SQLの窓

2014年08月05日


PHP でエラーが表示されない場合の ini_set( 'display_errors', "1" ) 使用時の注意事項

PHP のオンラインマニュアルでは以下のように書かれています。
注意:
display_errors は実行時にも設定可能(ini_set() 関数を用いて)ですが、スクリプトが致命的(fatal)なエラーを発生した場合は その設定は反映されません。なぜなら、要求されたアクションは 実行されなかったからです。
経験と記憶から言うと、PHP のバージョンアップのどこかのタイミングでこうなったようなのですが、PHP のマニュアルにそういう記述は無く、上記のような記述になっています。ですから、実際の記述は include してその中に書く事になります。( php.ini で設定できる場合はその限りではありません )
<?php 
error_reporting(E_ALL); 
ini_set("display_errors", 1); 
include("file_with_errors.php"); 
?>

エラーの内容に関して言えぱ、error_reporting 関数を併用する事が多いと思います。


タグ:PHP
【PHP + 特記事項の最新記事】
posted by lightbox at 2014-08-05 17:00 | PHP + 特記事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり