************
						Gson gson = new Gson();
						DataList dataList = gson.fromJson(s,DataList.class);
						// クリア
						arrayAdapter.clear();
						// データセット
						arrayAdapter.addAll(dataList.item);

					}
				});


			}
		});

	}

}



Google Gson 用のデータ格納用のクラス
package com.example.lightbox.posttest;

public class DataList {

	WebData[] item;

}

package com.example.lightbox.posttest;

public class WebData {

	String text;

	@Override
	public String toString() {
		return text;
	}
}



build.gradle( dependencies ) に追加する2行
    compile 'com.google.code.gson:gson:2.8.1'
    compile 'com.squareup.okhttp3:okhttp:3.8.1'


※ android.permission.INTERNET が必要です
※ コピーして使いやすいように、ソースコードにパッケージに依存する記述が無いので注意して下さい。
(画面は、.MainActivity なのでそのまま使用可能です)





posted by lightbox at 2017-08-23 20:17 | 2017 Android Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日


C# : System.Data.OleDb で Microsoft Access のデータを読み取る

出力ウインドウに結果を表示する為に、Debug.WriteLine を使用していますが、他のメッセージが邪魔なので、デバッグ =>オプション の 『出力』で、【全てのデバッグ出力】以外を オフにしています。



元々は、VB.net でしたが、Telerik Code Converter で変換して少し手を加えました。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Data.OleDb;
using System.Diagnostics;

namespace MsAccess1 {
	class Program {
		static void Main(string[] args) {

			using (OleDbConnection myCon = new OleDbConnection())
			using (OleDbCommand myCommand = new OleDbCommand())
			{
				// SQL文字列格納用
				string myQuery = null;
				string myPath = @"C:\tmp\販売管理C.accdb";
//				string myPath = @"C:\tmp\販売管理C.mdb";	// 古い MsAccess

				// 接続文字列の作成
				myCon.ConnectionString = string.Format("Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0;Data Source={0};", myPath);
				// 出力ウインドウに表示
				// デバッグ>オプション の 『出力』で、【全てのデバッグ出力】以外を オフにする
				Debug.WriteLine(myCon.ConnectionString);

				// *********************
				// 接続
				// *********************
				try {
					// 接続文字列を使用して接続
					myCon.Open();
					// コマンドオブジェクトに接続をセット
					myCommand.Connection = myCon;
					// コマンドを通常 SQL用に変更
					myCommand.CommandType = System.Data.CommandType.Text;
				}
				catch (Exception ex) {
					Debug.WriteLine(ex.Message);
					return;
				}

				myQuery = "select * from 社員マスタ";
				myCommand.CommandText = myQuery;

				// *********************
				// レコードセット取得
				// *********************
				try {
					using (OleDbDataReader myReader = myCommand.ExecuteReader())
					{
						// *********************
						// 列数
						// *********************
						int nCols = myReader.FieldCount;
						Type fldType;

						// カラムループ用
						int idx = 0;
						while (myReader.Read()) {

							for (idx = 0; idx <= nCols - 1; idx++) {
								if (idx != 0) {
									Debug.Write(",");
								}

								// NULL でない場合
								if (!myReader.IsDBNull(idx)) {
									// 列のデータ型を取得
									fldType = myReader.GetFieldType(idx);

									// 文字列
									if (fldType.Name == "String") {
										Debug.Write(myReader.GetValue(idx) + "");
										continue;
									}
									if (fldType.Name == "Int32") {
										Debug.Write(myReader.GetInt32(idx).ToString() + "");
										continue;
									}
									if (fldType.Name == "DateTime") {
										Debug.Write(myReader.GetDateTime(idx).ToString() + "");
										continue;
									}

									Debug.Write(myReader.GetValue(idx).ToString() + "");

								}
								else {
									Debug.Write("");
								}
							}
							// 1行の最後
							Debug.WriteLine("");

						}

						// リーダを使い終わったので閉じる
						myReader.Close();
					}
				}
				catch (Exception ex) {
					myCon.Close();
					Debug.WriteLine(ex.Message);
					return;
				}

				myCon.Close();

			}	// 最外の using の終わり

		}	// Main の終わり
	}	// class の終わり
}	// namespace の終わり




posted by lightbox at 2017-08-17 23:15 | VS(C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり