SQLの窓

2009年09月16日


Flex3 : デバッグ方法

実際の実行サンプル
簡単な Flex3 + PHP のサンプルです
( 入力した内容を Alert で表示しています )

Flex 側
WEBベースのデバッグでは、Firebug のコンソールを使うと簡単です。
Flex 側では以下のような関数を定義しておいて使用します
// *********************************************************
// ログ表示
// *********************************************************
public function firebug(data:Object):void {

	var fmt:DateFormatter = new DateFormatter();

	fmt.formatString = "YYYY/MM/DD HH:NN:SS";
	var logdt:String = fmt.format( new Date );

	ExternalInterface.call(
		"console.log", logdt,
		data+""
	);

}

HTML 側
Firefox ならば、Firefox 用の Firebug のコンソールで表示できます。
IE の場合は、Firebug lite 用の JavaScript ライブラリを組み込む必要があります
※ Firefox では、Firebug lite も動作します
※ Firebug を起動すると、Firebug lite は止まるようです
オリジナルサイトでもホスティングしてくれていますが、
デバッグに特化したものをウチのサイトでホスティングしています。
ご自由にお使い下さい。

また、SWFObject は置くだけなので、自分のブログやサイトに置いても
良いのですが、Google がホスティングしてくれており、バージョンの変更
が容易なので、利用する事を考えるのも一つの選択肢です。
( 以下では、Google を使用しています )
<HTML>
<HEAD>
<META http-equiv="Content-type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<TITLE>WEB Flex のテスト</TITLE>
<STYLE type="text/css">
* {
	font-family: "MS Pゴシック";
	font-size: 12px;
}
BODY {
	background-color: white;
	color: black;
}
</STYLE>

<script
	type="text/javascript"
	src="http://www.google.com/jsapi"
></script>
<script
	type="text/javascript"
	src="http://lightbox.on.coocan.jp/firebug-lite.js"
></script>

<script type="text/javascript">
// Firebug lite 用設定
firebug.env.detectFirebug = false;
firebug.env.showIconWhenHidden = false;

// SWFObject のロード
google.load("swfobject", "2.2");

var userAgent = window.navigator.userAgent.toLowerCase();
var appVersion = window.navigator.appVersion.toLowerCase();

function ie6xLoad() {
	setTimeout( "ie6x()", 500 );
}
function ie6x() {
	scroll(0,document.body.scrollHeight);
	scroll(0,0);
}

if (userAgent.indexOf("msie") > -1) {
	if (appVersion.indexOf("msie 6.0") > -1) {
		google.setOnLoadCallback(ie6xLoad);
	}
}
</script>

</HEAD>

<!-- *******************************************************
 BODY
******************************************************** -->
<BODY>

<div id="flashcontent"></div>

<script type="text/javascript">
var flashvars = { source:"inputParam" };
var params = { allowScriptAccess:"always", bgcolor:"#ffffff" }; 
var attributes = { id: "id_sample", name: "id_sample" };
swfobject.embedSWF(
	"Main.swf?reload="+(new Date()).getTime(),
	"flashcontent", 
	"600",
	"500",
	"9.0.0",
	"",
	flashvars,
	params,
	attributes
);
</script>

</BODY>
</HTML>

google.setOnLoadCallback は、Google API のメソッドで、
onload イベントへの追加に使えるので、IE6 用の表示調整に使用しています


【Flexの最新記事】
posted by lightbox at 2009-09-16 20:39 | Flex | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
バッチ処理

Microsoft Office
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり