SQLの窓

2014年03月06日


JavaScript による2会話アプリケーションのコントロール(1)

以下のような画面から、まず対象となるコントロールとして、INPUT、TEXTAREA、SELECT の一覧を配列として取得します
 
------------------------------






getFormEntry("js_form"); で取得した配列は、window.js_form として参照可能です。( つまり、js_form というグローバルスコープの変数になります )
<script type="text/javascript">
function getFormEntry(idstr) {

	// 親要素
	var js_form = document.getElementById(idstr);

	// 配列
	var arr = new Array();

	// input
	var wk = js_form.getElementsByTagName("input");
	for( i = 0; i < wk.length; i++ ) {
		arr.push( wk[i] );
	}

	// textarea
	wk = js_form.getElementsByTagName("textarea");
	for( i = 0; i < wk.length; i++ ) {
		arr.push( wk[i] );
	}

	// select
	wk = js_form.getElementsByTagName("select");
	for( i = 0; i < wk.length; i++ ) {
		arr.push( wk[i] );
	}

	window[idstr] = arr;
	console.dir( window[idstr] );

}
</script>
<style type="text/css">
#js_form {
	width: 400px;
	padding: 20px;
	border: 1px solid #888;
	border-radius: 10px;
}
</style>
<pre id="js_form">
<input type="text" id="in01" class="pass1"> <input type="button" id="bt01" value="第1会話ボタン" class="pass1">
------------------------------
<input type="text" id="in02" class="pass2">
<input type="text" id="in03" class="pass2">
<textarea id="tx01" class="pass2"></textarea>
<select id="cb01" class="pass2">
<option value="001">001</option>
<option value="002">002</option>
</select>

<input type="button" id="bt02" value="第2会話ボタン" class="pass2">
</pre>
<script type="text/javascript">
getFormEntry("js_form");
</script>

関連する記事

JavaScript による2会話アプリケーションのコントロール(2)


【JavaScriptの最新記事】
posted by lightbox at 2014-03-06 21:24 | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり