SQLの窓

2010年04月28日


Oracle11g をXPモード内でインストールして仮想PCとして複製する

この環境はアカデミックライセンス下で、学習目的の為の初期インストール時に
おけるパックアップの為のテストです。
まず、仮想PCを作成しますが、XPモードインストール時のものでは無く複製したも
のを使っています。

関連する記事

XPモードの複製


元々XPモードをインストールした Administrator ユーザのユーザーディレクトリ
にあった差分ファイルを lightbox ユーザーにコピーして仮想PCを作成し、
そこに、Oracle11g を数台分インストールした後、インストール後の差分データを
別PCにコピーして稼働可能させるテストです。

元の仮想PCは、親PCの PC名に対して頭に V を付けて区別し、外部のネットワーク
にIPアドレスを持つ一つのPCとして見えるようにしています。この際、親PCは、DHCP
で IP アドレスを取得していますが、Oracle がインストールされる仮想PC は、固定
PC を割り振っています。

このインストールでは、Oracleへの の接続確認を Oracle 純正の ODBC ドライバで
確認し、エンタープライズマネージャーを起動してサービスが正しく動いている事
を確認しています。

1) Oracle サービス
2) TNS リスナー
3) エンタープライズマネージャ用(Console)

次に、この差分ファイルを別PC にコピーしたものと、単純にそのPC に複製したもの
からそれぞれ新しい仮想PCを作成して、PC名とIP アドレスがユニークになるように
変更します。PC 名を変更すると、再起動となるので、その前に 仮想PCに親PCと同じ
ユーザを作成して、Administrators グループに追加します。

Oraxpmode1

そして、統合機能を有効にする時に、新しく作った親PCと同じユーザで資格情報を登録
して、次より自動的にログインするようにします。それ以外は、問題を排除する為に、
Windows のファイアーウォールを停止して「手動」にし、セキュリティソフトがイン
ストールされている場合は、後に最適な設定ができるまで無効にしておきます。
( 仮想PCでかつ、実運用は行わないのでセキュリティソフトは必要ありません )

再起動後、PC名を変更した事が原因で、Oracle が動かなくなりますが、以下の手順
で正しく起動する事を、約20台のPCで確認しています


関連する記事

Oracle11g + Windows : PC名を変更してしまった場合の対処方法



posted by lightbox at 2010-04-28 13:00 | Oracle : 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
バッチ処理

Microsoft Office
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり