SQLの窓

2018年08月10日


IE11 で『安全だとマークされていないActiveX』を使用可能にして実行可能な Windows 処理のサンプル

HTA(HTMLアプリケーション) のコードを html として IE11 でデバッグする方法 を行って、localhost や イントラネットのサーバを信頼するサイトに登録すると使えます。

実行は JavaScript で簡単な関数を用意して実行します。
ごみ箱 explorer.exe /n,::{645FF040-5081-101B-9F08-00AA002F954E}
ファイル名を指定して実行 rundll32.exe shell32.dll,#61
インイストールされたソフトウェア(プログラムと機能) rundll32.exe shell32.dll,Control_RunDLL appwiz.cpl
ネットワーク接続 rundll32.exe shell32.dll,Control_RunDLL ncpa.cpl
環境変数ダイアログ rundll32.exe sysdm.cpl,EditEnvironmentVariables
Windows Update control.exe /name Microsoft.WindowsUpdate
デバイスマネージャ control.exe /name Microsoft.DeviceManager
フォルダオプション rundll32.exe shell32.dll,Options_RunDLL 7
ネットワークドライブの割り当てダイアログ rundll32.exe shell32.dll,SHHelpShortcuts_RunDLL Connect
デスクトップアイコンの設定 control.exe desk.cpl,,0
メモ帳 notepad.exe
ペイント mspaint.exe
電卓 calc.exe
プリンタ一覧 control.exe /name Microsoft.DevicesAndPrinters
Microsoft Excel excel.exe
Microsoft Word winword.exe
マイドキュメント explorer C:\Users\%USERNAME%\Documents
リソープリンタ 管理ページ rundll32.exe url.dll,FileProtocolHandler http://192.168.10.37/
デスクトップの アプリケーション.mde C:\Users\%USERNAME%\Desktop\アプリケーション.mde
デスクトップの Book1.xlsx C:\Users\%USERNAME%\Desktop\Book1.xlsx
\\コンピューター名\共有 \\pc01\mydata\2018

用意する JavaScript の処理
<script>
function newObject( className ) {

	var obj;

	try {
		obj = new ActiveXObject( className );
	}
	catch (e) {
		obj = null;
	}

	return obj;

}

var wsh = newObject("WScript.Shell");

function wshRun( strPath ) {

	wsh.Run( "RunDLL32.EXE url.dll,FileProtocolHandler " + "\"" + strPath + "\"" )

}

function wshRunExe( strPath ) {

	wsh.Run( strPath )

}

</script>

Windows の一般アプリケーション(.exe) は、wshRunExe を使用します。拡張子による実行には、ファイルのパスを渡して wshRun を使用します。( strPath に渡すパス内の文字列は HTML 上に文字列として置く場合、 \ が \\ となるようにします )

\\コンピューター名\共有 のネットワーク参照は、A 要素で href に指定してエクスプローラで開く事ができます。




posted by lightbox at 2018-08-10 16:38 | IE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Seesaa の各ページの表示について
Seesaa の 記事がたまに全く表示されない場合があります。その場合は、設定> 詳細設定> ブログ設定 で 最新の情報に更新の『実行ボタン』で記事やアーカイブが最新にビルドされます。

Seesaa のページで、アーカイブとタグページは要注意です。タグページはコンテンツが全く無い状態になりますし、アーカイブページも歯抜けページはコンテンツが存在しないのにページが表示されてしまいます。

また、カテゴリページもそういう意味では完全ではありません。『カテゴリID-番号』というフォーマットで表示されるページですが、実際存在するより大きな番号でも表示されてしまいます。

※ インデックスページのみ、実際の記事数を超えたページを指定しても最後のページが表示されるようです

対処としては、このようなヘルプ的な情報を固定でページの最後に表示するようにするといいでしょう。具体的には、メインの記事コンテンツの下に『自由形式』を追加し、アーカイブとカテゴリページでのみ表示するように設定し、コンテンツを用意するといいと思います。


※ エキスパートモードで表示しています

アーカイブとカテゴリページはこのように簡単に設定できますが、タグページは HTML 設定を直接変更して、以下の『タグページでのみ表示される内容』の記述方法で設定する必要があります

<% if:page_name eq 'archive' -%>
アーカイブページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'category' -%>
カテゴリページでのみ表示される内容
<% /if %>

<% if:page_name eq 'tag' -%>
タグページでのみ表示される内容
<% /if %>
この記述は、以下の場所で使用します
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり