SQLの窓

2012年06月23日


Android Flex : Android の為の AIR Flex 基本 List で Web からデータ取得

Google ドライブからダウンロード




モバイルの基本と思われる List なんですが、基本すぎるせいなのかちょっと探してもあまり良いサンプルが見つからなかったので、WEB Flex3 の内容を移植してみました。List の dataProvider に直接 XMLList をセットできないので変換しましたが、もともと DataGrid 用だったのでこの方法にしました。

List 内に画像も表示してみました



関連する記事

コマンドラインで、Android エミュレータで、dae の 3Dモデルを表示するパッケージ

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<s:View xmlns:fx="http://ns.adobe.com/mxml/2009" 
	xmlns:s="library://ns.adobe.com/flex/spark"
	xmlns:mx="library://ns.adobe.com/flex/mx"
	title="最初のビュー"
	creationComplete="initView();"
>

<fx:Script>
<![CDATA[

	// LogCat 出力用
	import mx.logging.targets.*;
	import mx.logging.*;

	// List 用
	import spark.events.IndexChangeEvent;

	// http サーバー関連
	import mx.collections.ArrayList;
	import mx.rpc.AsyncToken;
	import mx.rpc.events.FaultEvent;
	import mx.rpc.events.ResultEvent;

	// LogCat
	private var logger:ILogger = Log.getLogger("MyLogger");

	// *****************************************************
	// 初期処理
	// *****************************************************
	public function initView():void {

		// ログ出力準備
		var traceTarget:TraceTarget = new TraceTarget();
		traceTarget.level = LogEventLevel.ALL;
		traceTarget.filters = ["*"];
		traceTarget.includeDate = false;
		traceTarget.includeTime = false;
		traceTarget.includeLevel = false;
		traceTarget.includeCategory = false;
		Log.addTarget(traceTarget);

	}

	// *********************************************************
	// データを WEB から追加
	// *********************************************************
	public function loadData():void {

		logger.info( "ボタンが押されました" );

		srv.url = "http://homepage2.nifty.com/lightbox/data/list.xml";

		// レスポンス結果のデータフォーマット
		srv.resultFormat = "e4x";
		
		srv.method = "GET";
		
		// リクエストを実行
		var at:AsyncToken = srv.send();


	}


	// *********************************************************
	// リストを選択
	// *********************************************************
	public function myChangedHandler(event:IndexChangeEvent):void {

		// 本来は複数選択用
		var selIndices:Vector.<int> = event.currentTarget.selectedIndices;
		logger.info( selIndices[0].toString() );
		var selItems:Vector.<Object> = event.currentTarget.selectedItems;
		logger.info( selItems[0].toString() );

		// 単体
		logger.info( event.currentTarget.selectedItem.toString() );
		logger.info( event.newIndex.toString() );

	}

	// *****************************************************
	// HTTPServiceが成功
	// *****************************************************
	private function resultHandler(e:ResultEvent):void
	{
		var dataSet:ArrayList = null;

		var aData:Array = new Array();
		for each(var xmlData:XML in e.result.row.name ) {
			aData.push(xmlData);
		}

		dataSet = new ArrayList(aData);
		base.dataProvider = dataSet;

	}
	
	// *****************************************************
	// HTTPServiceでエラーが発生した
	// *****************************************************
	private function faultHandler(e:FaultEvent):void
	{
		logger.info("HTTPService失敗\n\n理由 : " + e.fault.message);
	}

]]>
</fx:Script>
<fx:Declarations>
<mx:HTTPService id="srv" showBusyCursor="true"
		 result="resultHandler(event)"
		 fault="faultHandler(event)" />
</fx:Declarations>

	<s:Button
		x="42" y="27"
		width="131" height="60"
		label="ロード"
		click="loadData()" />

	<s:BorderContainer
		width="100%"
		height="100%"
		y="100"
	>
		<s:List
			id="base"
			width="100%"
			height="100%"
			change="myChangedHandler(event);" 
		>
			<mx:ArrayCollection>
				<fx:String>固定リストデータ1</fx:String>
				<fx:String>固定リストデータ2</fx:String>
				<fx:String>固定リストデータ3</fx:String> 
				<fx:String>サンプル通り</fx:String> 
			</mx:ArrayCollection>
		</s:List>
	</s:BorderContainer>


</s:View>


itemRenderer の中からのイベント処理です。
( ※ 昔と同じでトップを参照するしか方法を見つけられませんでした )

Mainw.mxml
startview.mxml

XML に アイコンの URL を含めるようにしました。


タグ:android AIR
【Flexの最新記事】
posted by lightbox at 2012-06-23 21:34 | Flex | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
バッチ処理

Microsoft Office
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり