SQLの窓

2014年08月12日


VBScript : WSH : (超) 雛型

VBScript の非常に便利なのに、おそらくあまり知られていない使い方です。拡張子は .wsf として下さい

関連する記事

VBScript : Twitter API を呼び出して投稿する


※ REFERENCE 要素でオブジェクトに定義されている定数を参照可能にしています。
※ RESOURCE 要素でソース内にテキストを定義できます
※ SCRIPT 要素を使用すると、URL を指定して外部ライブラリを読み込む事ができます
※ JavaScript のライブラリを読み込んで、呼び出す事も可能です

Wsh_skeleton
<JOB>
<COMMENT>
************************************************************
■著作権その他

このプログラムはフリーです。どうぞ自由に御使用ください。
著作権は作者である私(lightbox)が保有しています。
また、本ソフトを運用した結果については、作者は一切責任を
負えせんのでご了承ください。
************************************************************
</COMMENT>

<OBJECT id="WshShell" progid="WScript.Shell" />
<OBJECT id="Fso" progid="Scripting.FileSystemObject" />
<OBJECT id="Dic" progid="Scripting.Dictionary" />
<OBJECT id="Shell" progid="Shell.Application" />

<OBJECT id="Cn" progid="ADODB.Connection" />
<OBJECT id="Rs" progid="ADODB.Recordset" />
<OBJECT id="Stream" progid="ADODB.Stream" />
<OBJECT id="Adox" progid="ADOX.Catalog" />

<REFERENCE object="ADODB.Connection" />

<SCRIPT language=VBScript>
' ***********************************************************
' 処理開始
' ***********************************************************
' REFERENCE 要素定義の為可能な定数参照
Wscript.Echo "adUseNone = " & adUseNone
Wscript.Echo "adUseServer = " & adUseServer
Wscript.Echo "adUseClient = " & adUseClient
Wscript.Echo "adUseClientBatch = " & adUseClientBatch

' ソース内テキストデータの表示
Wscript.Echo RegTrim(GetResource("myTextData"))

' GUI 
if vbCancel = MsgBox( "処理が終了しました   ", vbOKCancel , "サンプル" ) then
	Wscript.Echo "キャンセルされました"
end if

' ***********************************************************
' 文字列前後の漢字スペースを含むホワイトスペースの削除
' ***********************************************************
Function RegTrim( strValue )

	Dim regEx, str

	Set regEx = New RegExp
	regEx.IgnoreCase = True
	regEx.Pattern = "^[ \s]+"
	str = regEx.Replace( strValue, "" )
	regEx.Pattern = "[ \s]+$"
	RegTrim = regEx.Replace( str, "" )

End Function
</SCRIPT>

<COMMENT>
************************************************************
 ソース内テキストデータ
************************************************************
</COMMENT>
<RESOURCE id="myTextData">
<![CDATA[
Hello World!!
]]>
</RESOURCE>

</JOB>

Microsoft でADOの定数の値を確認

ADO Enumerated Constants

PowerShell で以下のようにしても確認できます
[enum]::GetNames([ADODB.CursorLocationEnum])

[ADODB.CursorLocationEnum]::adUseNone.value__
[ADODB.CursorLocationEnum]::adUseServer.value__
[ADODB.CursorLocationEnum]::adUseClient.value__
[ADODB.CursorLocationEnum]::adUseClientBatch.value__



タグ:VBScript
posted by lightbox at 2014-08-12 22:10 | VBScript ベーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
バッチ処理

Microsoft Office
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり