SQLの窓

2018年02月07日


VBScript : めんどくさいフォルダを開く

スクリプトです。ダウンロードして使用して下さい。

1) デスクトップ
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
Set objFolder = obj.NameSpace( &h0 )
obj.Explore(objFolder.Self.Path)


2) HOSTS のあるディレクトリ
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
Set objFolder = obj.NameSpace( &h25 )
obj.Explore(objFolder.Self.Path&"\drivers\etc")

3) コントロールパネル
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
Set objFolder = obj.NameSpace( &h3 )
obj.Explore(objFolder.Self.Path)


4) 最近盛った項目
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
Set objFolder = obj.NameSpace( &h8 )
obj.Explore(objFolder.Self.Path)


5) SysWOW64
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
Set objFolder = obj.NameSpace( &h29 )
obj.Explore(objFolder.Self.Path)


6) Microsoft Framework
Set obj = CreateObject("Shell.Application")
Set objFolder = obj.NameSpace( &h24 )
obj.Explore(objFolder.Self.Path & "\Microsoft.NET\Framework" )


以下の番号を 1) のスクリプトの &h0 に置き換えると、それぞれの特殊フォルダを開きます。ですから、そのパスを基点とした良く使うけれど、面倒な場所にあるフォルダの位置をスクリプトに追加で書き込むといいです。( 例: HOSTS のあるディレクトリ )

DESKTOP0x00
PROGRAMS0x02
CONTROLS0x03
PRINTERS0x04
PERSONAL0x05
FAVORITES0x06
STARTUP0x07
RECENT0x08
SENDTO0x09
BITBUCKET0x0a
STARTMENU0x0b
DESKTOPDIRECTORY0x10
DRIVES0x11
NETWORK0x12
NETHOOD0x13
FONTS0x14
TEMPLATES0x15
COMMONSTARTMENU0x16
COMMONPROGRAMS0x17
COMMONSTARTUP0x18
COMMONDESKTOPDIR0x19
APPDATA0x1a
PRINTHOOD0x1b
LOCALAPPDATA0x1c
ALTSTARTUP0x1d
COMMONALTSTARTUP0x1e
COMMONFAVORITES0x1f
INTERNETCACHE0x20
COOKIES0x21
HISTORY0x22
COMMONAPPDATA0x23
WINDOWS0x24
SYSTEM0x25
PROGRAMFILES0x26
MYPICTURES0x27
PROFILE0x28
SYSTEMx860x29
PROGRAMFILESx860x30



タグ:VBScript
【Windowsの最新記事】
posted by lightbox at 2018-02-07 21:57 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり