SQLの窓

2010年05月28日


VB.net と C# における KeyPress イベントの受け取り方

いろいろやってみましたが、直感的でかつ短くなる書き方が違います。
ControlChars.Cr は、Microsoft.VisualBasic 名前空間で、Char 型(構造体)です。

Keys.Return は、System.Windows.Forms 名前空間で、列挙体で整数です
VB.net で、整数を Char 型にキャストできないので、比較するにはいろいろ
変換が必要です

C# でも、Microsoft.VisualBasic 名前空間を使用するのであれば、ControlChars.Cr
を使用できますが、Java や C++ から入った人の発想に無い内容になりがちです

VB.net
Public Class Form1

	Private Sub TextBox1_KeyPress( _
	  ByVal sender As System.Object, _
	  ByVal e As System.Windows.Forms.KeyPressEventArgs) _
	  Handles TextBox1.KeyPress

		' VB.net で推奨
		If e.KeyChar = ControlChars.Cr Then
			Console.WriteLine("VB.net用")
		End If

	End Sub
End Class

C#
public partial class Form1 : Form
{
	public Form1()
	{
		InitializeComponent();
	}

	private void textBox1_KeyPress(
		object sender, 
		KeyPressEventArgs e)
	{

		// C# で推奨
		if (e.KeyChar == (char)Keys.Return) {
			Console.WriteLine("C#用");
		}

	}
}



タグ:VB.NET C#
posted by lightbox at 2010-05-28 14:20 | VB.NET : テクニカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
バッチ処理

Microsoft Office
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり