SQLの窓

2012年08月31日


【解説】アプリケーションバーのメニュー項目のクリック / Windows Phone(C#)

関連する記事

Windows Phone(C#) 基本テンプレートの解説






テンプレートには、コメントになっていますが、アプリケーションバーの定義が用意されているので、その定義を有効にすると画面右下に3つの点が表示されて、それをクリックすると上の画像のような表示になります。

その画面定義部分にカーソルを合わせると、その部分のプロパティが表示されるので、イベントタブを表示して『Click』をダブルクリックすると自動的にイベントコードが作成されます



MainPage.xaml.cs
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Net;
using System.Windows;
using System.Windows.Controls;
using System.Windows.Documents;
using System.Windows.Input;
using System.Windows.Media;
using System.Windows.Media.Animation;
using System.Windows.Shapes;
using Microsoft.Phone.Controls;
using Microsoft.Phone.Shell;
using System.Diagnostics;

namespace PhoneApp1
{
    public partial class MainPage : PhoneApplicationPage
    {
        // コンストラクター
        public MainPage()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void ApplicationBarMenuItem_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            Debug.WriteLine(((ApplicationBarMenuItem)sender).Text + " がクリックされました" );
        }
    }
}
Click された事を確認する為に、using System.Diagnostics を追加して、Debug.WriteLine でイベント元の ApplicationBarMenuItem のテキストを表示します。( キャストしてテキストを取得する為に using Microsoft.Phone.Shell を追加しています )

Debug.WriteLine の結果は、デバッグメニューのウインドウで『出力』を選択すると表示用のウインドウが開きます





別のページに移動するには、this.NavigationService.Navigate(new Uri("/Page1.xaml", UriKind.Relative)); というふうに書きます。
【Windows Phoneの最新記事】
posted by lightbox at 2012-08-31 19:30 | Windows Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり



フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり