SQLの窓

2011年08月05日


VBScriptの関数定義をWEB上に置いて、PCで使用する

まず、WEB 側に置くコードですが、Content-Type を text/plain にする
為に、PHP でhttpヘッダーを記述します。.htaccess で記述してもかまい
ませんが、WEB上の好きな場所を移動しやすくする為に php で記述してお
くのが一番いいと思います。

キャラクタセットは shift_jis で保存して shift_jis として httpヘッダ
ーに出力します。こうしておくと、PC 側で ServerXMLHTTP を使って読みだ
して、動的に関数を定義する事も可能になります。
<?
header( "Content-Type: text/plain; Charset=shift_jis" );
header( "pragma: no-cache" );
header( "Expires: Wed, 31 May 2000 14:59:58 GMT" );
header( "Cache-control: no-cache" );
?>
REM **********************************************************
REM 正規表現のトリム
REM **********************************************************
Function RegTrim( strValue )

	Dim regEx, str

	Set regEx = New RegExp
	regEx.IgnoreCase = True
	regEx.Pattern = "^[ \s]+"
	str = regEx.Replace( strValue, "" )
	regEx.Pattern = "[ \s]+$"
	RegTrim = regEx.Replace( str, "" )

End Function

この関数は、VBScript の正規表現を使って文字列の左右の空白文字を
漢字スペースも含めて取り除くものです。


PC 側の定義は通常通りですが、script 要素の src 属性で web 上の場所
を指定する事になります。拡張子を .wsf にしてWscript.exe か Cscript.exe
で実行します( 通常はエクスプローラからダブルクリックです )
<job>
<script
	language="VBScript"
	src="http://toolbox.winofsql.jp/vbs/regtrim.php"
></script>
<script language="VBScript">

str = RegTrim( getResource( "mydata" ) )
MsgBox( "/" & str & "/" )

</script>
<resource id="mydata">


    この部分のみ取り出します    


</resource>
</job>

resource 要素では、ソースコード内にテキストデータを用意できるので
ソースコードを準備しておいて、プログラムを登録したい時に使ったり
します



posted by lightbox at 2011-08-05 17:42 | VBS + インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり