SQLの窓

2015年05月04日


Eclipse + JFace : HttpURLConnection で GET

やりたい事は簡単でも、環境からの説明を入れると長くなってしまうので、それぞれの要点部分は他から参照するようにしています。

対象とする URL は、PHP で作成した簡易掲示板です。この簡易掲示板は、Google Chrome で開いた時のみ簡易掲示板として働きます。それ以外では 簡易的な JSON の文字列で掲示板用のデータを返します。Google Chrome でも、モバイルモードで、デバイス無しで UA を適当に文字列入れると JSON で表示します。

Java で Window プログラムをテストするのに、Vector で配布されている自己解凍式の Pleiades を使い、Window Builder ですぐボタンとそのイベントコードまでが作成されます。後は、そのイベントからここにあるクラスを作成して呼び出すだけです。

このクラスは、元々は Android 用に作ったもので、リンク先には POST もあります。

ここでは、まだ実装していませんが、この後 Google gson を使って JSON データを利用する事になります。

プロジェクト作成からボタン作成まで

日本語 Eclipse 4.4 Pleiades All in One Java(Vector から) で即 Window Builder


HttpGet クラス

※ セッション対応した、HttpGet と HttpPost はこちらから
import java.io.BufferedReader;
import java.io.InputStream;
import java.io.InputStreamReader;
import java.net.HttpURLConnection;
import java.net.URL;


public class HttpGet {

	// **********************************************
	// URL と charset の初期値
	// **********************************************
	private String initTargetUrl = "http://toolbox.winofsql.jp/log.php";
	private String initTargetCharset = "utf-8";

	// **********************************************
	// コンストラクタによって初期値が違います
	// **********************************************
	public HttpGet() {
	}
	public HttpGet(String targetUrl) {
		initTargetUrl = targetUrl;
	}
	public HttpGet(String targetUrl,String targetCharset) {
		initTargetUrl = targetUrl;
		initTargetCharset = targetCharset;
	}

	// **********************************************
	// コンストラクタで指定した URL と charset で処理
	// **********************************************
	public String execute() {
		return execute(initTargetUrl,initTargetCharset);
	}

	// **********************************************
	// 指定した URL へ 任意の charset で処理
	// **********************************************
	public String execute(String targetUrl,String targetCharset) {

		StringBuffer web_data = new StringBuffer();

		try {

			// **********************************************
			// インターネットへの接続
			// **********************************************
			// 読み込む WEB上のターゲット
			URL url = new URL(targetUrl);
			// 接続オブジェクト
			HttpURLConnection http = (HttpURLConnection)url.openConnection();
			// GET メソッド
			http.setRequestMethod("GET");
			// 接続
			http.connect();

			// **********************************************
			// ストリームとして読み込む準備
			// **********************************************
			// 以下読み込み3点セット InputStream / InputStreamReader / BufferedReader
			InputStream input_stream = http.getInputStream();
			// UTF-8 でリーダーを作成
			InputStreamReader input_stream_reader = new InputStreamReader(input_stream, targetCharset);
			// 行単位で読み込む為の準備
			BufferedReader buffered_reader = new BufferedReader(input_stream_reader);

			// **********************************************
			// 行の一括読みこみ
			// **********************************************
			String line_buffer = null;
			// BufferedReader は、readLine が null を返すと読み込み終了
			while ( null != (line_buffer = buffered_reader.readLine() ) ) {
				// コマンドプロンプトに表示
				web_data.append( line_buffer );
				web_data.append( "\n" );
			}

			// **********************************************
			// 接続解除
			// **********************************************
			http.disconnect();
		}
		catch(Exception e) {
			// 失敗
			System.out.println( e.getMessage());
		}
		return web_data.toString();
	}

}

読み出す URL 部分には、以下のページで紹介している内容を使用しています。

PHP による『超簡易掲示板』 / アプリケーションからの POST 検証用


本来は localhost に設置して Google Chrome でデータを登録した結果を JSON で取得するように作成されています

localhost の構築は、以下で説明している 『AN HTTP Server』を使用すると簡単です

実運用では無く、学習用の WWWサーバーとしてはこれ以外に無い『AN HTTP Server』ですが、古いソフトなので使い方にコツがあります


読み出し部分
	/**
	 * Create contents of the application window.
	 * @param parent
	 */
	@Override
	protected Control createContents(Composite parent) {
		Composite container = new Composite(parent, SWT.NONE);
		container.setLayout(null);
		{
			Button btnNewButton = new Button(container, SWT.NONE);
			btnNewButton.addSelectionListener(new SelectionAdapter() {
				@Override
				public void widgetSelected(SelectionEvent e) {
					System.out.println("ボタンの処理");
					HttpGet hg = new HttpGet();
//					String result = 
//							hg.execute(
//									"http://localhost/basic/log_01/log.php",
//									"utf-8"
//									);
					String result = hg.execute();
					System.out.println(result);
				}
			});
			btnNewButton.setBounds(10, 10, 81, 28);
			btnNewButton.setText("New Button");
		}

		return container;
	}
localhost で行った実行結果は以下のようになっています。


 

Eclipse で、コメントのオン・オフは、行を選択して CTRL + / です。

▼ localhost を Google Chrome で開いたものです。



posted by lightbox at 2015-05-04 16:35 | java : 通信関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり