SQLの窓

2019年03月19日


コマンド リダイレクト演算子を使用する( Using command redirection operators )

✅ Microsoft ドキュメント
コマンド リダイレクト演算子を使用する

⭐ 単純な リダイレクト は > です。
 コマンドプロンプトに表示されるはずの文字列をファイルに書き込みます。

⭐ >> を使うと追加書き込みです。

このような記号は、リダイレクト演算子と呼ばれます。

STDIN

0

キーボード入力

STDOUT

1

標準出力

標準エラー出力

2

Error output to the Command Prompt window

0、1、2 は ハンドル番号で、既存のハンドルへのリダイレクトを指定するには、アンパサンド(&)文字の後にリダイレクトしたいハンドル番号を使用します。

なので、2>&1 は 標準エラー出力を標準出力にリダイレクトする事を意味します。

▼ 解りやすいテストはエラーだけに着目して、以下のように実行します。
C:\temp>dir x
 ドライブ C のボリューム ラベルは Windows10 です
 ボリューム シリアル番号は 40B9-7D17 です

 C:\temp のディレクトリ

ファイルが見つかりません
( x が存在しないので『ファイルが見つかりません』と言うエラーメッセージが出ます ) この『ファイルが見つかりません』は、dir x > message.txt としても message.txt には書き込まれまれずに、コマンドプロンプトに表示されます。 しかし、以下のようにすれば全て書き込む事ができます。
dir x > message.txt 2>&1
この方法は解りにくいですが、標準出力と標準エラー出力を同時にリダイレクトしたいときに意味があります。
dir x 2> message.txt
だと、ファイルが見つかりません だけが書き込まれてしまいます。 キーボード入力をファイル化 リダイレクト演算子を使用して、キーボードから入力した文字列をテキストファイルに書き込む事ができます。
type con > message.txt
type コマンドは、ファイルの内容をコマンドプロンプトに表示するコマンドですが、con と言う特殊な予約文字列を使用すると、キーボードをファイルとみなした動作を行います。 ※ 終了時は 改行入力後、CTRL+Z を入力してEnter です 空のファイルを作成する nul と言う予約文字列を使用して以下のように実行します
type nul > message.txt
実行結果を表示しない nul は存在しないファイルのようなものなので、標準結果への出力を無かった事にできます
dir *.* > nul
エクスプローラで作成できないファイルを作成する .(ドット) で始まるファイルはエクスプローラで作成できませんが、以下のようにすれば作成する事ができます
type nul > .htaccess
posted by lightbox at 2019-03-19 14:26 | コマンドプロンプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり



フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり