SQLの窓

2014年06月18日


コマンドプロンプト : 指定回数だけループ処理を行うバッチファイル

for コマンドを実行する毎に呼び出し先で環境変数を設定してカウントアップし、その値を errorlevel として使って判断します

▼ 4回ループ
>count.bat 4

count.bat
@echo off
setlocal

for %%i in ( *.* ) do (
	echo %%~fi
	call :count
	if errorlevel %1 ( goto end )
)

goto :end

:count
set /A COUNT=COUNT+1
exit /b %COUNT%

:end

関連する記事(解説)

環境変数をカウンタとして使う(古い方法)


posted by lightbox at 2014-06-18 22:13 | コマンド : バッチファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
バッチ処理

Microsoft Office
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
PHP正規表現チェッカー
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり