SQLの窓

2018年02月12日


VBScript : クリップボードデータの取得


Set objIE = CreateObject("InternetExplorer.Application")
objIE.Navigate("about:blank")
Do While objIE.Busy
	' 100 ミリ秒
	Wscript.Sleep 100
Loop
strText = objIE.document.parentWindow.clipboardData.GetData( "Text" ) & ""
objIE.Quit

Wscript.Echo strText

InternetExplorer を使うので、セキュリティ設定でクリップボードの扱いが制限されている場合があります



デフォルトではダイアログボックスが表示されて、貼り付けても良いか(またはコピーしても良いか)確認を要求されます。



『アクセスを許可する』をクリックすると、クリップボードからデータを取得します。このダイアログを表示したく無い場合は、セキュリティ設定で『有効にする』と設定して保存して下さい。

うまく動作させる為の重要なポイント

about:blank の場合、Busy プロパティは殆ど必要無いはずですが、実際のページの場合は Busy プロパティのチェックが必要なので、普段から、このように書いておいたほうが良いでしょう
※ ReadyState の 4( 完了 ) をチェックしている方も居られるようです  



タグ:VBScript
【VBScript ベーシックの最新記事】
posted by lightbox at 2018-02-12 00:14 | VBScript ベーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり