SQLの窓

2016年02月04日


livedoor Blog で、Facebook の『シェアボタンを表示する』


※ テンプレートは右2カラムの『キャンバス』シリーズのうちの一つを使用しています

トップページと個別記事ページに指定しました。

両方の container にルート要素とスクリプト

appid は必要無いです(たぶんデフォルトの appid が使われると予想しています / 966242223397117 )。
<!-- ............... Container ............... -->
<div id="container">

<div id="fb-root"></div>
<script>(function(d, s, id) {
  var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0];
  if (d.getElementById(id)) return;
  js = d.createElement(s); js.id = id;
  js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.5";
  fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);
}(document, 'script', 'facebook-jssdk'));</script>

<!-- ..... Title ..... -->

両方の article-social-btn にボタン用要素追加
		<div class="article-social-btn">
			<$ArticleToolBox$>
<div class="fb-share-button" data-href="<$ArticlePermalink$>" data-layout="button_count"></div>
		</div>
ArticlePermalink は、個別記事用の変数ですが、トップページに指定すると都合よく記事毎の URL に変換されました( ArticlesLoop の中ですから )

デフォルトの appid に関しては、オブジェクトデバッガーの結果より類推しています。


そもそも、シェアボタンのコード取得時に appid を持っていなくても動作するコードを取得できます。


関連する記事

livedoor Blog で、Twitter カードを使用する



【WEBサービスの最新記事】
posted by lightbox at 2016-02-04 23:12 | WEBサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
container 終わり

フリーフォントで簡単ロゴ作成
フリーフォントでボタン素材作成
フリーフォントで吹き出し画像作成
フリーフォントではんこ画像作成
ほぼ自由に利用できるフリーフォント
フリーフォントの書体見本とサンプル
画像を大きく見る為のウインドウを開くボタンの作成

CSS ドロップシャドウの参考デモ
BUTTONS (CSS でボタン)
イラストAC
ぱくたそ
写真素材 足成
フリーフォント一覧
utf8 文字ツール
右サイド 終わり
base 終わり