SQLの窓

2018年02月10日


VBScript : InternetExplorer.Application で、ファイルを開くダイアログを開く

昔から一般的に使われて来た方法ですが、ある時から about:blank では、fakepath というパスで返るようになって使えなくなっていました。そこで、ローカルにファイルを作ってそれで対処しています。但し、管理者権限で実行する必要があるので冒頭の処理が必要です。

ファイルの種類は設定できません。どうしても VBScript でファイルを開く為のダイアログを正しく使いたい場合は、COM を作成して呼び出す必要があります( exe に実行させて、ファイルで引き渡すと言う手もあります )。しかし、本来 VBScript で行う処理は簡易的なものなのでそこまでこだわる必要も無いのでこれで十分使えると思います。

冒頭の objShell.MinimizeAll は実行しておかないと、エクスプローラから実行した場合その下にファイルを開くダイアログが隠れてしまいます。

このソースは拡張子が .wsf 用です。
<JOB>
<SCRIPT language="VBScript">
' ************************************************
' 管理者として実行を強制する
' ************************************************
Set objShell = Wscript.CreateObject("Shell.Application")
if Wscript.Arguments.Count = 0 then
	objShell.ShellExecute "wscript.exe", WScript.ScriptFullName & " runas", "", "runas", 1
	Wscript.Quit
end if

' ************************************************
' ファイルを開くダイアログの為に他を全て最小化する
' ************************************************
objShell.MinimizeAll

' ************************************************
' ファイル選択
' ************************************************
strValue = OpenLocalFileName
if strValue = "" then
	Wscript.Quit
end if

MsgBox( strValue )

' ************************************************
' InternetExplorer.Application でファイル選択
' ************************************************
Function OpenLocalFileName( )

	' ファイルシステムを操作するオブジェクト
	Set Fso = WScript.CreateObject( "Scripting.FileSystemObject" )
	' テンポラリフォルダ
	TempDir =  Fso.GetSpecialFolder(2)
	on error resume next
	' テンポラリフォルダに空の "local.htm" を作成
	Set objHandle = Fso.CreateTextFile( TempDir & "\local.htm", True, True )
	if Err.Number <> 0 then
		Exit Function
	end if
	objHandle.Close
	on error goto 0

	Set IEDocument = Wscript.CreateObject("InternetExplorer.Application")
	IEDocument.Navigate( TempDir & "\local.htm" )
	Do While IEDocument.Busy
		' 100 ミリ秒
		Wscript.Sleep 100
	Loop
	IEDocument.document.getElementsByTagName("BODY")(0).innerHTML = "<input id='FilePath' type='file'>"
	call IEDocument.document.getElementById("FilePath").click()
	if IEDocument.document.getElementById("FilePath").value = "" then
		OpenLocalFileName = ""
		IEDocument.Quit
		Set IEDocument = Nothing
		Exit Function
	end if

	OpenLocalFileName = IEDocument.document.getElementById("FilePath").value

	IEDocument.Quit
	Set IEDocument = Nothing

End Function
</SCRIPT>
</JOB>




【VBScript ベーシックの最新記事】
posted by lightbox at 2018-02-10 20:45 | VBScript ベーシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり