SQLの窓

2014年07月17日


PowerShell2.0 : 初めての PowerShell / ファイルのダウンロード (.NET Framework の利用)

Windows7 では PowerShell はデフォルトで利用できます。ですが、基本的には .NET Framework を利用したりするので一般的ではありません。プログラマ向きの面倒なものです。

PowerShell2.0 : 最初の設定( set-executionpolicy remotesigned の実行 )

特に、言語マニュアルというものがあるのでは無く、ヘルプから 『Windows PowerShell の About ヘルプ トピック』という解りにくところから探して行きます(本文のサンプルコードを参考にしていきます)。

ヘルプは、Windows ベースのグラフィック ユーザー インターフェイスでコマンドの実行ができる『Windows PowerShell ISE』から呼び出します



以下は、about_Automatic_Variables と言って、状態情報を格納する変数について書かれています。True や  False や Null はここにありますが他にもいろいろな値が用意されています

about_Automatic_Variables
(日本語テキストが必要な場合は、get-help about_Automatic_Variables > about_Automatic_Variables.txt を実行します)

(例)

$NULL
	NULL または空の値を格納します。文字列 "NULL" の代わりにこの変数
	を使用して、コマンドおよびスクリプトで NULL を表すことができます。
	空でない文字列またはゼロ以外の整数に変換されると、この文字列は
	TRUE として解釈されます。


また、以下は get-help Add-Type -full に書かれているサンプルを元にテストした、ファイルをダウンロードする為の二種類の簡単なコードです。後者は GUI のダウンロード進捗を示すダイアログが表示されます。

※ 前者はこちら
$obj = New-Object System.Net.WebClient
$obj.DownloadFile("http://winofsql.jp/image/winofsql.png", "C:\user\work\data\winofsql1.png")
$obj.Dispose()

▼ 6000 は、タイムアウト間隔 (ミリ秒単位)。 既定値は 100 秒です。
add-type -AssemblyName Microsoft.VisualBasic
$obj = New-Object Microsoft.VisualBasic.Devices.Network
$obj.DownloadFile(
	"http://dl.bintray.com/oneclick/rubyinstaller/rubyinstaller-2.0.0-p481.exe?direct",
	"C:\user\work\data\rubyinstaller-2.0.0-p481.exe" ,
	"",
	"",
	$true,
	6000,
	$true 
)

タイムアウトは、指定した connectionTimeout 内にサーバーが応答しない場合に発生します
いずれも、出力ファイルのフォルダに対する権限を保有している必要があります。



タグ:PowerShell
【PowerShellの最新記事】
posted by lightbox at 2014-07-17 01:30 | PowerShell | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり