SQLの窓

2015年04月03日


Android Studio の 『CTRL + SHIFT + I』(定義の参照) を中心に、少しでも時間短縮

対象にカーソルを置いて、『CTRL + SHIFT + I』で定義されているソースをウインドウで表示が可能です。例えば、以下の場合は画像の表示がされます。





これは、クラスのメソッドだとこうなります。



この時表示されるウインドウのツールバーの赤い枠で囲ったアイコンをクリックすると、タブでソースが開いて通常の編集が可能になります。



プロジェクトツリーと同期させる

これはとても便利ですが、しかしこのままではソースがツリーのどこにあるかが解りません。そこで、ツリービューの設定を行います。



ツリービューの上部分の空いているところを右クリックすると、オプションを設定できるので『Autoscroll』を両方ともチェックします。こうすると、ツリー側でクリックするとタブが開き、タブを開いたり選択したりするとツリーが開いてその場所が選択されます。

▼ 定義参照ウインドウより編集アイコンを選ぶと、自動的にツリーが開いて選択


CTRL キーを押しながらタブをクリックすると…



File Path という、エクスプローラで開く為の補助ウインドウが表示されます。ファイルを選択すると、そのフォルダ内に入ってそのファイルを選択し、フォルダを選択するとその親フォルダ内に入ってそのフォルダを選択します



ツリービューから開くには



右クリックで表示されるメニューから Show in Explorer を選択します

SHIFT キーを押しながらタブをクリックすると…

タブが即閉じられるので注意して下さい




【1 Android Studioの最新記事】
posted by lightbox at 2015-04-03 22:13 | 1 Android Studio | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり