SQLの窓

2010年06月13日


PL/SQL : OUT タイプのパラメータを持つストアードプロシージャの処理

DBMS_OUTPUT と言う、有名なデバッグ用のパッケージがありますが、この出力結果をアプリケーションから取得するプロシージャは以下のような定義がなされています。
DBMS_OUTPUT.GET_LINE (
   line    OUT VARCHAR2,
   status  OUT INTEGER);

line
最後の改行文字を除いて、バッファに入れられた単一行の情報を戻します。
「ORA-06502: PL/SQL: 数値または値のエラーが発生しました: 文字列バッ
ファが小さすぎます。」の発生を回避するために、このパラメータの実際
の値をVARCHAR2 (32767)として宣言する必要があります。
 
status
コールが正常に完了すると、ステータス0(ゼロ)が戻ります。バッファに
これ以上行がない場合は、ステータス1が戻ります。
 

以下は、Windows の PHP で、OracleInProcServer.XOraSession (OO4O) を使って一時的な PL/SQL 実行の中から DBMS_OUTPUT を行って、その結果を取得する例です。

Add メソッドの第二引数は以下のように説明されています。パラメータの初期値を指定するVariant。 初期値によってこのパラメータのデータ型が定義されるため、重要です。 

これは、クライアント側の事で、サーバー側の定義は ServerType プロパティで行っています
<?
com_load_typelib("{F2D4ED20-FFD3-101A-ADF2-04021C007002},5,0");

$OraSession = new COM( "OracleInProcServer.XOraSession" );

// ***********************************************************
// 処理開始
// ***********************************************************
$plsql = <<<MYTEXT
DECLARE 
	WK_KEY VARCHAR2(4) := '0001';
	WK_NAME VARCHAR2(50);
BEGIN 
	SELECT 氏名 INTO WK_NAME
		FROM 社員マスタ
		where 社員コード = WK_KEY;

	DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(WK_NAME);
END;
MYTEXT;

// "PC名/サービス", "ユーザ/パスワード"
$OraDatabase = $OraSession->OpenDatabase("night/xe", "LB/LB", ORADB_DEFAULT);
$OraDatabase->LastServerErrReset();

// DBMS_OUTPUT を使用可能にする
$Query = "BEGIN DBMS_OUTPUT.ENABLE(); END;";
$OraDatabase->ExecuteSQL( $Query );

// CrLf では動かないので、Lf に変換して実行
$Query = str_replace("\r\n","\n", $plsql );
$OraDatabase->ExecuteSQL( $Query );

// DBMS_OUTPUT.GET_LINE の仕様に基づいてパラメータの設定
$OraDatabase->Parameters->Add("PARAM", "", ORAPARM_OUTPUT);
$OraDatabase->Parameters["PARAM"]->ServerType = ORATYPE_VARCHAR2;

$OraDatabase->Parameters->Add("STATUS", 0, ORAPARM_OUTPUT);
$OraDatabase->Parameters["STATUS"]->ServerType = ORATYPE_NUMBER;

// 結果を読みだす為のメソッドを実行
$Query = "BEGIN DBMS_OUTPUT.GET_LINE(:PARAM,:STATUS); END;";
$OraDatabase->ExecuteSQL( $Query );

// メモリ上のデータを読み出し
while( $OraDatabase->Parameters["STATUS"]->Value == 0 ) {
	print $OraDatabase->Parameters["PARAM"]->Value . "\n";
	$OraDatabase->ExecuteSQL( $Query );
}
		
// パラメータの削除
$OraDatabase->Parameters->Remove("STATUS");
$OraDatabase->Parameters->Remove("PARAM");


print "処理が終了しました";

?>


タグ:PL/SQL
posted by lightbox at 2010-06-13 14:34 | Oracle : PL/SQL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり