SQLの窓

2018年02月07日


アンパサンド(&) を使用してコマンドプロンプト(バッチファイル) のコマンドを一行で複数実行

以下は、ファイル名を指定して実行からの起動ですが、コマンドプロンプトを表示したままで保持し、必要がなくなればすぐ閉じる事ができます
(もちろんコマンドプロンプトからの実行でもかまいませんが、その場合は pause は必要無いです)

/C は、/C の後の文字列を新しい cmd.exe で実行した後、cmd.exe を終了するという意味なので、dir を実行した後、pause で一時停止して入力待ちとなり、何かキーを押せば cmd.exe が終了します。

最後に pause を使う方法は、コンソールに出力された結果を画面で確認できるようにする為に用いられます。
cmd /c dir & pause

また、複数のアプリケーション(バッチファイル内の行単位の処理)をプログラムから呼び出したい(call コマンドを使用)場合で、外部にバッチファイルを作りたくない場合に使用します。


次のサンプルは、ユーザフォルダの dir の結果をテキストファイルにリダイレクトして dir の結果をメモ帳で開きます。

notepad の起動に start を使用しているので、元の cmd.exe は終了して結果の dir.log を表示したメモ帳のみが Windows 上に残ります
cmd /c cd %HOMEPATH% & dir > c:\temp\dir.log & start notepad c:\temp\dir.log


posted by lightbox at 2018-02-07 14:09 | コマンドプロンプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり