SQLの窓

2015年04月24日


Small Basic。拡張ライブラリを追加して、非同期アニメーションで弾が当たったら爆発効果



TechNet Small Basic LitDev Extension Version 1.1.0.2 を追加インストール( 実際はファイルをコピーするだけ )と、色々びっくりするようなな機能が簡単に実行できるようになります。

Small Basic をめちゃくちゃ拡張するライブラリ

その中でも、とてもタイムリーだったのが、非同期アニメーションを分割画像を読み込むだけで簡単に実装できるところです。
GraphicsWindow.BackgroundColor = "DarkGray"
LDGraphicsWindow.PauseUpdates() ' 画像をロードしている間表示しない
LDShapes.AnimationInterval = 0 ' アニメーションしない
anim = LDShapes.AddAnimatedImage(Program.Directory+"\anim.png","True",4,4)
Shapes.Move(anim,100,100)	' 表示位置
LDShapes.AnimationInterval = 75 ' 75 ms インターバルでアニメーション
LDGraphicsWindow.ResumeUpdates() ' 画面表示
上のコードは、サンプルコードそのままです。このコードでは、AddAnimatedImage の第二引数が、"True" なので自動的に繰り返し表示を行います。しかし、目的はボール(弾) が当たった時に一回だけアニメーションするので以下のように実装する事になります。
' ウィンドウの背景色
GraphicsWindow.BackgroundColor = "White"
' ウインドウの位置
GraphicsWindow.Left = 100
GraphicsWindow.Top = 40
' リサイズできないようにする
GraphicsWindow.CanResize = 0

LDShapes.AnimationInterval = 25 ' 爆発アニメーション用
' アニメーション画像の読み込み( 第二引数で自動繰り返しをしない )
explosion = LDShapes.AddAnimatedImage(Program.Directory+"\anim.png","False",4,4)
LDShapes.ZIndex( explosion, 1000 )  ' 爆発なので手前に表示する
Shapes.Zoom(explosion,2,2)          ' 爆発の表示サイズを倍にする
' 爆発画像を非表示にする
Shapes.HideShape(explosion)

LoadImage_Url = "https://lh5.googleusercontent.com/-3IWAlBbUSYs/VLgFjekftnI/AAAAAAAAYKw/VM5FI7bYNzw/s800/142133580685821985693.jpeg"
'LoadImage_Url = ""
LoadImage_Opacity = 50
LoadImage()

' ******************************************
' 白いボール
' ******************************************
GraphicsWindow.BrushColor = "#ffffff"   ' ボールの塗りつぶし色
Ball_Speed = 1
Ball_Size = 30  ' ボールの直径
Ball_Name = Shapes.AddEllipse(Ball_Size, Ball_Size)
' 初期位置
Ball_x = LoadImage_width / 2 - Ball_Size / 2  ' ボールの中心を画面の中心に
Ball_y = Ball_Size * -1   ' ボールが隠れる位置( 直径ぶん、上辺の上 )
Shapes.Move( Ball_Name, Ball_x, Ball_y )
Sub Ball

  Ball_y = Ball_y - Ball_Speed
  If Ball_y > (Ball_Size * -2) Then
    Shapes.Move( Ball_Name, Ball_x, Ball_y )
    ' TextWindow.WriteLine(Ball_y) 
  Else
    Ball_y = Ball_Size * -1
  EndIf

EndSub

' ******************************************
' 四角形
' ******************************************
GraphicsWindow.BrushColor = "#00ff00"   ' 四角形の塗りつぶし色
Rect_Speed = 0.3
Rect_Size = 40  ' 高さ
Rect_Name = Shapes.AddRectangle(Rect_Size * 2, Rect_Size)   ' 幅は、高さの倍
' 初期位置
Rect_x = Rect_Size * -2   ' 箱が隠れる位置( 幅ぶん左 )  
Rect_y = Rect_Size * 1    ' 箱一個ぶん下
Shapes.Move( Rect_Name, Rect_x, Rect_y )
' 当たりアニメーション中フラグ
Rect_Hit_Flg = 0  '  0 は、通常時でアニメーション中では無い
Sub Rect
  If Rect_Hit_Flg = 0 then
    Rect_x = Rect_x + Rect_Speed
    If Rect_x < LoadImage_width Then
      Shapes.Move( Rect_Name, Rect_x, Rect_y )
      ' TextWindow.WriteLine(Rect_y) 
    Else
      Rect_x = Rect_Size * -2
    EndIf
    ' 当たり判定用の値を用意する
    Hit_x = Rect_x
    Hit_width = Rect_Size * 2
    Hit_y = Rect_y
    Hit_height = Rect_Size
    ' 当たり判定のチェック
    Hit()
    ' 当たり判定からの結果をこちらの条件にセットする
    Rect_Hit_Flg = Hit_Flg
    ' 当たっていたら、ボールは先に初期化しておく
    If Rect_Hit_Flg <> 0 Then
      ' ボールは消えるが、爆発アニメーションを実行
      Shapes.ShowShape(explosion)
      LDShapes.Centre(explosion,Ball_x,Ball_y)
      LDShapes.AnimationSet(explosion,1)
      
      Ball_y = Ball_Size * -1
    EndIf
  Else

    Shapes.Rotate(Rect_Name, 1000 - Rect_Hit_Flg)

    Rect_Hit_Flg = Rect_Hit_Flg - 1
    ' アニメーションが終了すると初期位置に移動
    If Rect_Hit_Flg = 0 Then
      Shapes.Rotate(Rect_Name, 0)
      Rect_x = Rect_Size * -2
    EndIf
  EndIf
  
EndSub

' ******************************************
' 当たり判定
' ******************************************
Sub Hit
  Hit_Flg = 0
  ' 当たり判定は、四角形の居る位置( 高さ ) に、ボールが到達した時で
  If Hit_y <= Ball_y And Ball_y <= Hit_y + Hit_height Then
    If Hit_x <= Ball_x + Ball_Size And Ball_x <= Hit_x + Hit_width Then
      ' アニメーション回数
      Hit_Flg = 1000
    EndIf
  EndIf
EndSub

' ******************************************
' キーイベント
' ******************************************
GraphicsWindow.KeyDown = OnKeyDown
Sub OnKeyDown

  If Ball_y <= (Ball_Size * -1) Then
    Ball_y = LoadImage_height
  EndIf
  
EndSub

' ******************************************
' アニメーションループ
' ******************************************
Loop:
  Program.Delay(1)
  Ball()
  Rect()
  
Goto Loop


' ******************************************
' グラフィックウインドウに画像を表示する
' LoadImage_Url : URL
' LoadImage_Opacity : 不透明度
' ******************************************
Sub LoadImage

  If LoadImage_Url <> "" then
    LoadImage_pic = ImageList.LoadImage(LoadImage_Url)
    LoadImage_img = Shapes.AddImage(LoadImage_pic)
    Shapes.SetOpacity(LoadImage_img, LoadImage_Opacity)
    LoadImage_width = ImageList.GetWidthOfImage(LoadImage_pic)
    LoadImage_height = ImageList.GetHeightOfImage(LoadImage_pic)
  Else
    LoadImage_width = Desktop.Width * 0.8
    LoadImage_height = Desktop.Height * 0.8
  EndIf
  GraphicsWindow.Width = LoadImage_width
  GraphicsWindow.Height = LoadImage_height
  GraphicsWindow.DrawResizedImage(LoadImage_img, 0, 0, LoadImage_width, LoadImage_height)

EndSub

LDShapes.AnimationSet(explosion,1) で、非同期でアニメーションが開始されます(1番の画像から最後の画像まで)。プログラムのループ処理は継続されるので、アニメーション中も弾を撃つ事が可能になっています。

爆発アニメーション用の背景透過 PNG



この画像はサンプルにあったものをそのまま使っています。ただ、一番右下の画像が元々の画像では小さい点が表示されていました。それでは、アニメーションの最後のフレームとして表示し続けてしまうので、何も無い透過した状態に変更しました。



【Small Basicの最新記事】
posted by lightbox at 2015-04-24 15:31 | Small Basic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり