SQLの窓

2015年07月30日


IE11 の 互換表示機能に関するいくつかの問題

右上の歯車アイコンで開くメニューの中に、『互換表示設定』という項目がありますが、これは意図的にある条件にあてはまるページを IE7 互換で表示するものですが、その条件が大きく分けて2通りあります。

1) 登録したサイト
2) イントラネット

この 2) の条件は、IE11 が導入された当時チェックされていなかったと思います。先日久しぶりに IE11 にかかわるメンテをやっていたら、何故か IE7 互換になっていたので確認するとそうなっていました。他の PC も確認したので、これは Windows Update のどこかのタイミングで強制的にチェックが付いたと思われます。

▼ 他の方法で IE8 互換でテストしているのでチェックを外してあります


で、実はこのチェックをするかしないかで、サーバー側で受け取るユーザーエージェント文字列が違うという事実を確認しました。

X-UA-Compatible META要素 による設定



この設定は、HTML で指定する方法ですが、IE11 が IE8 コンパチブルにもかかわらず、サーバー側は IE11 扱いです。( POST しても同じ )
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<meta http-equiv="x-ua-compatible" content="IE=8">
</head>
<body>
<form>
<input type="submit" name="send" value="送信">
</form>
<img src="server.png" style='display:block;margin-top:10px;'>
<?php
print $_SERVER["HTTP_USER_AGENT"];
?>
<hr>
<img src="client.png" style='display:block'>
<script>
document.write(window.navigator.userAgent);
</script>
</body>
</html>

▲ デモページ

最初、こういう仕様なんだろうと思ったんですが、『互換表示設定』を行うと以下のようになります。



おそらく、IE11 移行時に想定していた対応策が、Microsoft 側で足並みが取れずにかつ後フォローもできていないとしか思え無いです。

結局、これ以外の方法は全てサーバー側では IE11 扱いになります。

X-UA-Compatible ヘッダーによる設定




F12 で手動変更




関連する Microsoft ドキュメント

F12 開発者ツール コンソール エラー メッセージ
X-UA-Compatible META タグをヘッダー内のできるだけ前の位置に移動します。"title" と charset の値の直後に配置することをお勧めします。
グループ ポリシーを使った Internet Explorer 11 の互換性の管理 ドキュメント互換性の定義 下の二つのドキュメントは、F12 で開く開発者ツールの『エミュレーション』タブのドキュメントモードの項目の右にある インフォメーションアイコンで開く英文ページから辿れる内容ですが、一つは英文でしか開かないという、適当対応が現状です。
タグ:IE トラブル
【IEの最新記事】
posted by lightbox at 2015-07-30 13:49 | IE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
バッチ処理

Microsoft Office
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

Android SDK ポケットリファレンス
改訂版 Webデザイナーのための jQuery入門
今すぐ使えるかんたん ホームページ HTML&CSS入門
CSS ドロップシャドウの参考デモ
Google Hosted Libraries
cdnjs
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり