SQLの窓

2014年03月20日


ブログで jQuery を使用するのに、全ての記事で使うわけでは無いので、記事毎でロードする

Google では、有名な JavaScript ライブラリは、バージョン別にホスティングされています。当然、jQuery もあるので普通に使っています。
<script>
if ( !window.jQuery ) {
	if ( typeof window[window.location.hostname+'.loadjQuery'] === 'undefined' ) {
		if ( window.addEventListener ) {
			window[window.location.hostname+'.loadjQuery'] = '//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.1.0/jquery.min.js';
		}
		else {
			window[window.location.hostname+'.loadjQuery'] = '//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.0/jquery.min.js';
		}
	}
	document.write("<"+"script src=\"" + window[window.location.hostname+'.loadjQuery'] + "\"></"+"script>");
}
</script>
普通のページでは、ページのヘッダに jQuery の読込みは終わっているという事を想定し、その場合はそちらを使うようになっています。もし、そのページで、その記事より前に jQuery が読み込まれていない場合のみ、この処理が実行されます。

その場合も、IE の環境では、バージョンによってうまく動かない事があったので、window.addEventListener があるか無いかで対象バージョンを分けています。その際の URL も、window[window.location.hostname+'.loadjQuery'] の内容を使っているので、この記事より前に意図的に URL を変更する事によって、そのバージョンの jQuery を使用できるようにしています。( 特定のバージョンで処理した場合を想定しています )



【JavaScriptの最新記事】
posted by lightbox at 2014-03-20 11:05 | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり