SQLの窓

2013年12月25日


Twitter 縦書き intent

使ってみると効果は一目瞭然ですが、そんなにいいものでもありません。句点で次の行とかにしたほうが、よさそうです。

※ Twitter は文字数に限りがあるので、右側サイドの空白除去処理を行っています。

いろいろやりながら、いくらかオプションが増えました。

(クリックしてもすぐに投稿されずに縦書きがセットされた投稿画面が開きます)
1行目は横書きにする
改行は自分で入れる
URL(省略可)
Web Intents なんで、ボタンをクリックすると正規の投稿ウインドウに移動します。そして、その際に縦書きとして文字がセットされています。


▼ ブラウザのフォントを固定ピッチにすると綺麗に縦書きになります( Chrome なら 2番目の Seirf )

Google Chrome の フォント設定の3番目の Sans Serif フォントを固定ピッチにすると綺麗に縦書きを見る事ができます。



関連する記事

簡易縦書き変換

選択文字列を Twitter の投稿画面に遷移させるブックマークレットの内容の解説

▼ JavaScript のみで書けるので、誰でも設置してカスタマイズできます
<script type="text/javascript">
function tweet_tate() {
	var enc = encodeURIComponent;
	var url = "https://twitter.com/intent/tweet?text=";
	var url2 = document.getElementById("url").value;
	var text = document.getElementById("tweet_tate").value;
	var top = 0;
	if ( document.getElementById("h1").checked ) {
		top = text.split("\n")[0];
		text = text.substr(top.length);
	}
	text = to_zen(text);
	text = text.replace(/ /g, " ");
	text = text.replace(/[”“]/g, "=");
	text = text.replace(/[W]/g, "=");
	text = text.replace(/[(【[{『《≪]/g, "▼");
	text = text.replace(/[)】]}』》≫]/g, "▲");
	text = text.replace(/「/g, "▼");
	text = text.replace(/」/g, "▲");
	text = text.replace(/…/g, ":");
	text = text.replace(/[ー〜−]/g, "|");
	if ( !document.getElementById("nocr").checked ) {
		text = cr_set(text,parseInt(document.getElementById("rnum").value));
	}
	text = tate(text);
	text = text.replace(/[ ]+\n/g, "\n");
	text = text.replace(/[ ]+$/g, "");
	if ( !document.getElementById("h1").checked ) {
		url += enc(text);
	}
	else {
		url += enc(top+"\n\n"+text);
	}

	var width = 550;
	var height = 420;
	var option = "scrollbars=yes,resizable=yes,toolbar=no,location=yes";
	var left = Math.round((screen.width / 2) - (width / 2));
	var top = Math.round((screen.height / 2) - (height / 2));
	option += ',width='+width+',height='+height+',left='+left+',top='+top;
	if ( url2 != '' ) {
		window.open(url+enc("\n\n")+'&url='+enc(url2),'intent',option);
	}
	else {
		window.open(url,'intent',option);
	}
}
function tate(text) {
	var i = 0;
	var j = 0;
	var wk = text;

	var bk = wk.split("\n");

	var len = 0;
	for( i = 0; i < bk.length; i++ ) {
		if ( bk[i].length > len ) {
			len = bk[i].length;
		}
	}

	var sp = "";
	for( i = 0; i < len; i++ ) {
		sp += " ";
	}

	for( i = 0; i < bk.length; i++ ) {
		bk[i] += sp;
		bk[i] = bk[i].substr(0, len);
	}

	var str = ""
	
	for( i = 0; i < len; i++ ) {
		if ( i != 0 ) {
			str += "\n";
		}
		for( j = bk.length-1; j >= 0; j-- ) {
			if ( j == 0 && bk[j].substr(i,1) == ' ' ) {
			}
			else {
				str += bk[j].substr(i,1);
			}
		}
	}
	return str;
}
function to_zen(str) {
	return str.replace(/[\!-\~]/g, function(s) {
		return String.fromCharCode(s.charCodeAt(0) + 0xFEE0);
	});
}
function cr_set(text,ccnt) {
	var str = text;
	str = str.replace(/[\n]/g,"");
	var num = str.length;
	var i,ch,work,cr_cnt;
	var cr_num = ccnt;

	if ( cr_num > 0 ) {
		work = "";
		cr_cnt = 0;
		for( i = 0; i < num; i++ ) {
			ch = str.substr(i,1);
			if ( ((cr_cnt+1) % cr_num) == 0 ) {
				work += ch + "\n";
				cr_cnt = 0;
			}
			else {
				work += ch;
				cr_cnt++;
			}
		}
		if ( work.substr( 0, 1 ) == "\n" ) {
			work = work.replace(/[\n]/,"");
		}
		return work;
	}
}
</script>
<textarea id="tweet_tate" style='width:500px;height:200px;'></textarea>
<br>
<input type="button" value="Twitter 縦書き発言" onclick='tweet_tate();'>(クリックしてもすぐに投稿されずに縦書きがセットされた投稿画面が開きます)
<br>
1行目は横書きにする <input type="checkbox" id="h1" checked>
<br>
一行の文字数 <input type="text" id="rnum" value="10" style='width:40px'>
<br>
改行は自分で入れる <input type="checkbox" id="nocr">
<br>
URL(省略可) <input type="text" id="url" style='width:420px;'>


posted by lightbox at 2013-12-25 00:12 | JavaScript コンテンツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり