SQLの窓

2019年03月19日


C# : SQL 文を外部テキストにして、String.Format でデータ部分を置き換えて利用する

基本的には、String.Format メソッドのお話ですが、文字列の配列の扱いとの関係での注意事項です。
-- ******************************
-- 社員マスタ更新
-- ******************************
 
UPDATE 社員マスタ
set
氏名 = '{1}',
給与 = {2},
-- 行コメント
生年月日 = {3}

--
 
where 社員コード = '{0}'
 
-- 行コメント
行コメントは、正規表現で削除します。{} 部分の個数より、配列が大きい必要があり、Nothing が指定されると、{} ごとなくなります。
※ 配列のリサイズが必要な場合は、Array.Resize メソッドで行います。


C# による記述
using System;
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using System.IO;
using System.Text;

namespace text_input
{
	class Program
	{
		static void Main(string[] args)
		{
			// 入力ファイルのパス
			string[] arguments = Environment.GetCommandLineArgs();
			// 引数は一つのみ許可
			if (arguments.Length != 2)
			{
				Console.WriteLine("引数を指定して下さい");
				return;
			}

			// 引数から取得
			string filePath = arguments[1];

			// パスを表示
			Console.WriteLine(filePath);

			// *********************************
			// ▼ 関数呼び出しを記述して、ALT + Enter で自動作成
			// *********************************
			string textData = loadTextData(filePath);

			// *********************************
			// 行コメントの削除
			// ▼ 正規表現のオプション
			// https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/standard/base-types/regular-expression-options
			// *********************************
			string pattern = "(?m)^--.*";   // 複数行モード
			textData = System.Text.RegularExpressions.Regex.Replace(textData, pattern, "");

			Console.Write(textData);

			// *********************************
			// 配列の準備(1)
			// *********************************
			string[] data1 = { "0001", "山田太郎", "100000", "'1980/01/01'" };
			Console.WriteLine("配列の数は {0} です", data1.Length);

			// *********************************
			// 配列を文字列内に埋め込む
			// *********************************
			string sqlResult = String.Format(textData, data1);
			Console.Write(sqlResult);

			// *********************************
			// 配列の準備(2)
			// *********************************
			string[] data2 = new string[4];
			data2[0] = "0002";
			data2[1] = "山田花子";
			data2[2] = "20000";
			data2[3] = "NULL";

			// *********************************
			// 配列を文字列内に埋め込む
			// *********************************
			sqlResult = String.Format(textData, data2);
			Console.Write(sqlResult);

			// *********************************
			// 配列の準備(3)
			// *********************************
			string[] data3 = new string[4];
			data3.SetValue("0003", 0);
			data3.SetValue("山田美子", 1);
			data3.SetValue("30000", 2);
			data3.SetValue("'1980/01/01'", 3);

			// *********************************
			// 配列を文字列内に埋め込む
			// *********************************
			sqlResult = String.Format(textData, data3);
			Console.Write(sqlResult);

			// *********************************
			// 配列の準備(4)
			// *********************************
			List<string> data4 = new List<string>();
			data4.Add("0004");
			data4.Add("山田史郎");
			data4.Add("40000");
			data4.Add("'1990/01/01'");

			// *********************************
			// 配列を文字列内に埋め込む
			// *********************************
			sqlResult = String.Format(textData, data4.ToArray());
			Console.Write(sqlResult);

			// *********************************
			// 配列の準備(5)
			// ※ 追加するデータ型自由
			// *********************************
			ArrayList data5 = new ArrayList();
			data5.Add("0005");
			data5.Add("山田吾郎");
			data5.Add(50000);
			data5.Add(new DateTime(1995, 1, 1));

			// *********************************
			// 配列を文字列内に埋め込む
			// 混在なので object 配列
			// *********************************
			object[] strWork = data5.ToArray();
			sqlResult = String.Format(textData, strWork[0], strWork[1], strWork[2], $"'{strWork[3]}'");
			Console.Write(sqlResult);

			Console.ReadLine();

		}

		private static string loadTextData(string filePath)
		{

			string text = "";

			// *********************************
			// 主なエンコード
			// *********************************
			// SHIFT_JIS
			// Encoding Enc = Encoding.GetEncoding(932);
			// EUC-JP
			//Encoding Enc = Encoding.GetEncoding(51932);
			// UNICODE 用
			//Encoding Enc = Encoding.GetEncoding(1200);
			// UTF-8N
			Encoding Enc = new UTF8Encoding();
			// UTF-8
			//Encoding Enc = new UTF8Encoding(true);

			// プロック終了時に開放
			try
			{
				using (StreamReader ReadFile = new StreamReader(filePath, Enc))
				{
					// 読込み
					text = ReadFile.ReadToEnd();

					// 全て読み込んでいるので閉じる
					ReadFile.Close();

					Console.Write(text);
				}

			}
			catch (Exception ex)
			{
				Console.WriteLine(ex.Message);
			}

			return text;

		}
	}
}

引数は、プロジェクトのプロパティからデバッグタブを開けて設定します。





【VS(C#)の最新記事】
posted by lightbox at 2019-03-19 09:48 | VS(C#) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり