SQLの窓

2009年06月19日


コマンドプロンプトからサービス開始

コマンドプロンプトを管理者権限で起動します。

1) Windowsキー + X メニューからコマンドプロンプト(管理者)
※ PowerShell の場合は設定変更。

2) Windowsキー + S で検索フィールドに cmd と入力して Ctrl + Shift + Enter

3) 既存のコマンドプロンプトのタスクバーのアイコンを Ctrl + Shift を押しながらクリック



コマンドプロンプトからサービスを開始するには、以下のどちらかを使用します

net start サービス名
net start "表示名"

同様に、停止する時は

net stop サービス名
net stop "表示名"

です。

厳密には、サービス名 が正しいのですが、ツールとして上記のような利用方法に対応しているようです

※ 大文字小文字を区別しないようです
net start Spooler
net start spooler
net start "Print Spooler"
net start "print spooler"

sc コマンドも使用できます

sc start spooler
sc stop spooler



関連する記事

WMIでローカルPCのサービス開始





タグ:サービス
posted by lightbox at 2009-06-19 10:01 | コマンドプロンプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり