SQLの窓

2016年08月06日


【2016/8/31で廃止】Google ドライブに HTML を置いて WEBページが作れる詳細 / Drive Notepad / Neutron Drive

Google ドライブにおけるウェブ ホスティング機能の廃止について

この機能は、Google の方針により、2016 年 8 月 31 日 で利用ができなくなります



▼ 以下古い記録になります
-----------------------------------------------------------------------------
こちらで利用方法を説明しています
SDK 的には、『webViewLink』という仮想ディレクトリによる公開
( access-control-allow-origin:* を返してくれるので ajax で取得できます )

https://googledrive.com/host/0B9Jymqpro6gSVlB5Wm52U29wTlE/base.htm
( https://googledrive.com/host/0B9Jymqpro6gSVlB5Wm52U29wTlE 部分が webViewLink )

関連する記事

Google ドライブの公開ページと管理ページを行ったり来たりする為のブックマークレット

▼ 昔は無かったのですが、現在ページ下に広告が出てしまいます。

Google+ のコメントを読んでいたら、Google ドライブの仮想ディレクトリの別名を作ってくれるサービスがある事が解りました。どの程度の信頼性があるか解りませんが、とりあえず作ってみました。

http://gdriv.es/winofsql/base.htm
( https://googledrive.com/host/0B9Jymqpro6gSVlB5Wm52U29wTlE/base.htm と同じ )

別名は早い者勝ち。こちらからです。

からくりは、ただのフレームです。ですから、アイコンの表示は gdriv.es のものになります。
正直言って、Google ドライブそのものがそれほど使いやすいものでは無いので、『できる』という事は間違い無いんですが、実際運用しようとなるといろいろあるので『面倒』な部分もあります。 例えば、同名ファイルのアップロードでは、同じファイルがもう一つ作成されますが、HTML 内よりそのファイルを参照していた場合参照できなくなります。 ですから、テキストデータの更新はオンラインで直接行う必要があるのですが、そのような事を実現するには、Google Chrome 拡張の Drive Notepad が必要になります( 現在他に選択肢がありません ) (重要) 新規作成時の拡張子でファイルの意味( MIME ) が決定してしまうようなので、注意して下さい( 拡張子変更しても変わりません )
追記 : ※ Google+ のコメントより、Neutron Drive という高性能なエディタがある事を知りました(但し、3週間の無料のトライアルで本来は年間3ドルの有料です。( フリーになっていました ) しかし、ツリーで管理できて、さらにテキスト毎にタブになるのでその価値はあります。)

It's free! However, if you would like to fund further development feel free to donate.
また、ファイルを右クリックしてホスティングされている URL で開いてくれるのが便利です 今回再確認したら、2013年の夏に FTP の対応を済ましていたようです。ただ、高性能のわりにユーザ数が少ないのは、当初有料にしていた影響なのか、内容が開発者向きなのかどちらかが理由では無いかと思っています。 ※ FTP は、有償のプロアカウントで使えるようです(詳しく調べて無いので詳細は不明です) ちょっと使ってみると自動保存である事が解るので、むやみにネットワークを混雑させない為に Auto Save のチェックは外しておいたほうがいいと思います。 以上はどこからでも使えるという運用ですが、自宅のみで使うのならば 『PC 用 Google ドライブ』をインストールすればほんの少しのタイムラグで普通に編集できます ただ、同期する為に PC のディスク容量とネットのトラフィックを多少犠牲にしなくてはいけません。また、個人 PC 以外でインストールするのは良くありません。
( Drive Notepad / ユーティリティカテゴリにあります ) しかし、この拡張アプリ(Drive Notepad)はかなり前から使っていますが、PC上で使う一般的なテキストエディタに比べるとまだまだ問題を抱えています。少なくとも現時点では、『作成されたファイルがルートにしか保存されない』という問題を確認しています。ですから、後から目的のフォルダへ移動処理を行わないといけません( ドラッグによる移動は可能です ) 現在そのような不具合はありません 以上を前提に、『Drive Notepad』を使って運用するという手順が以下のようになります。 ファイルのアップロード オンラインで更新を行うのは、仕方の無い場合のみという方向で、最初に HTML、CSS、画像等を用意してローカルの PC で動作確認を終えておきます。そして、ある程度公開可能になってからそのセットを Google ドライブのフォルダにアップロードします。 フォルダは、共有機能で『ウェブ上で一般公開』にする必要があります フォルダの作成 ウェブ上で一般公開 ※ フォルダを共有しないと公開できません 公開 URL の取得
※ 現在さらに長いサブドメインにリダイレクトされます

https://googledrive.com/host/xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
▲ xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx の位置に、自分のアカウントで開いた時にアドレスバーに表示される id を設定してアドレスバーにセットして表示すると、WEB ページの仮想ディレクトリが表示されます。

https://drive.google.com/?authuser=0#folders/長いid文字列


もうちょっと具体的に 少し前は、Google ドライブビュアーというアプリが標準であって、HTML から使えたのですが、今はブックマークレットを使用するか、Neutron Drive を使用して『View File』を実行するといいと思います。 フォルダの中のファイル https://googledrive.com/host/0B9Jymqpro6gSVlB5Wm52U29wTlE/base.htm と言う URL になっている場合、0B9Jymqpro6gSVlB5Wm52U29wTlE 部分がこのフォルダにあたるので、同じフォルダの中にあるファイルを直接参照する場合は、例えばこのようにします。 さらに、フォルダ内のフォルダは階層で参照できますが、フォルダには全て ID があるので、それで直接参照しなおすと、URL は短くなります。 このようにして、必要なファイルをフォルダ内にアップロードして、HTML 内では直接参照すれば良いのですが、同名ファイルが複数あると参照できなくなるので注意して下さい。 tool.css と img.jpg は同じフォルダにあります。http://winofsql.jp/WinOfSql.ico は、アイコンの指定を外部ファイルで行っていますが、正しく動作しています。 Drive Notepad は、UTF-8 しか対応していないので、HTML 内の charset 指定は UTF-8 で行います。 別ドメインの JavaScript 最初にテストしたのですが、動きませんでした。画像を外部から参照は可能でしたが、開発者ツールでは警告のようなものが表示されていました。 『The page at https://googledrive.com/host/0B9Jymqpro6gSVlB5Wm52U29wTlE/base.htm displayed insecure content from http://別ドメイン/ファイル名.』 これは、https から http でアクセスした為ブロックされてしまっています。こんな経験は https のサイトを運用していないので解りませんよね・・・ 最後に Google なんで、突然(こっそり)仕様変更があったりや拡張アプリが動かなくなったり( 実際ありました )するので、Google ドライブはあまり一般ユーザ向けのサービスではありません。 実際問題、Google ドライブ向けの拡張アプリは使えるものは数少なく、日本語のものは当分手に入らないものと思います。仕様を調べてもさっぱり解らなかったりするのですが、現状使えているものが使えなくなる事は考えにくいので、このホスティング機能とはうまく付き合って有意義に利用すべきだと思います。 Google+ のコメントの前半は、PHP や MySQL が使いたいとか結構好きな事を言ってる人が居ました。後半は、いくつかの問題点やバグのような報告ですが、だいたいにおいてここに書いてある事で包括していると思います。 開発者向けのドキュメント Publish Website Conten : Google Drive SDK 正式発表は、Google+ のこのエントリ( 2/6 )。SDK の更新日付は 1/31 でした。 ▼ 英文のあちらの記事 Google Drive to support simple website publishing
【Googleの最新記事】
posted by lightbox at 2016-08-06 14:43 | Google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
バッチ処理

Microsoft Office
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
PHP正規表現チェッカー
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり