SQLの窓

2013年07月02日


Java : RSS(Document) から、item の中の先頭の指定した要素の値を取得するクラス

XML のフォーマット単位でクラスを作っておいたほうが、なにかと便利のような気がします。機能的に、ノードを XML の文字列に変換する static メソッドを追加しています。

どちらかというと、テスト用なので、java 的なメソッドは無く厳密なエラー処理はせずに問題があれば空文字列を返すようにしています。ですが、可能性として、get メソッドの戻り値が null である場合もあります。
package com.example.a_lightbox;

import java.io.StringWriter;

import javax.xml.transform.TransformerFactory;
import javax.xml.transform.dom.DOMSource;
import javax.xml.transform.stream.StreamResult;

import org.w3c.dom.DOMException;
import org.w3c.dom.Document;
import org.w3c.dom.Element;
import org.w3c.dom.NodeList;

public class GetRssItemValue {
	
	private Document xml_data = null;
	private Element root = null;
	
	public GetRssItemValue(Document xml_data) {
		this.xml_data = xml_data;
		root = this.xml_data.getDocumentElement();
	}
	
	public String get(String elName) {
		
		String result = "";

		try {
			NodeList node_list = root.getElementsByTagName("item");
			NodeList nl = ((Element)node_list.item(0)).getElementsByTagName(elName);
			result = nl.item(0).getFirstChild().getNodeValue();
		} catch (DOMException e) {
			// TODO 自動生成された catch ブロック
			e.printStackTrace();
		}
		
		return result;
	}
	
	public static String getXmlString( Document doc ) {
		
		String xml_string = "";
		try {
			StringWriter sw = new StringWriter();
			TransformerFactory.newInstance().newTransformer().transform(new DOMSource(doc), new StreamResult(sw)); 
			xml_string = sw.toString();
		} catch (Exception e) {
			e.printStackTrace();
		}						

		return xml_string;
	}

}



posted by lightbox at 2013-07-02 17:51 | java : 通信関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり