SQLの窓

2014年08月30日


Windows Update の削除 / 4つの問題の更新のうち一つにパッチが自動更新されます

マイクロソフト、「PCが起動しなくなるパッチ」の修正版を公開

セキュリティ : ITpro

パッチは、自動更新で適用されるのでほとんど気にする必要はありませんが、できれば以前のものをアンインストールしないとわずかに問題が発生する可能性があるそうです。

現在削除してない時点で、そんな面倒な対処できる人は、それこそわずかですが・・・。

いずれにしても、Windows7 では問題の更新は二つあって、そのうちの一つが正しくなって再度更新されるというのが現実の状態です。知ってる人は、削除済みでなんら問題ありませんが、知らない場合はまだ爆弾を一つかかえたままというのが現実です。


以下 『Windows Update の削除』の記事
(2014-08-20)

2014 年 8 月 13 日公開の更新プログラムの適用により問題が発生する場合がある

要するに、2014/8/13 〜 2014/8/15 の間に Windows Update が実行された PCのうち、更新プログラムの「2982791」「2970228」「2975719」「2975331」がインストールされてしまった場合、1部の PC で PC が立ち上がらない場合があるので、これらの Windows Update を削除する事が望ましいというお話です。

実際問題、これが原因かどうかは解らないのですが、PC を起動したまま食事して戻って来たら、黒い画面に少しの英文で止まっていました。CTRL+ALT+DEL でも同じ状態に戻るので、電源長押しで電源を切って再起動したら立ち上がりました。イベントビュアーを見ても、特別な原因も見当たらず、唯一エラーの出ていたサービスを止めたぐらいの対処を行いました。

そして、日が明けてこのニュースを知り、本日対象 Windows Update を削除しました。

Windows Update の削除

なかなか、このような処理をする場面がありませんが、以下を『ファイル名を指定して実行』するといいと思います。

RunDLL32.EXE shell32.dll,Control_RunDLL appwiz.cpl

すると、『プログラムと機能』が開きます。



そして、『インストールされた更新プログラムを表示』をクリックすると、Windows Update でインストールされた更新プログラムの一覧が出るので、右端のインストール日を目安(クリックするときちんと日付でソートされます)に対象更新プログラムを探し、選択して右クリックから『アンインストール』を選択します。一つづつの処理になりますが、一つ終了した後に再起動を求められても後で処理するようにして複数削除します。

Windows7 の場合、「2982791」「2970228」の二つだけだと思います。

最後再起動して処理終了しますが、

Windows Update の『更新履歴の表示』では、こちらの環境では履歴からは削除されていませんし、削除の履歴も作成されません。ですから、削除の確認は、もう一度『インストールされた更新プログラムを表示』で対象が無い事を確認するといいでしょう。



【Windowsの最新記事】
posted by lightbox at 2014-08-30 18:51 | Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり