SQLの窓

2018年12月26日


IE11のソースエディタの変更( VBScript のみ )

最新の IE11 では、HKEY_CURRENT_USER でしか動作しないようです。





全て VBScript のみで実行しています。ですから、ファイル参照ウインドウの表示が、現在表示しているウインドウに隠れたりする場合があるので注意して下さい。

ieSrcEditor.wsf をエクスプローラから実行すると、ファイルを参照するダイアログが開きます。内部のコードは以下のようになっていますが、必要な関数等はインターネット上に保存して使用しています。ここでは、ローカルのファイルを開いてパスを取得する為に、InternetExplorer.Application を使用しています。

アンインストールは、zip 内の uninstall.reg か 以下のテキストを uninstall.reg として shift_jis か Unicode で保存してエクスプローラから実行します。内部は、Microsoft の仕様によるレジストリエントリの削除記述となっています。ですから、実際削除を行うのは、regedit.exe です。
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\2]
"1201"=dword:00000000
"1406"=dword:00000000



▼ 実行用のソースコードです
<JOB>
<COMMENT>
************************************************************
 WEB WSH 実行スケルトン
************************************************************
</COMMENT>

<COMMENT>
************************************************************
 外部スクリプト定義
************************************************************
</COMMENT>
<SCRIPT
	language="VBScript"
	src="http://lightbox.in.coocan.jp/laylaClass.vbs">
</SCRIPT>

<SCRIPT language=VBScript>
' 管理者として実行を強制する
Set obj = Wscript.CreateObject("Shell.Application")
if Wscript.Arguments.Count = 0 then
	obj.ShellExecute "wscript.exe", WScript.ScriptFullName & " runas", "", "runas", 1
	Wscript.Quit
end if

' ***********************************************************
' 処理開始
' ***********************************************************
Call laylaFunctionTarget( "http://lightbox.in.coocan.jp/" )
Call laylaLoadFunction( "baseFunction.vbs" )
Call laylaLoadFunction( "wmiReg.vbs" )
Call laylaLoadFunction( "toolFunction.vbs" )

' **********************************************************
' エディタ選択
' **********************************************************
strValue = OpenLocalFileName
if strValue = "" then
	Wscript.Quit
end if

' **********************************************************
' レジストリ
' **********************************************************
strPath = "SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\View Source Editor\Editor Name"
Call WMIRegCreateKey( HKEY_CURRENT_USER, strPath )
strValue = Dd( strValue )
Call WMIRegSetStringValue( HKEY_CURRENT_USER, strPath, Empty, strValue )

MsgOk( strValue & " を IE のソースエディタとして登録しました" )

Function OpenLocalFileName( )

	Call GetObj( "IEDocument", "InternetExplorer.Application" )
	IEDocument.Navigate( ScriptDir( ) & "\local.htm" )
	IEDocument.document.getElementsByTagName("BODY")(0).innerHTML = "<input id=FilePath type=file>"
	IEDocument.document.getElementById("FilePath").click
	if IEDocument.document.getElementById("FilePath").value = "" then
		OpenLocalFileName = ""
		IEDocument.Quit
		Set IEDocument = Nothing
		Exit Function
	end if

	OpenLocalFileName = IEDocument.document.getElementById("FilePath").value

	IEDocument.Quit
	Set IEDocument = Nothing

End Function
</SCRIPT>
</JOB>






タグ:ツール IE
【IEの最新記事】
posted by lightbox at 2018-12-26 15:00 | IE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり